さこうゆうこさんのガラス

「コップにはお水が入った時に、花入れには花や緑が入った時に、よりキレイに見えるものを作りたい」
その言葉通りに、一輪の花を入れると、器と花が共にぱっと輝く、そんなガラスの花入れです。
ひとつひとつ形の違う、吹きガラスのぽってりとした丸み。上から見ると豆のような形の「マメハナ」と、しずくのような形の「コビン」。岐阜県関市で制作されているさこうゆうこさんの作品です。
さこうさん自身が小さな花にも目を止めるような暮らしをされていて、その中から生まれたものなのではないかな、と感じるような花入れです。

お香立ては持っていても、それを受けるためのお皿は持っていないという方は多いのではないでしょうか。私もそうでした。それで、初めてこのガラスのお香受けを見た時、とても新鮮に感じました。透明なガラスのかたまり、そのボリューム感がおもしろいです。

1月にさこうさんの作品が届き、お店のテーブルに並ぶそのガラスを見ながら、冬の穏やかな光の中でも、ガラスというものはいつも光をたたえ、光を意識させる存在なんだなと感じました。
日ごとに陽射しは強まり、そして今日はようやく、小さな春の花を入れてご紹介することができました。

花入れ「マメハナ」「コビン」 ¥2,625- ・ お香受け(磁器のお香立て付) ¥2,100-

Category: ガラス | Tag:

コメントは受け付けていません。