戸田文浩さんのしのぎカップ

初めてのご紹介、戸田文浩さんの陶器が届いています。
こちらは、「柔手」 と名付けられた灰釉粉引のシリーズの「しのぎカップ」です。 土の素材の魅力が十分に伝わってくる作品です。 8分目までで150mくらいの容量、手に持ったときの収まり具合もちょうどよく、いつも傍に置いて使う日常の器になりそうです。

戸田さんは埼玉県所沢市で作陶されています。 粉引、白陶、彩陶、磁器と、いろいろな器を作られているのは、「新しいことへの好奇心がそうさせているよう」 。 土作りから釉薬の掛け方まで、いつも熱心に改良を重ねながら、丁寧なもの作りをされています。
お世話になっている作家さん達は、私よりひと回り前後お若い方がほとんどですが、戸田さんは同世代なのがちょっと嬉しい。 昨年、工房に伺った折に、慣れた手つきで、自作のポットでおいしいお茶を淹れてくださったことが印象的でした。 私の周りにこんなに自然な感じでお茶を淹れてくれる男性がいないからかもしれませんが… 。 そんなお茶好きな戸田さんの作られる素敵なポットなども入荷しています。 これから少しずつお取扱いを増やしていきたいと思っています。 どうぞお楽しみに。

戸田文浩  柔手 しのぎカップ  径 8cm × 高さ 7cm   ¥2,000-   Sold out

Category: 陶磁器 | Tag:

コメントは受け付けていません。