アーカイブ: 2018.7.11.Wednesday

7月の展示のお知らせ

  

  
  
7/15(日)・16日(祝)・18(水)・19(木)・20(金)・21(土)  
11:00-17:00 Open

※17(火)はお休み

佐々木ひとみ作品展 + 常設展
gallaley maroomにて
  
  
百草の庭は、5月から府中市のgallaley maroomで毎月一週間のペースで営業しています。
先月、二度目の営業を終えて、今はここが「百草の庭」の場所だと思えるようになりました。

新しい場所で再スタートしたばかりのお店にとって、常設作家の皆さんからの納品はとても心強いものです。今週、このあとも続々と入荷の予定があり、先月とはまた違った趣きの充実した展示を楽しんでいただけそうです。

  
写真は、津村里佳さんの「しずくグラス」です。
グラスの縁に丸いガラス玉が輝いています。用途や使いやすさを先に考えずに、ただただ可愛いなという想いから生まれたもの。学生の頃から今も作り続けている作品ふたつのうちのひとつなのだそうです。

津村さんの作品はこのほか、径7cmミニドーム・18cmドームM・径12cmスクエアドームS・ペーパーウェイト「かたまりドーム」・吊り型ニワタヅミ・アオコバチ・シロコバチ・キャニスター(径15cmのみ)を展示いたします。
ひとつひとつ仕上がりは少しずつ異なりますので、ぜひ手に取ってお気に入りをお選びください。
  
  
後方の美しいシルエットは、松塚裕子さんの青の足付き花入れです。
昨年ご出産されて、しばらく制作をお休みされていましたが、この春から少しずつ活動を再開されました。
定番のレリーフ皿やマグカップのほかに、松塚さんのこんな今のカタチも届けてくれました。
  
  *

7月の常設展の主な展示予定です。
佐々木ひとみさんの作品展とあわせて、どうぞゆっくりとご覧ください。

・津村里佳さんのガラス
・松塚裕子さんの陶器
・Ombrageさんのドライフラワーの作品
・森田千晶さんの手漉き和紙の扇子・団扇(うちわは3点のみ)・ポストカード
・shioさんの香立て
・柴崎智香さんの蚊遣り・蚊取り線香立て・くるり手付き皿・燭台・風鈴
・card-yaさんの手描きの手ぬぐい(植物・フォント・パッケージ柄)
・huitさんの手刺繍のブローチ
・トモタケさんの泥染めのコースーター
・栗原志歩さんのペーパーウェイトや豆皿・ガラスの待ち針(2点)
・沖澤康平さんのReグラス・チョク・ピッチャーなどのガラスも少し 
・たくまポタリーさんの木瓜豆皿や菊4寸皿・灰釉芙蓉皿なども先月に引き続き展示します。

【追記】
・Omiさんのフランボワーズのジャム(650円)を販売します。
 omiさんがお母様と自家菜園で育てたフランボワーズを使用した季節のジャムです。
 たくさん入荷しますのでお取り置きも承ります。
 今月は焼き菓子の販売はお休みです。

  
  

松塚裕子さんの定番の茶・白・青の3色のレリーフの5寸皿・オーバル皿が入荷しました。
足つきカップ・長まるカップとピッチャーも数点ですが届いています。

久しぶりの入荷です。ゆっくりご覧いただき、長くお待ちくださっていた方々のもとに少しずつ行き渡ることを願っています。
なにごとのんびりな当店の場合は心配ないとは思まいますが、ご購入の点数制限をさせていただくことがあるかもしれません。何卒ご了承ください。

    
1枚1枚手描きされていると知ると皆さんびっくりされるcard-yaさんの手ぬぐい。
この写真のものは「パッケージ」柄です。
どうぞ広げてご覧くださいね。
  
  
  *
  
クレジットカードはお取り扱いしておりません。
現金のみのお支払いか、代金引換便での後日ご配送を承ります。
ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
    
   
gallaley maroomへの交通案内を記した庭だより →
maroomさんのFace bookには、先月、各駅などからの道順が画像でご案内されています。
  
  
   

Category: 陶磁器 | Tag: ,