アーカイブ: 2019年7月

Online shop 更新のお知らせ

 


   
    
Online shopを更新いたしました。
マカベアリスさん・たくまポタリーさん・西山芳浩さん他の作品を新たに掲載しました。
ぜひゆっくりとご覧ください。
    
   
西山芳浩さんのガラス器は、先日のご注文にキャンセルが出たもので、それぞれ在庫数は1,2点です。どうぞお早目にご検討ください。
   
   
   
   

Category: お知らせ | Tag: ,

7月21日

 

  
   
朝、選挙に行き、お昼前からお茶の時間です。

‘いろんなためいき’さんのCD『聴こえてくること』
去年、お店の営業中にずっとかけていたなぁ。
なにかがほどけていくような、ちょっととぼけた感じもする、これまで聴いたことのなかったやわらかなクラリネットの音です。

   
さぁ、午後からは仕事です。
今夜9時にOnlie shopを更新します。
今日のくるみ最中をのせているたくまポタリーさんの菊4寸皿も掲載します。
和菓子にぴったり。それから、きんびらやおひたしなど毎日のちょっとした副菜に、我が家でもいつも使っています。
宅間祐子さんらしい、てらいのない日々のうつわです。
   
   
   

Category: 陶磁器 | Tag:

マカベアリスさんの手刺繍のグラスケース

   

  
   
楽しみにしていたマカベアリスさんのグラスケースが届きました。

バッグの隅にすっと納まるような軽くてコンパクトなこんなグラスケースをお探しの方は多いのではないでしょうか。老眼鏡を取り出すことが多くなると。
はい。私もよーくわかります。

植物のモチーフの配置と色の組み合わせがマカベさんの刺繍の大きな魅力です。
ふっくらとしていて、本を読んでから寝床につく時も、ここにメガネをしまうと自分も気持ちよくお布団に入れそうですね。

 

   
   
今回からボタンにループを掛ける形に仕様が変わりました。
四角い貝ボタンもさりげなく素敵です。

今回ご紹介するのは2つの柄の全5点です。
私もひとつほしい気持ちをぐっとこらえて掲載します。
数が限られており、ご予約を受けたい気持ちは山々ですが、Online shopからご注文をお願いいたします。よいご縁がありますように。
  
    

Category: 布・革・羊毛 | Tag:

7月の色彩

   

  
  
7月も下旬を迎えるというのになかなか爽やかな夏晴れの日がありません。
猛暑よりはいいかなぁと思いながらも、太陽の恋しいこの頃です。
  
  
きたのまりこさんのサワガニのピンバッチを保手濱 拓さんのカレンダーの7月の水彩画の瑞々しい緑を背景に撮りました。
夏の緑。あと10日ほどでめくるのは惜しい美しい色彩です。

サワガニのことを少し調べてみると、日本固有の生物なのですね。一生を淡水域で過ごすことから、英語では「Japanese freshwater crab」などと訳されるようです。
百草園に越してきたばかりの十数年前のこと、家の近くの道端で青白いサワガニに出会ったことがあります。「雨の日には川から離れて出歩き、川近くの森林や路上にいることもある」と解説されているので、あれはやはりサワガニだったのか。数年経ってもう一度あったことなので、誰かが飼育していたものではないと思います。
その時は不思議に思いながらも、少し離れたところに湧き水が流れ出ているところがあるので、そこから来て迷子になってしまったサワガニなのかなぁと、無事を祈ってそのまま触れずに別れたのでした。今では幻のようなできごとです。
    
  

きたのまりこ ピンバッチ「ヨコニサワガニ」
縦2.3cm×横2.7mm シルバー 3,888円 
Online shopからお求めいただけます。真鍮のお取り寄せも承ります。 

   
  
   *
   
     

  
  
さてさて、一年振りにマカベアリスさんの手刺繍のブローチとグラスケースが入荷しました。
雨の日のブローチ。雨雲にもこんなに明るい色の表現もあるのだなぁと心が弾みました。
次回Online shopに掲載します。
21日の日曜日の21時からご注文をお受けする予定です。

前回のOnline shop更新時には、たくさんのご注文をいただき、ありがとうございました。
西山芳浩さんのガラスを待っていた方の熱意をひしひしと感じました。2,3日で完売となってしまいましたが、角小瓶2種と江戸グラスKなどに少しだけキャンセルがありましたので、次回の更新の時に再掲載いたします。

      
      

Category: 金属・アクセサリー・時計 | Tag: , ,

Online shop 更新のお知らせ

  


  
   
Online shop を更新いたしました。
ご注文の受付は21時からです。

西山芳浩さんの作品を中心に掲載いたしました。
角小瓶をたくさん作っていただきました。開店以来、何度もご注文をお願いしている定番の作品ですが、今回はフォルムに少しの変化があって、首が数ミリ長くなり口元も少し大きくなりました。これが今の西山さんが気持ちよく思うカタチなのですね。
西山さん自らが作られる鋳物の型を使った型吹きガラスの手法で作られており、ボトルの大きさに違いはありませんが、肩のラインや口元の形、瓶の内底のラインなどは一点一点異なります。手にとってお選びいただくことはできませんが、作品とのご縁を楽しんでいただければ幸いです。
    
   *
    
七夕の夜、残念ながら雨雲に覆われてしまいましたね。
今週も雨が続くようです。
皆さま体調にお気をつけてお過ごしください。
    

   

Category: お知らせ | Tag: , , ,

西山芳浩さんの八角グラス

  

  
  
西山芳浩さんの八角グラス。
一面一面のさざ波のようなガラスの表情、厚くとった底に溜まる光も美しく、程よい重みが心地よいグラスです。
ウィスキーなどは呑まない私でも、こんなグラスでいただくおいしい一杯を想像します。
  
  
予定通り、本日7日21時に Online shop を更新いたします。
いつもブログをご覧くださっている方々の元にお届けできれば嬉しく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
  
  

Category: ガラス | Tag:

柳 弘之さんの栗の木の「しずく鉢」

  

東京都町田市で制作される柳弘之さんの栗の木のしずく鉢です。

「刳りもの(くりもの)」と呼ばれる、厚い木材から削り出して作られるカタチ。
こうした作品を見ていると、どう彫り進めてどこで手を止めて完成とするかは、本当に作り手の感覚次第だなぁと感じて面白いです。
木の力強さと造形の繊細さとのバランスに魅力を感じる作品です。

長さ18cmほどの大きさです。
アクセサリーや手芸の小物の置き場所にされたり、ナッツを入れるうつわに素敵と言ってくださった方もいらっしゃいました。どんな使い方があるか、ぜひ想像してみてくださいね。
     
   *
   
昨年11月の企画展の折に作っていただいたものです。
柳さんは、現在は家具とオブジェの制作活動をされており、今後うつわの制作はされない予定とのことです。この機会にOnline shopでぜひご覧ください。
明日7日の21時に更新の予定です。
   
柳弘之さんの’ハーバリウム’と名付けられた標本瓶も再入荷しています。
壁掛け鏡やハーバリウムはこれからも作り続けていかれるとのこと。百草の庭の定番のお品物として今後もお取扱いしていきます。
   
    

Category: 木工 | Tag:

西山芳浩さんのしのぎ小鉢

 

  
   
こんにちは。
すっかりご無沙汰しているうちに7月になりました。

今年も山形からつやつやのさくらんぼが届き、おいしくいただきました。
さくらんぼの時期はそろそろ終わり、これから桃やすいかが楽しみな夏ですね。
季節の果物を食べられるのは豊かなことだなぁと感じます。
好きな器がそこにあればなおのことです。

西山芳浩さんのしのぎ鉢は、かき氷にも最高です。
輝くガラスの光もごちそうです。
   
   *

西山さんの型吹きガラスの作品が久しぶりに入荷しています。
店舗の活動は長いお休み中のため、9月頃には手に取ってご覧いただけるイベントを、と考えて在庫していましたが、やはりしばらくは通信販売に専念して、じっくり力を蓄えようと思い直しました。体調がまだ少し不安定なところもあり、いろいろと遠回りもしてこの数ヵ月が過ぎてしまいましたが、今は心を込めて通信販売を行っていきます。
先日この写真を撮り、よーし明日から撮影するぞーと思った途端に曇天続きです。これだけ湿度が高いと、誰でも身体が重く感じられると思います。ゆっくり深く呼吸して体調に気を付けてまいりましょう。
   
   
   *
    
      
           

  
  
昨年の12月に我が家にやってきた仔猫達は、すっかり大きくなりました。
時々じっと窓の外を見ています。草木が揺れる様子を見たり、蝶を目で追ったり、鳥の声を聞いたりしているようです。野良の仔猫を保護したので、うちにいることが幸せであればいいなといつも思っています。安心して眠っている様子をみると、これで良かったんだなという気持ちになります。猫って、ほとんど一日中と言っていいくらいたくさん寝るんです。
初めて迎える夏をどう感じているのかな。猫は寒さに弱く暑さには強いと聞きますが。気温が高くなっても、まだ寄り添って一緒に眠ることの多い、本当に仲良しな姉弟です。たくさん生まれた兄弟の中で生き残った二匹なのかもしれません。

     

  
   
さくらんぼの撮影をしていると、なんだろうと好奇心いっぱいで寄ってきました。
でも、そろりそろりと歩き、ガラス器を割ってしまうようなことは決してありません。器が入っている棚にも触りません。猫を飼うのは初めてのことで、どうなることかと思っていたので、それはとても意外で助かっています。
白い方が男の子の初(はつ)で、キジトラの方が女の子の千(せん)です。しっかりしている千がお姉ちゃん、千がいないとすぐに探しにいく甘えん坊の初が弟ということになっています。
我が家にたくさんの笑いを運んできてくれました。
   
   
     
天気予報は一週間先まで晴れマークはなし。
太陽待ちだった撮影もここらへんで手を打って始めなければいけないようです。
まとめて紹介したいと思っていつも先延ばしになってしまうので、まずは一度、七夕の夜を目標に更新できるようにと思っています。
西山芳浩さんのしのぎ鉢・角小瓶・江戸グラス・八角グラスなどを掲載予定です。
  
   

Category: 日々のあれこれ | Tag: