タグ別アーカイブ: 沖澤康平

沖澤康平さんの吹きガラスの花器


   
古いインク壺のような形の沖澤康平さんの吹きガラスの花入れです。 ぺたんこに広がった口と、斜めに入ったモールが印象的です。 底が厚く、安定感があるので、テーブルで使われるのにもよいと思います。 光を受けて輝くひとつのガラス器で、食卓がぱっと明るくなる気がします。 

沖澤康平  花器  径6.2cm × 高さ8.2cm  ¥3,672- 

ガラスの花器は素敵だけど、すぐに曇らせてしまうから.. と思われている方に、ガラスのお手入れについてお話したいと思います。
ガラスの内側が、水道水の水垢で曇ってきたら、卵の殻をこまかく砕き、石鹸水と一緒に中に入れて、シャカシャカと振ってみてください。 この花器のように、口が小さくて卵の殻がつまってしまいそうなものは、粒々の粗塩を使うとよいです。 卵の殻や塩なら、傷つくことはなく、びっくりするほどピカピカになります。 これでもダメなら、お酢に漬けておくのも効果的なようです。 ぜひお試しください。

沖澤さんの作品は、現在、モールピッチャー ・ワイングラス ・蓋物2種→ ・「hat」のボウルとカップ ・Reグラス ・Reチョクを在庫しています。

今週も、木・金・土曜日の3日間、皆さまのご来店をお待ちしています。
     
   

Category: ガラス | Tag:

7月の営業のお知らせ

   


   
2014年も、あと1日で早くも折り返しですね。
7月24日(木)から夏季休業をいただくため、7月の営業は19日(土)までの3週間です。まだしばらく不安定なお天気が続きそうですが、お休み前にぜひ遊びにいらしてください。 ガラスの器を中心に、布もの・アクセサリー・竹かご・ロウソクなど、盛りだくさんに常設の展示でお迎え致します。

土曜日は、営業時間を延長して11時から18時までお店を開けております。 木・金曜日は、通常通り16時までの営業です。
7月11日(金)は、都合により14時までで閉店させていただきます。 どうかご了承ください。
   
   
今日のお写真を左上からご紹介します。
古いインク壺のような形の沖澤康平さんの吹きガラスの花器です。 ¥3,672-
card-yaさんの蜜蝋キャンドルが多数入荷しました。3cmほどのミニキャンドルの6個セット。¥648-
松塚裕子さんの白色・レンガ色のマグ。 腰がふっくらしているのでたくさん入ります。 ¥3,240-
太陽の光を乗せて海をゆく船をイメージしたTETOTEさんの手刺繍のペンケース「小さな船」は水色・赤・紫の3色を在庫しています。 底が反り返った、とても素敵な形をしています。 ¥4,536-
  
  
※card-yaさんにお写真をお借りしました。
  写真のミニキャンドルを13個つなげた「beeswax-braid」も入荷しています。

   

Category: お知らせ | Tag: , ,

ガラスの愉しみ 三者三様。

一杯の水を飲むことも新鮮に感じられそうです。
西山芳浩さんの「江戸グラス」は、ゆらめく肌と微かに波打つ縁の線が、アンティークのガラスのよう。 見る人を懐かしく温かい気持ちにさせます。 淡い琥珀色の薄手のグラスです。

西山芳浩 「江戸グラス」 色:アンバー 径7cm × 高さ約8cm  ¥2,800-(税込)

さこうゆうこさんの作るガスラの器は、なんと言えばよいのか、潔く清らかです。 「ダエンのお皿」は、お皿の縁のラインと底のライン、ふたつの楕円を楽しむお皿です。 至極シンプルですが、ガラスならではの歓びがあります。 いつものチョコレートを載せるだけでもなんだか素敵。 少し気取って冷菜など盛り付けてみてくださいね。

さこうゆうこ 「ダエンのお皿」  約13cm×15cm  ¥3,240-

こちらは、沖澤康平さんのデザートカップです。 帽子を裏返したような形なので、名前は「hat」です。 沖澤さんのガラスの印象は、光そのものという感じ。 その日その日の光を受けて輝くモールの表情と、その影もまた美しい器です。 一回り大きなサラダボウルのサイズもございます。 

沖澤康平 「hat」 
デザートカップ  径9.5cm × 高さ6.5cm ¥2,808- / ボウル 径13cm × 高さ6.5cm ¥4,320-

                              *
   
作り手によって三者三様のガスラの個性を、ぜひ手に取ってお楽しみいただきたいと思います。
今週は通常通り、木・金・土曜日の3日間営業しています。 木・金曜日は11時から16時まで、土曜日は18時までの営業です。
           

Category: ガラス | Tag: , ,

三人展「おいしいパンがあったなら」 終了しました。

「おいしいパンがあったなら」と題してお届けした 沖澤康平・小澤基晴・サノアイ 三人展は、本日で終了致しました。 2週目はお天気にも恵まれ、最終日までたくさんの方にご覧いただくことができました。 足をお運びくださった皆さまに、心から御礼申し上げます。

窓辺のテーブルの金子千晶さんのランチマットに、三人の作品をあれこれ並び替えて楽しんだ2週間でした。 会期終了後も、引き続き常設でお取扱いする作品もございますので、在庫状況については、どうぞお気軽にお問い合わせください。 沖澤さんのグラスや蓋物、小澤さんのリム皿や入れ子鉢、サノアイさんのバターケースやお盆などなど。 会期中にご都合がつかなかった方も、ぜひお店に遊びにいらしてください。
来週からは常設の展示に戻り、毎週 木・金・土曜日の3日間営業致します。

沖澤康平 「classic グラス・S」 径7cm×高さ10cm ¥2,520-
小澤基晴 6寸リム皿 ¥2,940- ・ 7寸リム皿 ¥4,200- ・ 入れ子鉢(M) 径12.3cm×高さ7cm ¥2,730-
サノアイ  バターケース(黒クルミ×チェリー) ¥8,800- ・ 栗の木のお盆 径24cm ¥6,800-

Category: お知らせ | Tag: , ,

三人展 明日が最終日です。

三人展 「おいしいパンがあったなら」 
9月12日(木)~21日(土) 11:00~17:00  ※17日(火)はお休み
沖澤 康平 (ガラス) ・ 小澤 基晴 (陶) ・ サノ アイ (木) 

三人展は、いよいよ明日が最終日となりました。
魅力的な作品が、まだまだたくさんありますので、お時間がございましたら、ぜひ足をお運びください。

サノアイさんの「こぼん」に沖澤康平さんのガラスのそば猪口を載せました。
縁の彫りが特徴的なサノさんのお盆の、径22cmの小さなサイズの「こぼん」です。 カップにお菓子を添えて、お茶の時間に使いたいですね。
ゆらゆらとした模様が途中からすっと消える、シンプルで美しいデザインの「REグラス」シリーズの「チョク」は、冷茶やデザートのカップに一年中活躍しそうです。 スタッキングできるので、いくつか揃えていただくのもお薦めの器です。

サノアイ  「こぼん」 ブラックウォールナット 径 約22cm ¥5,500- Sold out
沖澤康平  「REグラス・チョク」 ¥2,415-

2年前の秋に、野外のクラフト展で初めて沖澤さんのガラスを見た時の印象は、光そのものという感じでした。 その時に、この「hat」がとてもいいなと思ったんです。 3つのサイズがあります。 カップが好評ですが、ボウルもいいですよ。 毎朝、こんな器でサラダをたっぷり食べたら、気持ちがシャッキリしそうです。

沖澤康平 「hat」 ボウル・M 径 約14cm × 高さ 約7cm ¥4,200- 

サノアイさんの木の小屋もまだいくつかご覧いただけます。 小物入れとシュガーポットに加えて、今回、初お目見えの「花小屋」もあります。 左奥に写っているもので、中にビーカーが入っていて花入れになります。
「サノアイさんの作品は、優しく話しかけてくれるような気がします。」 芳名帳にそう書き添えてくださった方がいらっしゃいました。 木の小屋は、そんなサノさんの魅力をぎゅっと閉じ込めた作品のように思います。

小物入れ「小屋」 ¥5,300- ・ 花入れ「花小屋」 (小)  ¥6,300-Sold out

小澤基晴さんの6寸深皿が、とても使い勝手が良さそうです。 創作中華料理のお店の方からのリクエストを元に作られた形なのだそうです。 なるほど、いろんなお料理が思い浮かびますね。 初日に黄色の深皿をお求めくださったお客様から、「ベーグルを入れたら、それも可愛かった!」 と、早速嬉しいご報告もいただきました。
8寸深皿は、ぎゅぎゅっといろんなお料理を盛り付けた一皿にするのも楽しそうです。

小澤基晴 6寸深皿  径 13.5cm × 高さ3.5cm ¥3,150- ※翡翠釉は完売しています。

サノアイさんの黒クルミのボウルは、繭から生糸を紡ぐ時に繭玉を入れて使う「繭皿」のような形の器を作りたいと思って生まれたものだそうです。 美しい作品です。 ぜひこの機会に手に取ってご覧ください。
明日も皆さまのご来店をお待ちしております。

サノアイ  ブラックウォールナットのボウル  径 36.5cm × 高さ 4.5cm  ¥9,800-

【通販販売をご希望のお客様へ】
常設でも引き続きお取扱いしているものもございます。 在庫状況については、お気軽にお問い合わせください。

  

Category: ガラス, 木工, 陶磁器 | Tag: , ,

沖澤康平さんの吹きガラスの花器

台風が去った昨日は、空気が澄んで、雲が薄く広がり、本当にきれいな秋の空でした。
子供の頃に、「台風一過の青空」という言葉を聞くたびに、「台風一家」 だと思っていたことを思い出して、ひとり笑ってしまいました。 大きいお父さんの風や、小さい子ども達の風、それを追いかけるお母さんの風が集まった「台風一家」の姿を思い浮かべていたのでした。

沖澤康平さんの吹きガラスの小さな花器に、庭のキンミズヒキとホトトギスの花を飾りました。バランスがとりやすくて、無造作に草を添えて入れるだけで、花がきれいに見えます。 斜めに入ったモールが素敵ですね。

沖澤康平  花器 b  径6.5cm × 高さ 7.3cm前後   ¥3,465-

Category: ガラス | Tag:

三人展 まだまだ続きます。

せっかくの三連休中に台風が接近中です。 百草の庭は、明日・明後日も営業しております。 どうぞご無理のないようにお出掛けください。 17日(火)はお休みをいただき、三人展は21日(土)まで続きます。
Tette.さんのパンの販売は本日で終了しましたが、オートミールクッキーとラスクは引き続き販売しています。 「リッチラスク」は、ドライフルーツとナッツたっぷりのライ麦パンと甜菜グラニュー糖を使った濃厚なラスク。 食べ応えがあります!お薦めです。


左上の写真から時計回りにご紹介します。
沖澤康平さんの豆皿「リンカ」に小さな木の実を添えて。
小澤基晴さんの黒飴釉のマグカップは、2つのサイズがあります。 こちらは小さい方。 こっくりと、おいしそうな黒飴の色なのです。
小澤さんの翡翠釉は、ぜひ実際にご覧いただきたい色です。 6寸の深皿は、とても使いやすそう。
サノアイさんのシュガーポット「砂糖小屋」 は3種類あります。 写真の作品は、表には山の絵、裏には木が描かれています。

たくさんの作品を届けていただき、充実した展示になっております! 会期後半に向けて、明日以降も作品をご紹介していきますね。 皆さまのご来店をお待ちしています。

沖澤康平  「リンカ」豆皿 径 約9cm × 高さ 2.5cm  ¥2,310-
サノアイ   シュガーポット「砂糖小屋」 本体径 6.5cm × 蓋を含む高さ 7.7cm  ¥5,800-
小澤基晴  翡翠釉 6寸深皿 ¥3,150-  ・ 黒飴釉 マグカップ(S) 径7.3cm × 高さ 7.6cm ¥2,320-

Category: 陶磁器 | Tag: , ,

三人展 「おいしいパンがあったなら」 2日目です。

今日は、三人展「おいしいパンがあったなら」の2日目です。
初日の昨日は、ガラスの沖澤康平さん・陶器の小澤基晴さんとお客様を交えていろいろなお話ができて、嬉しい一日になりました。 ありがとうございました。 少し暑さは戻りましたが、気持ちの良い秋のはじまりにこの企画展ができてよかったと思っています。

明日は、百草の庭においしいパンがやってきます。 葉山のTette.さんの自家製酵母のパンを販売します。 沖澤康平さんのワイングラスがとても素敵なので、ワインに合うパンを焼いてくださいねと、Tette.のnoriさんにお願いしておいたら、こんなメニューになりました。

・ 全粒粉とかぼちゃのパン
・ ドライフルーツとナッツの棒パン
・ いちぢくとくるみのパン  
・ アンチョビとオリーブのフーガス 
・ リッチラスク (ドライフルーツをたっぷり練り込んだカンパーニュのラスク)
・ オートミールクッキー 「ざくざく」

オーブンで焼いたかぼちゃの角切りがゴロリと入った「かぼちゃのパン」は、チーズを合わせてワインのお伴に、はちみつバターを合わせておやつパンに。 「ドライフルーツとナッツの棒パン」は、北海道産ライ麦入りの生地に、マンゴー・クランベリー・アーモンドを練り込み、クリームチーズを包んで焼き上げたパンです。 どのパンも、ワインだけでなく、シチューや紅茶にも合いそうなものを考えてくれました。
お店の窓辺の席で、小澤さんやサノさんのお皿にパンをのせて食べていっていただきたいくらい。そういうわけにはいきませんが… ぜひお土産にどうぞ。 素敵な器と合わせて召し上がっていただければ嬉しいです。

  初日から、とても好評な沖澤康平さんのワイングラスです。

小澤基晴  黒飴釉 ポット ¥9,450- ・ マグカップ(小) ¥2,520-
沖澤康平  ワイングラス 径8cm × 高さ 約11cm ¥3,360-  Sold out ※お写真は、沖澤さんのHPからお借りしました。

Category: おいしいもの | Tag: , ,

三人展「おいしいパンがあったなら」 始まります。

三人展 「おいしいパンがあったなら」 

9月12日(木)~21日(土) 11:00~17:00  ※17日(火)はお休み
沖澤 康平 (ガラス) ・小澤 基晴 (陶) ・サノ アイ (木) 

明日から、沖澤康平・小澤基晴・サノアイ 三人展 が始まります。
「おいしいパンがあったなら」。その続きをイメージしながら、楽しく作品をご覧いただければ幸いです。
明日は、沖澤さん・小澤さんと一緒に、皆さまのご来店をお待ちしております。

   
沖澤康平 「hat カップ」  径9.5cm × 高さ6.5cm     ¥2,730-
サノアイ  ケーキスタンド(アメリカンチェリー)  径22.8cm × 高さ8.5cm  ¥10,500-

   

Category: お知らせ | Tag: , ,

沖澤康平さんのガラスの蓋物

三人展 「おいしいパンがあったなら」 
9月12日(木)~21日(土) 11:00~17:00
  ※17日(火)はお休み

沖澤 康平 (ガラス) 12日(木)在店
小澤 基晴 (陶)    12日(木)在店
サノ アイ (木) 

三人展が、いよいよ木曜日から始まります。 作品が続々と届いています。 今日は、梱包材のたくさんの新聞紙をせっせと畳み、三人の作品をちょっと並べてみては、いいね、いいね、と思う一日でした。

沖澤 康平さんに展示会に参加していただくのは初めてのことです。 この機会を楽しみにしていました。 グラス、カップ、ボウル、お皿、花器、ピッチャー、蓋物と、たくさんのアイテムを届けてくださり、沖澤さんのガラスの世界を十分に楽しんでいただける展示になりそうです。
今日は、その中から蓋物を2点ご紹介します。 日が暮れかかってしまい、少し暗い写真になっていますが、こんな雰囲気のガラスもよいですね。 ガラスの魅力は、いつも光と影とともにあることだと思います。 やさしい春の光、明るい夏の光、秋と冬の穏やかな光、朝の光、夕暮れの光、そして灯りに照らされたガラス。 食卓に落とす影もまたご馳走です。

丸い持ち手の蓋と、ぺたんこに伸ばした蓋と、どちらの形もきれいで選び難いですね。 ジャムやピクルスを入れて、朝の食卓に。 常備菜を入れて、そのまま冷蔵庫へ。 キャンディーを入れて、いつもデスクの上に。そんな風に気軽に使ってみたいです。 蓋をとって、グラスやカップとしても楽しめる、ちょっと嬉しい作品です。

沖澤康平  フタモノB  径9.5cm × 蓋を含む高さ 約5.5cm  ¥3,570-
        フタモノA  径7cm × 蓋を含む高さ 約6cm ¥3,570-

Category: ガラス | Tag: