きのまりこさんのネックレス 「木ノキモチ」

静かに佇む木は、空を飛ぶ鳥に憧れている。
でも、大きな木がないと鳥は休めないので、お互いに助け合っている。憧れ合っている。
そんな風に思いながら作ったという作品で、実は鳥のモチーフと対になっています。
きたのまりこさんが2007年に初めて作られたものです。

その後の繊細な植物のシリーズ、新作の椿のシリーズと、10年間の作品をタカラモノミツケタ展でご覧いただきました。
作風に変化はあっても、身近にある植物を敬い、その美しさを小さなアクセサリーに表現したいという気持ちは、ずっと変わらないように思います。

通販でもたくさんのご注文をいただき、ありがとうございました。
今回の受付は締め切りましたが、今後もお時間をいただければ個別に受注制作のご注文を承ります。いつでもご相談ください。

きたのさんがお店から近い高尾に越してこられたことですし、今後は年に何度か入荷のお知らせもできると思います。それが私もとても嬉しいです。
次の展示の機会を、どうぞ楽しみにお待ちください。

       
  
  
   

Category: 金属・アクセサリー | Tag:

コメントは受け付けていません。