サノアイさんのくるみの木のパン皿

天然酵母のおいしいパンの味を知ってから、少しでもいいから、おいしいパンを食べたいなぁと思うようになりました。 我が家の朝ごはんは、家族の希望でご飯のことが多いので、一人の昼食に、ゆっくりパンを食べることが多いです。 特においしいパンを買ってきて、こっそり一人占めする時は。
そんな時間をお供してくれるのは、サノアイさんのくるみの木のパン皿です。 私にとって初めて使う木のお皿でした。 少しずつ木の色に深みが出てくるようで、その変化を楽しみにしています。 木の器が加わると、食卓がやわらかい感じになり、とても新鮮です。

木のお皿のお手入れについて。 陶磁器と同じように、薄めた洗剤でスポンジを使って洗って大丈夫です。 水の切れやすい状態で乾かします。すぐに水気を拭き取るとより良いです。 食器棚にはよく乾かしてからしまってください。
長く使っているうちに、木が乾燥してかさかさになってきます。 そうなったら、くるみ油やえごま油などを薄く塗り、余分な油を拭き取って乾かします。 ミックスナッツなどに入っているくるみをひとかけら、塩気を払ってペーパータオルなどに包んでお皿にこすりつけるのも気軽な方法です。 お肌のお手入れ同様、乾いたら油分を補給してあげてください。 もっぱらパン皿として使われる場合は、トーストを最後までさくっと食べられるように、木が余分な水分を吸う特性を生かすため、少し乾燥気味でお使いいただくとよいようです。
様子を見ながら、少し手をかけて、どうぞ長くお使いください。 きっと木の深い味わいがでてきます。

サノアイさんのくるみの木のパン皿には、木目の上にステッチ模様が躍っています。 この軽やかさが、サノさんの持ち味ですね。 縁に向かってすっと薄くなる、すっきりとしたきれいな形のお皿です。

サノアイ くるみの木のパン皿 径 19~21cm ¥4,800-  ※ステッチ模様は、一点一点異なります。

Category: 木工 | Tag:

コメントは受け付けていません。