さこうゆうこさんのヒヤシンスポット

急に気温が下がって、夏の終わりを感じるようになりました。
庭にはホトトギスやキンミズヒキが咲き始めました。毎年、夏から秋への季節の変わり目に咲き始める花です。 夏草が茂り、花の少ないこの時期の庭ですが、咲いている花を一輪ずつ集めて、岐阜から届いたさこうゆうこさんのヒヤシンスポットに入れたら、ほっとするような空間が生まれました。

さこうさんのヒヤシンスポットを使われているお客様が、球根の水栽培を終えてポットを初めて花入れとして使った時に、透明な吹きガラスのきれいな形にもう一度驚いたんですよ、と話して下さったことがありました。 それで、まず花入れとしてご覧いただきたくて、だいぶ早目の入荷です。ムスカリポットも少し届いています。ちょこんと球根をのせた姿ももちろん可愛らしいですよ。どうぞご覧下さい。→

さこうゆうこ ヒヤシンスポット ¥3,990-  ・ ムスカリポット ¥3,675-

Category: ガラス | Tag:

夏休み日記 ・北海道の旅

今年の夏休みは、北海道の東部を旅行してきました。
羽田から一日一便だけ発着する中標津空港から入り、野付半島から知床に行き、釧路までゆっくり下ってきました。北海道は本当に広かったです。地図を見ているだけでは分からないスケール感でした。車で走っても走っても緑の大地が続いていることは、東京に住む者にとってはやはり驚きでした。同じ日本の中にもこんな場所があるんだなぁと。
写真は、湖の色が印象的だったオンネトーです。(雨が降り出してしまい、写真が少しぼんやりしているのが残念。) 東山魁夷の絵画 『緑響く』 が思い浮かぶような静かな湖でした。白馬が湖畔を走るあの幻想的な絵です。「緑響く」という言葉もぴったりに思える景色でした。 帰宅してから調べてみると、この絵の舞台となったのは長野県奥蓼科の御射鹿池というところでした。いつかここも訪れてみたいです。
久しぶりの長い旅でした。 知らない土地を旅すること、それは心を飛ばせる場所が増えることなんだなぁと思います。牧場が広がり地平線まで続く道、トドマツやエゾマツの茂る青々とした山、夕暮れのオホーツク海、小さな岬の商店街、そして、そこで暮らす人達のことを想うことができるということ。 旅はいいなぁ。

長いお休みをいただき、ありがとうございました。
気を引き締めて、今週の木曜日から通常通り営業致します。さこうゆうこさんのガラスの器やヒヤシンスポット、点と線模様製作所の紙モノなどが入荷しています。皆さまにまたお会いできることを楽しみにしています。

Category: 日々のあれこれ

ピーマン観察中

庭の中にほんの小さな菜園コーナーがあります。この庭は東向きで南の方には山の木立があるので、日当たりが良いとは言えず、私の好きな山野草などにはちょうどよいくらいの日照なのですが、畑には向きません。 ですから毎年春から夏の間だけ、1,2種類の野菜の苗を植えています。
今年はピーマンを育てています。この小さな白い花がピーマンの花、右は花びらが散ったあと、手前に見えているのはピーマンの赤ちゃんです。 収穫のための栽培というより、小学生の夏休みの植物観察みたいな感じです。 花が咲き、実を結び、その小さな実が大きく育って食卓に並ぶ食材になる。 その過程を、毎年感心しながら見ています。

今週から3週間、夏季休業とさせていただきます。メールでのお問い合わせの対応については、8/3~10の間だけお休みします。8月18日(木)よりまた通常通り営業致します。
皆さまどうぞお身体に気をつけて、暑い夏を元気に乗り切って下さいね!

Category: 庭の草木

サノアイさんのくるみの木のパン皿

天然酵母のおいしいパンの味を知ってから、少しでもいいから、おいしいパンを食べたいなぁと思うようになりました。 我が家の朝ごはんは、家族の希望でご飯のことが多いので、一人の昼食に、ゆっくりパンを食べることが多いです。 特においしいパンを買ってきて、こっそり一人占めする時は。
そんな時間をお供してくれるのは、サノアイさんのくるみの木のパン皿です。 私にとって初めて使う木のお皿でした。 少しずつ木の色に深みが出てくるようで、その変化を楽しみにしています。 木の器が加わると、食卓がやわらかい感じになり、とても新鮮です。

木のお皿のお手入れについて。 陶磁器と同じように、薄めた洗剤でスポンジを使って洗って大丈夫です。 水の切れやすい状態で乾かします。すぐに水気を拭き取るとより良いです。 食器棚にはよく乾かしてからしまってください。
長く使っているうちに、木が乾燥してかさかさになってきます。 そうなったら、くるみ油やえごま油などを薄く塗り、余分な油を拭き取って乾かします。 ミックスナッツなどに入っているくるみをひとかけら、塩気を払ってペーパータオルなどに包んでお皿にこすりつけるのも気軽な方法です。 お肌のお手入れ同様、乾いたら油分を補給してあげてください。 もっぱらパン皿として使われる場合は、トーストを最後までさくっと食べられるように、木が余分な水分を吸う特性を生かすため、少し乾燥気味でお使いいただくとよいようです。
様子を見ながら、少し手をかけて、どうぞ長くお使いください。 きっと木の深い味わいがでてきます。

サノアイさんのくるみの木のパン皿には、木目の上にステッチ模様が躍っています。 この軽やかさが、サノさんの持ち味ですね。 縁に向かってすっと薄くなる、すっきりとしたきれいな形のお皿です。

サノアイ くるみの木のパン皿 径 19~21cm ¥4,800-  ※ステッチ模様は、一点一点異なります。

Category: 木工 | Tag:

TETOTE 手刺繍の小物

TETOTEさんの手刺繍の小物が入荷しました。 麻の布にバラと露草のやさしい刺繍です。

ふっくらとした蕾のような「つぼみ巾着」。 幅約10cm・高さ約13cmほど、小ぶりなカップが入るくらいの大きさです。職場に歯磨きセットを置かれている方は、その入れ物にいかがでしょう。 そんなもったいなくて使えないわ~と思われるかもしれませんが、毎日使うものだからこそ、少し贅沢をするのもよいかなと思うのです。手にするたびに楽しい気持ちになれるかもしれません。

こちらは、また違った趣きのざっくりとしたフリーハンドの刺繍です。船をイメージして、何度も型紙を起こして作り上げたという素敵な形のポーチ「小さな船」です。底が反り返ったとても凝った形なのです。ぜひ手にとってご覧下さい。 赤と茶色が加わって、4色からお選びいただけます。 筆入れにも小物入れにもなり、男性にも女性にも贈り物にお薦めです。

TETOTEの藤武さんには、今、百草の庭の初めてのオリジナル作品の制作をお願いしています。お店を始める前から、必ず取り扱いたいと思っていたものなのです。なんだと思いますか。11月の冬支度の頃にお目見えします。

TETOTE 「つぼみ巾着」¥3,150- ・ 「小さな船」¥4,410-

Category: 布・革・フェルト | Tag:

夏季休業のお知らせ

夏季休業のお知らせです。 7月28日(木)~8月13日(土)の3週間、夏休みをとらせていただきます。長いお休みをいただき、ご不便をおかけしますが、どうぞご了解下さい。

岩手県の篠竹のおしぼりかごが入荷しています。持ち手がついたような小判型の形が可愛らしく、おしぼり置きとしてだけでなく、1人分の枝豆を盛ったり、お菓子をのせたり、いろんな使い方を楽しめます。その他、岩手からは、お蕎麦や茹でとうもろこしにとこれから大活躍の篠竹の盆ざる、根曲竹でしっかりと編まれた椀かごなどが届いています。

それから、可成屋(かなりや)さんの無添加ジャムは、トロピカルな夏の味「マンゴーパイン」が初入荷しました。果物を組み合わせたジャムが、いつもなるほどと思うおいしさなのですが、マンゴーのまったりした甘さとパイナップルの酸味がよく合ってます。無農薬のルバーブ、いちごとラズベリー、4種のベリーミックス、定番のいちごミルクの2層ジャムの5種類を販売しています。

今週・来週と、ずっと暑い日が続きそうですが、YUZURIHAさんのおいしいほうじ茶を冷やしてお待ちしています。 品種改良していない在来種の無農薬の茶葉を軽く焙じた、清々しい味のほうじ茶なのです。→ ちょっと腰かけて涼んでから、どうぞゆっくりお店をご覧になっていって下さいね。

岩手・篠竹のおしぼかご ¥1,050-

Category: お知らせ | Tag:

ペロニカの花穂

お店の入口近くのトラノオ「べロニカ」が咲き始めました。「瑠璃虎の尾」とも呼ばれる花です。青い花穂(かすい)が揺れる様子は涼しげでよいものです。 6月からの強い陽射しのせいか、今年は少し元気がない感じで、花が少ないようです。
本当に身体に応える暑さですが、店内はガラスのものがたくさん並んで涼しげです。 これだけたくさんのガラスの作品を見ていただけるのは、夏だけの楽しみです。 どうぞお運び下さい。

今月の「季節のおやつ ミズタマ」さんのおやつは、本日、完売しました。 ミズタマさんの焼き菓子のファンの方が増えてきて、嬉しい限りですが、明日・明後日を楽しみにして下さっていた方には、申し訳ありませんでした。 次回のおやつの日・9月1日(木)には、たくさん作っていただきますね!

【6/30付のメールでお問い合わせ下さったお客様へ】
こちらからのメールが受信されず、お返事をできずにおります。お手数をおかけ致しますが、再度ご連絡いただければ幸いです。
お問い合わせのメールをいただきましたら、2,3日以内にお返事を差し上げています。1週間ほど経っても返信がない場合は、再度ご連絡下さいますようお願い申し上げます。

Category: 庭の草木

今週と来週のお知らせ

雨が降り出しました。 昼間の熱気が冷めて、紫陽花の花もほっとしているように見えます。

明日の営業は、大変勝手ながら、都合により 13時30分までとさせていただきます。 ご不便をお掛け致しますが、どうぞご了解下さい。

                         *

来週の7日(木)は第一木曜日、月に一度のおやつの届く日です。 「季節のおやつ ミズタマ」さんの焼き菓子を、9日(土)までの3日間販売します。なくなり次第終了です。
今月のメニューはこの4種類です。
・クランブルタルト …今月はブルーベリージャムにレモンピール入り
・杏と梅酒のパウンドケーキ …ドライアプリコット入りの生地に、仕上げに梅酒を含ませたケーキ
・ココナッツのフィナンシェ …ひとくちサイズの3個入り。ココナッツ風味で冷やしてもおいしいです。
・アールグレイとオレンジのスコーン…オレンジピールとアールグレイ茶葉を使った卵不使用のスコーン

ミズタマさんが、暑い日にもさっぱりといただける焼き菓子を考えてくれました。どうぞお楽しみに。

津村 里佳 花器「ハナドキ」  Mサイズ・ブルーグレー 下部の径約10cm・高さ約8cm  ¥4,200-

Category: お知らせ

中川政七商店のクロモジの楊枝

黒文字の木で作られた楊枝が、小さな桐の箱に入っています。このまま食卓に出せてとてもスマート。桐箱の蓋には、紅白の丸が並んだ版画があしらわれていて、お祝いの席にもぴったりです。 ちょっとした贈り物にもよいかと思います。

黒文字(クロモジ)の木は、お店の庭にもあるんですよ。4月に花を咲かせた様子を、庭だよりでご紹介しています。→
クスノキ科の落葉低木で、樹皮の斑紋が文字のように見えることから「黒文字」と名前が付いたと言われる木です。 弾力性に富み、細くても折れにくいため、古くから楊枝に使われてきました。 庭の黒文字は、まだ若い苗のせいか、楊枝になりそうなきれいな色の樹皮ではないのですが、確かに斑紋があります。 興味のある方は、どうぞご覧になってみて下さい。

中川政七商店さんから、この他にも無漂白の竹のスプーン、吉野杉のお箸、貝ボタンなど、ちょこっと嬉しいものがいくつか届いています。 お店で使っている鹿の刺繍の麻のスリッパのお取り扱いも始まりました。 赤と青の子供用のものもあって、とても可愛らしいですよ。

中川政七商店 桐箱入り黒文字楊枝 (50本入り) ¥840-

Category: 暮らしの道具 | Tag:

西山芳浩さんの「しのぎグラス」

型吹きガラスの手法で作られた金沢の西山芳浩さんの「しのぎグラス」です。
西山さんご自身が旋盤を使って鉄板をカットすることから始まり、溶接して仕上げた鋳型の中でガラスを吹いて作られています。 手にとってみると感じる、手仕事ならではの味のあるしのぎの入り方。その工程を知ると、なんと手間をかけて作られたものだろうと思います。
お茶もお酒も、きっとおいしく飲めるはず。 ほどよい厚みで安心感があり、日常で活躍するグラスだと思います。

西山芳浩 「しのぎグラス」 径 約8.5cm× 高さ 約7.5cm  ¥2,730-
※2012年5月 再入荷しました。 通信販売も承ります。 どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

                         *

雨上がりの朝、暑くなる前に草取りをして、ひと汗かいたあとに飲んだ梅ジュースがおいしかったです。
今年初めて青梅を漬けてシロップを作りましたが、とてもおいしくできました。 米酢を加えるレシピで、さっぱりとして夏バテ防止になりそうです。 数年前から、身体を冷やさないように、夏でも温かいお茶を飲み、麦茶も冷蔵庫で冷やさずに常温にしていますが、この梅ジュースはやっぱり氷をたくさん入れてキーンと冷やして飲みたいです。

梅雨の晴れ間は、洗濯やら庭仕事やら、つい頑張りすぎてしまいますが、この暑さでは気温の変化に身体がついていかず、体調を崩しがちですね。 皆さま どうぞお身体に気をつけてお過ごし下さい。

Category: ガラス