6月の常設の作品から

  

森田千晶さんの手漉き和紙のポストカード
森田さんのアイコンにもなっているバレリーナと、右は円のレースの一部。和紙でこんな表現ができるのだなといつも驚かされます。同じモチーフを漉き合わせたものでも柄の表れ方はひとつとして同じものはありません。
    
  

平野日奈子さんの粉引の蓋物
薄っすらとほどこされた素地の模様を画像でもご覧いただけるでしょうか。
平野さんがひとつひとつ試すように作られているように感じられて、わくわくします。
径10.5cmほど。塩壺にもよい大きさです。

平野さんのこうした作品は特に、ひとつひとつの個性が強く、ぜひ手に取って選んでいただきたいものです。
限られた営業日ですが、ご都合つきましたらぜひお出掛けください。
  
   *
  
6月の営業日
23(土).24(日).25(月).27(水).28(木).29(金)
11:00-17:00

マカベアリス 刺繍作品展「little garden」+ 常設展
  
ギャラリーmaroomにて
maroomへの行き方は「場所のご案内」のページをご覧ください。
  
  

Category: 紙もの, 陶磁器 | Tag: ,

コメントは受け付けていません。