アーカイブ: 2018.10.26.Friday

柳弘之さんのハーバリウム

  

  
    
‘ハーバリウム’ 聞きなれない言葉でしょうか、植物標本瓶のことです。
こちらは、柳弘之さんがガラス器に合わせてブラックウォールナットで台と蓋を作られた作品です。散歩先から持ち帰った植物の欠片を、時々入れ替えて飾っておくような、そんな身近なイメージで使っていただくのも嬉しいです。

安定して手に入るちょうどよいガラス器を探すために、しばらく入荷をお待たせしていましたが、背の高いサイズも加わって2種類を三人展でご覧いただきます。
背の高い方は 高さが木部を入れて約24cm。ガラス器の直径が底から上に向かって数ミリ狭まっています。この直径と高さのバランスが気に入り、これで作っていこうと思われたとのこと。柳さんのこまやかな美意識を感じました。
  
中に入れる植物なども柳さんご自身が持参してディスプレイしてくださる予定で、このハーバリウムの自然な姿をご覧いただけると思います。
  
   *

タカラモノミツケタ
きたのまりこ(アクセサリー)/ keino glass(ガラス)/ 柳 弘之(木・造作物) 三人展
11/3(土)-9(金) 11:00-17:00
5(月)はお休み
gallaley maroom(府中市)にて
   
  

Category: 木工 | Tag: