沖澤康平さんのガラス

 

  
沖澤さんの作品のご紹介は、3年振りくらいでしょうか。
偶然にも営業再開に合わせたような、嬉しいご注文品の納品でした。

来客用によいくらいの小振りなグラスです。
グラスの下部にガラスを二重に巻き付けて、素材の魅力をたっぷりと感じられるこのデザイン。数年前よりずっと洗練された印象になっていて驚きました。日々作り続ける中でこんなに変化していくんですね。
後方の片口は、サイズ感が面白く、個人的にはいちばん気になるものです。
  
  

左は口縁のすぼまったコロンとした形のカップ「てまり」。
右側は蓋物です。今回入荷した蓋物は、シンプルなガラスの円盤を載せたようなこの形のみです。蓋を開けるたびに、味のある丸いガラスをちょっと愛おしく思う… そんな感じです。
小さな砂糖菓子、それとも梅干し、なにを入れようかなぁと想像しながらご覧くださいね。
  
  

ワイングラスは、こちらのS3型が入荷しました。たくさん作っていただきましたので、お待ちくださっていた方に足を運んでいただけたら嬉しいです。
  
  

Category: ガラス | Tag:

コメントは受け付けていません。