オリジナル湯たんぽカバーが届きました。

 「スノーフレイク」

今年も、TETOTEさん制作の湯たんぽカバーが届きました。 百草の庭の唯一のオリジナルグッズなので、張り切ってご紹介します。
我が家は湯たんぽ使用歴十数年。 エコで、ほんのりとやさしい温かさが心地よく、こんなにお薦めなものはありません。 もっと湯たんぽファンを増やしたい、お店で素敵な湯たんぽカバーをご紹介したい、とずっと思っていたところ、昨年から、TETOTEさんに制作をお願いして、お取扱いできることになりました。
洗濯にも耐えるよう、シンプルな刺繍に、丁寧な縫製で作られています。 厚い布でも口を絞りやすいように口布も工夫されています。 私もひと冬使ってみたので、今年は安心してお薦めできます。 綿が入っているので、熱湯を入れても触れないほど熱くはならず、保温力があって、布団の中では朝までほんのり温かさが持続します。

 「クロス」「ハナ」

今年の新作は、紺とベージュの細いストライプの綿麻の生地に雪の結晶を刺繍した「スノーフレイク」。 昨年好評だった「クロス」「ハナ」の柄は、それぞれ赤とネイビーの2色があります。
サイズは大きめで、幅 約30cm × 高さ(口布を含まず)約35cm。 お湯の量が多い方が冷めにくくてお薦めなので、大きなサイズにしてもらいました。 金物のものもプラスチックのものも、市販の湯たんぽはたいてい収まります。

時々お店を見にきて下さるご年配のお客さまがいらっしゃるのですが、昨年、この湯たんぽカバーを 「ちょっとぜいたくなものだけど、これはいいぜいたくだと思うわ」 とおっしゃって、ご主人と色違いで購入して下さり、とても嬉しかったことがありました。 冬の間、テレビを見る時も本を読むときも、いつも湯たんぽとひざ掛けを使って、楽しく温かく過ごして下さったそうです。
湯たんぽを使うのは、夜寝るときだけではないんですよね。 私も冬になると、仕事で長時間パソコンに向かう時など、湯たんぽの上に足をのせるようにしています。 足元を温めるだけで、かなり暖房を控えられます。 お湯を沸かすひと手間をかけるだけです。
小さなことではあるけれど、できるだけ電気を節約できるように、自然エネルギーの社会が訪れることを願って、毎年、湯たんぽカバーをご紹介していきたいと思います。

「道草マーケット・三人展」に合わせて、今週からお店に並びます。 ぜひ手に取ってご覧ください。
また、遠方のお客さまからのご注文もお待ちしています。 詳しい画像を添えてご案内致しますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

TETOTE 湯たんぽカバー ¥5,040-

Category: 布・革・羊毛 | Tag:

コメントは受け付けていません。