[sonu]新沼千尋さんの染めと刺繍の針山

  
追記:
少し加筆して今日撮影した写真を加えました。


  
   
[sonu]新沼千尋さんの染色と刺繍の針山が入荷しました。
しばらく制作をお休みされていたので、活動再開を心待ちにしていました。

1枚目の写真は、野ねずみとナキウサギの針山。
動物の姿を型染めした上にこまやかに刺繍が加えられています。
[sonu]さんの針山は、動物や草花の愛らしさはもちろんのこと、綿が固く詰まって針をしっかり受けとめ、裏側には滑り止めの合成皮革がアップリケされていて、針山としてよく出来ていることが嬉しいです。お裁縫箱の隅におさまる小ぶりなサイズです。


  
   
ツバメ柄の場合は、ツバメの外側の布地とツバメの墨色と2回の染色の工程のあとにチクチクと手刺繍が加えられています。モチーフの輪郭に沿ってさりげなく添えられたステッチにもセンスを感じます。
リクエストの多かったツバメ柄は6色用意してくださいました。
色によって印象が大きく変わります。どうぞお楽しみに。
  
   
   

  
  
こちらは野ぶどうをくわえた鳩のモチーフ。
野ぶどうの繊細な表現が美しいです。針を刺す場所を選んでしまいますね。
    
   
百草の庭の営業状況が変わっても、作家の皆さんに変わらずに納品していただけることを、とてもありがたく思います。
新沼千尋さんの作品は、今後また少しずついろいろなアイテムをご紹介できますよう、私も楽しみにしています。
   
   

Category: 布・革・羊毛 | Tag:

コメントは受け付けていません。