タグ別アーカイブ: 森田千晶

常設のお品物いろいろ

 
いつの間にやら12月も半ばに差し掛かりました。
12月はご注文品の入荷の多いときです。作家の皆さんが年越し前の最後のひと頑張りをしてくださるのです。ご紹介が追いついていませんが、冬の口笛展の会期中も選りすぐって展示していますので、ぜひあわせてご覧ください。
今週店頭に展示しているものから、いくつかご紹介いたします。
  
  

TETOTEさんのTUTU「花と種」
贈り物に選んでくださる方の多い手刺繍の小箱TUTU、現在6種類ご覧いただけます。
  
  

mitome tsukasaさんのブローチ「flying bird」
真鍮とシルバーを在庫しています。真鍮は右向きと左向き2種類ございます。
私が大好きな作品なので、何度も登場していますね。冬のコートにぜひ。
  
  

栗原志歩さんのペーパーウェイト「湧き水」
ガラスの待ち針についてお問い合わせを多くいだきますが、入荷は来年になりそうです。
sonuさんの針山も、まだ納期の予定は立っておりませんが、いつかまた一緒にご紹介できたらいいですね。気長にお待ちいただければと思います。
  
  

きたのまりこさんの「つぶの実」
山帰来の実をモチーフにした径1cmほどの小さな粒々の可憐なネックレスです。
  
  

サノアイさんの手回しオルゴールは、花の彫刻のこちらの1点のみ在庫しています。
曲目は『花は咲く』です。
  
  

トモタケさんの泥染めのコースター。
納品されたあとにも、光に反応して微かに色の変化を続けます。
この他に「苔」と「白すぐり」を加えた全9種類が入荷しています。
  
  

柳さんのクルミの木の板皿。薄っすらと斜めに彫り跡が入っています。
このほか再入荷したハーバリウム・壁掛け鏡・お盆2種と玉縁大鉢などを在庫しています。
  
  

たくまポタリーさんのうつわが入荷しました。
こちらは、ほどよい深さで重宝しそうな5.5寸浅鉢「綿毛」です。
店頭には、こげ茶マグカップ・ほっこり碗・菊4寸皿など一部のものを並べました。この他の入荷内容は改めてご案内いたします。
   
   *
   
すべて通販のご注文・12月中のお取り置きを承ります。
近々できる範囲でOnline shopを更新する予定ですが、お急ぎの方は、詳細について個別にお問い合わせください。
12月の最後の営業は、20日(水)-23日(祝)の常設展を予定しています。
  
  
   

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag: , , , , , ,

タカラモノミツケタ展 終了しました。

 

タカラモノミツケタ展は、土曜日に無事会期を終了いたしました。
足をお運びくださった皆様に、心から御礼申し上げます。
会期中は雨天続きで残念でしたが、最終日にもお客様に恵まれて楽しい時間を過ごし、満たされた気持ちで展示会を終えることができました。

私の体調についてお気遣いくださる方も多く、とてもありがたく励まされました。
お会いできなかった方からも、たくさんパワーを送っていただいていること、感じています。無理はしていませんので、大丈夫です。

長く降り続いた雨が上がり、今日、ようやく青空が見られて、嬉しかったですね。
太陽からもらう力って大きいなぁと、改めて感じます。
皆様のところに台風の被害が出ていなければよいのですが。
気温の変化も大きいので、どうぞ体調にお気をつけてお過ごしください。
  
   
  
【通販販売についてのご案内】

会期中、ブログでご紹介した作品について、通販販売のご希望があれば承ります。
新たに画像をご用意することはできませんが、もしお写真の中に気になっていたものがありましたら。ブログの記事の巻末の商品紹介にSold outの表示のないものは、現時点では在庫がございます。TETOTEさんの小箱「TUTU」やポーチなど、贈り物用にラッピングも承ります。
ご氏名・ご住所・お電話番号を明記してメールでご連絡ください。

柴崎智香さんの燭台・mitome tsukasaさんのリングなど、データのあるものはOnline shopに掲載しましたので、ご利用ください。
柴崎智香さんの鉄の燭台のピンの付いていないものも(リング大・小とも)複数在庫しています。こちらはメールでご注文を承ります。
→ 10/24追記 小さなリングの持ち手のピンなしは完売いたしました。

mitome tsukasaさんのアクセサリーについては、欠品しているものもお時間をいただければ、ご注文をお受けできます。お気軽にご相談ください。
    
  
   *

今日のお写真は、森田千晶さんの手漉き和紙のポストカードです。
ポストカード・A3判の和紙・ガーランドなど、引き続き多数お取り扱いいたします。他にもご紹介できなかったものいろいろ、改めてゆっくりご案内させてください。来月は休業のため、店頭でご覧いただけるのはだいぶ先になりますが、どうぞ気長にお付き合いください。

お蔭様で、百草の庭は今日で開店8周年を迎えました。
9年目もコツコツと、皆様に暮らしの中のタカラモノをお届けしていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
  
  
  

Category: 紙もの | Tag: , , , ,

10月15日

  

  
  
今日は、雨音に耳を傾けながら、のんびりお店番の一日でした。
今週末は、お世話になっている作家さん達が参加されている大きな野外クラフト展が東京近郊でふたつあり、寒くないかな、楽しめているかなーと気になっていました。
自分のお店も心配ですが!

光が足りなくて、ぼんやり抽象画のような写真になってしまいましたが、森田千晶さんのガーランド越しに窓を見たところです。
楮(こうぞ)の和紙の素朴さと繊細なデザインの魅力と。このガーランドは実際にご覧いただかないと全体の美しさを写真に収めるのは難しいです。
   
  

Category: 紙もの | Tag:

森田千晶さんの手漉き和紙

  

   
   
森田千晶さんのA3判の漉き合わせ和紙「鳥かご」です。
森田さんの作品は、ガーランドの他、大小のレース和紙・漉き合わせ和紙とポストカードを多数展示中です。
大判のものが夏の三人展の時に好評だったので、たくさん作っていただきました。

このレース状の和紙がどのように作られるかは、こちらのお便りをご覧ください。→
この記事に掲載しているローマ・唐草模様・円のほか、やもり・植物柄などの7種類をご覧いただけます。前回はブルーグレーでしたが、今回はもう少し明るく青みの強い色で仕上がっています。

森田千晶 A3漉き合わせ和紙  2,376円
   
    
   *
     
今日は、雨の中をご来店いただき、ありがとうございました。
お店の中のものひとつひとつ、熱心にご覧くださるお客様が多く、嬉しく思いました。

昨日までと一変して気温が下がりましたね。
体調を崩されませんよう、どうぞ温かくしてお過ごしください。

  
  

Category: 絵画・和紙 | Tag:

森田千晶さんの手漉き和紙のガーランド

 

  
  
森田千晶さんから手漉き和紙のガーランドの新作が届きました。
平面の和紙から広がる自由な発想に心踊ります。

ガーランドはA3判の1枚のレース和紙の形で販売します。
これをちぎって切り離し、糊付けして長くつなげたり枝分かれさせたりして、上部を重ね合わせて留めたのが、上の写真のものです。
バラバラに飾ってもよいですし、光を背景にするととてもきれいですから、切らずに丸めて小さな照明器具に巻いたりと、お好きに使っていただけます。

紙といえども、和紙はなかなかに丈夫です。
大変軽いので小さなテープで留まりますから、いろいろな場所で気軽に楽しんでいただければと思います。
  
  
 A3判 手漉き和紙のガーランド 1,944円
  
   *

この他にもう一種類うずまき型の新作のものと、雪の結晶のひとつながりのガーランドも少しあります。
また、夏の三人展の時に好評だったA3判のレース和紙・漉き合わせ和紙 とポストカードもたくさん届けてくれました。

ふんわり温かな手漉き和紙の質感を、ぜひ実際にご覧いただければ幸いです。
タカラモノミツケタ展は、明後日5日からです。
  
  

Category: 紙もの | Tag:

秋冬の展示会のご案内

  

お写真は11月の展示予定から
津村里佳さんの掛け花入れ「ニワタヅミ」
お花の後ろ姿を撮るところが津村さんらしい一枚をお借りしました。

これから12月までは各地で展示会やイベントの多い時期になりますね。
百草の庭でも10月から3つの企画展が続きます。
今からぜひご予定くださいますようご案内致します。
どの展示会もたくさんの方にご覧いただけますように。

■タカラモノミツケタ
  
10月5日(木)- 21日(土) 11:00-16:00
月・火・水曜日はお休み
土曜日は18:00までOpen

参加作家(順不同)
[sonu]新沼千尋さんの染めと刺繍の小物
きたのまりこさんのアクセサリー
mitome tsukasaさんのアクサセリー
サノアイさんの木のオルゴール
柴崎智香さんの鉄の燭台
TETOTEさんの手刺繍の小箱
森田千晶さんの和紙のガーランド
Omiさんの鳥とお花のクッキーセット(12日入荷)
※きたのまりこさんの木と草のアクセサリーの受注会を同時開催します。

■ombrage(植物)・津村里佳(ガラス)・柳弘之(木) 三人展
   
11月3日(祝)-11日(土) 11:00-16:00
6日(月)はお休み

■ipsilon(オリジナル時計)・小林ゆか(ニット) 二人展 12月上旬
   
   
【10/12追記】
大変申し訳ありませんが、店主の体調不良のため、11月の三人展は中止させていただきます。
12月の展示会の日程については、改めてお知らせいたします。
  
   
  

Category: ガラス, 展示会のお知らせ | Tag: , , , , , , , , ,

「タカラモノミツケタ」展のお知らせ

 

タカラモノミツケタ

10月5日(木) – 22日(日)   11:00-16:00
月・火・水曜日はお休み

土曜日は18:00まで営業します。

百草の庭はお蔭様で10月に開店8周年を迎えます。
ここで出会ったものが、皆様の日々の暮らしのタカラモノになりますように、
そんな願いを込めて、常設作家の作品を様々に展示いたします。
初秋のお散歩がてら、ぜひ足をお運びください。
  
■主な展示内容 (作家名順不同)
[sonu]新沼千尋さんの染めと刺繍の小物
きたのまりこさんのアクセサリー
mitome tsukasaさんのアクサセリー
サノアイさんの木のオルゴール
柴崎智香さんの鉄の燭台
TETOTEさんの手刺繍の小箱
森田千晶さんの手漉き和紙と和紙のガーランド
Omiさんの鳥とお花のクッキーセット(12日入荷)  …and more.

きたのまりこさんの作品については受注会を同時開催いたします。
クレジットカードはお取り扱いしておりません。 
  
  

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag: , , , , , ,

Online shopを更新しました。

 
追記 
通信状況により予定の21時を少し過ぎてしまい、大変申し訳ありませんでした。


Online shop 「お買い物」のページを更新しました。
写真は、左上から、
柴崎智香さんの鉄の蚊遣り
サノアイさんのアメリカンチェリーの針山
柳弘之さんの栗の木の玉縁大鉢
森田千晶さんの手漉き和紙の団扇 です。
森田さんの団扇は、ご覧の市松のほか、植物柄・水玉・ドット・網目模様の5種類。大きな丸団扇も少しあります。
柳さんのこのほかの作品については、どうぞ個別にお問い合わせください。

予告してしまったので気になって昨晩は必死で更新作業をしていました。
他にも掲載したいものはいろいろあるのですが、今日のところはここまでにします。
ぜひぜひ覗いてみてください。

恐れ入りますが、ご注文の受付はお知らせした通り21時からとさせていただきます。
遠方の皆様にお気に入りのものを見つけていただけたら嬉しく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
  
  

Category: お知らせ | Tag: , , , ,

森田千晶さんのレース和紙と絹の扇子

 
「やもり」から
  
  
三人展「ようこそ夏」で好評だった森田千晶さんの扇子が、会期後に再入荷しています。
森田千晶さんの手漉きのレース和紙を、京都の老舗・宮脇賣扇庵に絹張りで仕立てていただいたもので、オリジナルな和紙、その柄の表れ方もひとつひとつ異なる一点ものです。

「家守」ということで縁起物とされる「やもり」は、人気の柄のひとつです。その柄の中にあるコウモリもまた幸運の生き物なのだそうですね。下の写真に見つけていただけるでしょうか。
  
   *

季節のものですので早めに、簡単ではありますが、こちらにしばらくの間在庫しているものを掲載します。お取り置き・通信販売のご注文を承ります。
白地のものなど柄が見えにくければ、個別に細部の画像をお送りします。ご希望のものがあれば、お申しつけください。

  

6.5寸「やもり」 濃いブルーグレー 9,720円  Sold out

6.5寸「雪」 白 9,720円

7.5寸「ローマ」 グレーがかった水色  10,800円



7.5寸「鳥かご」 濃いブルーグレー  10,800円  Sold out

  
6.5寸の扇子は、コンパクトに扇げるよさがあり、親骨も丸みのある女性的な仕上がりになっています。7.5寸の方が一般的な大きさで、6.5寸と比べるとやはり風量が多いという良さがあります。
袋付きのものは完売しました。今季は追加の入荷の予定はございません。
  
  
【8/7 追記】
今季の扇子のお取り扱いは終了いたしました。来年は少し早めに4月頃からご紹介したいと思っています。
  
  
   
  
  

Category: 紙もの | Tag:

森田千晶さんの漉き合わせ和紙

 

森田千晶さんの「ローマ」と題したA3判の手漉き和紙の一部です。
光に透かすと、やわらかな繊維の質感がとってもきれいです。

この繊細な透かし模様の和紙がどのように作られるかというと。
原画をもとにシルクスクリーンの粗いメッシュ状の型を作ります。紙漉きの木枠にその型を敷くことで楮(こうぞ)を通すところと通さないところができて、レース状の和紙を漉くことができるわけです。こちらはそのレース和紙を無地の和紙と漉き合わせて一枚に仕立てています。濡れている状態の和紙は、簡単に張り合わせたり繋げたりできるのだそうです。
  
  

和紙を額装される方が多いようですが、この光に透かした時の魅力を生かすには、ランプシェードみたいなものに仕立てられたら素敵だろうなぁ、と思っています。簡易なランプの周りに筒型に置くだけでも良さそう。器用な方ならワイヤーを使って作れそうです。
なにかよいアイディアがあったら教えてくださいね。
  
  

こちはリースを飾るような感覚で飾っていただけそうな一枚。
額に入れず、気軽にピンで留めて和紙の質感を楽しんでいただくのもよいと思います。

森田千晶  A3判漉き合わせ和紙  各2,376円

先ほど、漉き合わせ和紙4種をOnline shopに掲載しました。
透かし模様の和紙は、光に透かさないときれいに写真が撮れず、実物の魅力が伝わらないのが残念です。あまりきれいに撮れませんでしたが、取り急ぎご紹介してみました。よろしければご覧ください。
  
  

Category: 紙もの | Tag: