アーカイブ: 2017.5.7.Sunday

ありがとうございました

 

mitome tsukasa 葉音のアクセサリー展は、会期を終了いたしました。
足をお運びくださった皆様に心から御礼申し上げます。

珍しく会期後半にお客様が増えていくというありがたい展示会で、終始和やかにゆっくりと作品をご覧いただき、最終日までよいご縁に恵まれました。
mitome tsukasaさんのアクセサリーを身に付けてきてくださる方も多く、それぞれお似合いでとても嬉しかったです。今展でお選びいただいたものも、また小さな日々の楽しみのひとつとなりますように。
   
   *
   
会期中に季節は春から夏へ。
私にとって丁子草は夏を告げる花です。

3月から続いた春の展示会を終えてほっとしています。
次回の営業は常設展です。平野日奈子さん・柳弘之さん・huitさん・card-yaさんなどの展示会でご覧いただいた作品もまだいろいろとあり、津村里佳さんのガラスが入荷したので、とても充実した展示をご覧いただけそうです。
mitome tsukasaさんの作品は、40点ほどを引き続きお取り扱いしています。会期中にご覧になれなかった方はぜひお出掛けください。

■次回の営業日のお知らせ

5月17日(水)- 21日(日) 11:00-16:00  常設展
20日(土)は18時まで営業します。
  

   *

昨日は、猛スピードで個展の搬出を終わらせ、楽しみにしていた男声六連の演奏会に行ってきました。私は合唱が好きで、中でも男声合唱が好きなのです。
六大学それぞれに個性があり聴きごたえのあるステージでした。慶應ワグネルの変わらぬやわらかな歌声に魅かれます。宮部みゆきの小説『ブレイブ・ストーリー』を原作とした合唱組曲にチャレンジした早稲田グリーの舞台は天晴でした。
総勢150名を超える合同ステージは、宮沢賢治の『永訣の朝』の熱演。続くアンコールは八木重吉 詩 / 多田武彦 作曲の『雨』でした。この曲を歌ってくれました。第一声から泣いてしまいます。雨森文也さんの指揮に導かれて学生達は歌い切った感じでした。幸せな時間でした。
  
   
   
    
雨のおとがきこえる
雨が降っていたのだ
あのおとのようにそっと世のためにはたらいていよう
雨があがるようにしずかに死んでいこう

八木重吉『雨』
  
  

Category: 日々のあれこれ