motorinue&Lokhmeさんの動物たち

 
こんばんは。
今日は展示会前日というのに、どうしても聴きたい合唱のコンクールがあって、午後からつい先ほどまで都心に出掛けておりました。
若い人たちの個性ある熱い合唱を聴いて、とても元気が出ました。
順位付けされてしまうコンクールではあるけれど、聴く者にとってはひとつの素晴らしい演奏会のように豊かな時間でした。

テンション高くなったまま..  さぁ、最後の展示チェックです。
  
   *
     
motorinue&Lokhmeさんの作品にはいろいろなトーンの色があるので、小さな空間できれいに展示するのはとても難しいのですが、初日はモリモリと並べてしまうことにします。
作品数は300点以上。並びきれずかごに入れてあるものも、手に取ってじっくりご覧いただきたいと思います。
  
今夜は、ミシン刺繍の動物たちにぐぐっと近づいてみます。

直線縫いのミシンで、布をクルクルと回転させてカメの甲羅の模様を描いています。
秋らしい色合わせのツートンカラーがとても素敵です。

カードケース「カメ」 ¥2,160- ・ ティッシュケース ¥1,728-

グラデーションのミシン糸で描かれたクジャク。

がま口・小 ¥2,808-

ナマケモノの顔は、こんな風に穴のようになっているんです。
なんともユーモラスなポーズです。
こちらは、motorinueさん作。

文庫本用ブックカバー ¥3,024- ・カードケース ¥2,160- 


  
ほのぼのしたペンギン。こちらはLokhmeさん作。

がま口・小 ¥2,808- Sold out / ブローチ「ペンギン」 ¥3,240-

motorinue(モトリーヌ)さんは神奈川県厚木市で、Lokhme(ロクメー)さんは京都府で、それぞれに制作活動をされています。
実はタグもそれぞれあるので、作品にはどちらかのタグがついているんです。どの刺繍がどちらの作られたものか、長いお付き合いで私はタグを見なくても分かるようになりました。
モトロクファンの皆さまはいかがでしょうか。
   

Category: 布・革・羊毛 | Tag:

コメントは受け付けていません。