点と線模様製作所のレタープレス・カード

点と線模様製作所」という屋号で活動されている岡理恵子さんは、北海道を拠点に、布の図案を中心とした模様作りのお仕事をされています。北国の厳しい冬と美しい季節の移ろいの中で、自然の風景や身の回りの小さな動物や植物たちを描き、森に響く鳥の声や雪の日の静けさまで感じられるような模様作りをされています。「北の模様帖」と題して半年に一度発表されるているオリジナルの布地を、点と線さんのHPでご覧になってみて下さい。→

百草の庭では、点と線模様製作所と倉敷意匠計画室とのコラボレーションから生まれた紙モノをお取り扱いしています。写真はレタープレス(凸版印刷)のカードです。手で触れるとわずかに印圧の凹凸が感じられるような、懐かしい風合いです。

マスキングテープは、小さなカード付の2種類セットが入荷しています。木々の間を行き交う鳥たちを題材にした「メッセージバード」と、小さな庭から庭へつながる町並みの風景をイメージしたという「リトルガーデン」。 手帳にメモを貼るとき、袋に封をするとき、小さな物語を添えるような気持ちになります。

入荷以来、大好評なのがペーパーナプキン。薄手ながら100枚入りで315円は、ちょっとお得な感じですものね。 エゾマツやトドママツの針葉樹に混ざっている丸い木はミズナラなどの広葉樹でしょうか。夏休みに行った北海道の森を思い出します。
北国で生まれた模様を、どうぞ暮らしの中で楽しんでみて下さい。

レタープレスのミニカード 二つ折りのサイズ 9×9cm  ¥210- ※封筒は付いていません。
マスキングテープ  カード付き2本セット  ¥378-
ペーパーナプキン  「mori」 「紫陽花」 25×25cm・100枚入り  ¥315-

Category: 紙もの | Tag: ,

コメントは受け付けていません。