可成屋 和操のジャム

可成屋 和操さんのジャムのお取り扱いが始まりました。
ご縁があって、三重県の熊野古道の街・尾鷲(おわせ)から届きます。安全で新鮮な食材を使い、素材のもつおいしさを生かして作られた、無添加のジャムです。
手に取るたびに可愛いなぁと思うラベルは、店主さんのご実家である「可成屋(かなりや)」にかけて、カナリヤが尾鷲の名産のみかんをついばんでいる様子を、 イラストレーターのノラヤさんが描いたものです。

今回入荷したものは、いちご、いちごミルク(2層)、ルバーブ、しお学舎の塩ミルク、4種のベリーミックス、それから今が旬のいちじくの6種類。
いちごミルクの2層ジャムは、誰もが大好きないちごジャム+大内山牛乳と砂糖のみで炊き上げた素朴なミルクジャム、上から順番に食べると1瓶で2度おいしく、混ぜて食べてもおいしい組み合わせで作られています。見た目も楽しくて、ちょっとした贈り物にも喜ばれそうです。 トーストやホットケーキの他、アイスクリームにもぴったりです。
ほどよい酸味があってすっきりとした甘さの秋採りの「ルバーブ」、ブルーベリー・ラズベリー・クランベリー・いちごの4種類のベリーを合わせた「4種のベリーミックス」など、どなたにも安心して召し上がっていただけるよう、果物と砂糖とレモン果汁のみで炊き上げられています。

百草の庭で食品のご紹介をするのは初めてのことです。お店にジャムが並んで、なんとなく親しみやすい雰囲気になった気がして、嬉しく思っています。

可成屋 和操 ジャム(170g)  ¥600 ~ 650-

Category: おいしいもの | Tag:

コメントは受け付けていません。