huitさんの手刺繍のブローチ

広島のhuit(ユイット)さんの作品が届きました。

何度針を持ち替えて、これだけの色を刺しているのでしょう。
色彩の美しさ、表情のおもしろさ。
箱を開けるたびにじんときました。
フェルトをベースにしたブローチに仕立てられていますが、箱に入れて机に飾り、一人の時にはちょっと話しかけてしまいそうな、そんな刺繍です。

1枚目の写真の猫のフーガは、少し大きな力作です。
  
  

髪飾りの花がとってもきれいな、ゆりちゃん。
  
  

どんな動物をどんな表情で刺繍しようとか、そんなことはあまり考えずに、輪郭だけ決めたらあとは絵を描くように刺し始めるのだそうです。時に架空の動物ということもあるのです。
この子はどうだろう。名前はデュマ。
  
  

可愛いミラノス。
ギャラリーの入口でウィンクしてお出迎えする予定です。
ぜひ会いにいらしてくださいね。

どれも長い制作時間をかけて作り溜めてくださった一点ものです。
一期一会の作品ばかり。
連れて帰りたいと思える一点と出会っていただけたら嬉しいです。
  
  

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

コメントは受け付けていません。