タグ別アーカイブ: サノアイ

サノ アイさんのカッティングボード

先週の木曜日、2度目の「おやつの日」に販売したTette.さんの自家製ゆずのピールとチョコレートのパウンドケーキ。撮影用に…と言い訳してひとつ購入。 家族でおいしくいただきました。
サノアイさんのくるみの木のカッティングボードにのせました。ひとつひとつ少し形の違う味のあるカーブ。片面には、焼きペンで小さな木が描かれています。 直径 約19cm、くるみとブラックウォールナットの2種類のものが入荷しています。カッティングボードとしてだけでなく、お菓子を並べたり、サンドイッチをのせたり、いろんな風に使っていただきたいです。

月に一度の「おやつの日」、たくさんの方が来て下さいました。小さなお子さんを連れた方や、ご近所の方も見えて、にぎやかな一日になりました。
Tette.さんの自家製酵母パン、次の販売はいつですかというお問い合わせをいただきましたが、隔月で販売できることになりました。
●奇数月の第1木曜日は、季節のおやつ ミズタマさんの焼き菓子
●偶数月の第1木曜日は、Tette.さんの自家製酵母のおやつパンと焼き菓子を販売します。
日持ちのするクッキー類は、できるだけ土曜日までご購入いただけるように、次回から多めに作っていただこうと思っています。

立春を過ぎ、寒さもゆるんで、どこか春めいた週末でした。
近くの百草園では、梅が三分咲きといったところのようです。江戸時代からの歴史のある庭園です。坂をのぼるだけあって、見晴らしのよい気持ちのいいところですよ。どうぞ合わせてお出掛け下さい。
百草園のHPがリニューアルされて、園内の植物の様子が紹介されていました。こちらです。→

サノアイ カッティングボード くるみ ¥4,200-

Category: 木工 | Tag:

秋晴れ

「道草マーケット」初日からの3日間、たくさんの方にご来店いただき、ありがとうございました。
毎日、気持ちのよい秋晴れ。お天気に恵まれて、本当にありがたいです。
東南向きの窓から、午前中は店内に陽が入り、サノアイさんの「サンキャッチャー」のプリズムを通した虹色の光が部屋の中のあちこちにきらきらと輝いて、とってもきれいです。ちょうどお客様の多い時間帯、来て下さった皆さんに光のプレゼントができて嬉しいです。

サノアイさんからは、りんごと黒柿のバターナイフ、くるみの豆皿、「おシャーレ」、サンキャッチャーなどが追加で届いています。木のお皿やお盆、 mitome tsukasaさんのアクセサリー、TETOTEさんのTUTUやつぼみ巾着、フラットバッグは、たくさんの作品を用意して下さったので、まだまだ楽しくお選びいただけます。「道草マーケット」は明後日の7日(日)までです。

サノアイ サンキャッチャー ¥2,800-

Category: 木工 | Tag:

バードコール作りのワークショップ

百草の庭は、いつも野鳥のさえずりが聴こえるようなところにあります。毎日、たくさんの種類の鳥の声が聴こえてきますが、このあたりにいくらか残された雑木林に住んでいるのか、それとも、多摩動物公園の周辺の広い緑地の中に住んでいて、昼間だけここらへんまで飛んで来るのかもしれません。

11/3(祝)に行うサノアイさんのワークショップ「バードコール作り」の見本が届きました。
バードコールを鳴らすのは初めてです。ねじを回すだけで、本当に鳥の鳴き声のような音がするのかな…。何度も試していると、木と金属を擦り合わせるこつがつかめてきて、ほんとに小鳥のさえずりのように聴こえてきました。回転の速さを変えることで、いろんな音が出せるものなんですね。

縄張り意識の強い鳥は、自分と違う鳥の鳴き声が聴こえると、確かめに来る習性があるのだそうです。いろいろな体験談を読んでみると、うまく鳴らせば、鳥は反応してくれるみたいです。古く使い込んだバードコールほどよい音が出るのだとか。春から初夏にかけての繁殖期や抱卵期はなるべく避けて、野山でそっと鳴らしてみて下さい。

【バードコールづくりのワークショップ】

11月3日(祝) 14:00~ / 15:00~ 各回3名(先着順受付)
参加費 1,000円(材料費込み)

12/1追記 バードコールの販売を始めました。  サノアイ バードコール ¥1,000- 

Category: 木工 | Tag:

サノ アイさんの針山と茶匙

初めてご紹介する木工作家・サノ アイさんの作品です。 シンプルな中にも、軽やかで、ふっと微笑みを誘うような、サノさんならではの楽しさが加わった木の作品を作られています。
今日ご紹介するのは、針山と茶匙です。 サノさんの世界がぎゅっと詰まっている、小さなふたつの作品です。

木とフェルトの組み合わせが温かく、焼きペンで描かれた絵もほのぼのと可愛らしい針山。お裁縫の時間にテーブルの上にスタンバイすると、きっと楽しい気持ちになりますよ。使わないときは、そのまま棚に飾っておいても素敵です。添える小物によって、物語が作れそうです。

こちらは、写真で見ると、ちりとりみたいに見えるかもしれませんね! 私も使っているくるみの木の茶匙です。ユーモラスな姿が気に入っています。 手持ちの茶匙が少しずつ増えていき、お茶の葉に合わせて選んで使えるのが楽しい。ささやかな贅沢です。今は、煎茶のお茶筒を開けると、このサノさんの茶匙に会えるのです。

サノアイ 針山 ¥2,300- ・ くるみの茶匙 ¥1,980-

Category: 木工 | Tag:
1 7 8 9 10 11 12