TETOTEさんの革のメガネ立て

TETOTEの藤武秀幸さん・三輪さんが、楽しみにしていた新作を届けてくれました。 手刺繍を施した革のメガネ立てです。
実は私、去年の夏に老眼鏡デビューしまして、仕事をしているときも、メガネを掛けたり外したり忙しく、こんな時に素敵なメガネ立てがあったらいいなと思うようになったのです。 それで、刺繍を加えたメガネ立ての制作をお願いしていました。 メガネに限らず、ペン立てにしたり、メモ用紙を入れておいたり、フリーボックスとしてお使いいただけます。
私は、三輪さんの手掛けるこのライン刺繍がとても好きなのです。 シンプルなステッチと色の組み合わせによって出来上がる刺繍、それはもう作り手のセンスとしか言いようのないものだと思います。

この他、TETOTEさんの作品は、ブックカバー、布張り小箱「TUTU」、革のカードケース、ティーコゼー、つぼみ巾着、ポーチ「小さな船」などをご覧いただけます。 「小さな船」は、赤・モカ茶・グリーン・水色の4色が揃いました。 とってもお薦めの素敵な形のポーチです。 こちらの庭だよりでご紹介していますので、どうぞご覧下さい。→

まだお店に来られたことがない方は、百草の庭の店主さんって、老眼鏡をかける歳だったのか… と思われたかもしれませんね。 若い方は、老眼なんてずっと先の歳をとってからのことという感じがしているかもしれませんが、40過ぎると意外とすぐなんですよ~。 私は視力が良いので、特に老眼になるのが早かった (ここ強調!)です。

TETOTE  メガネ立て 径 8.5cm × 高さ 10.5cm  ¥5,250-

Category: 布・革・羊毛 | Tag:

コメントは受け付けていません。