アーカイブ: 2017.4.21.Friday

是枝優喜子さんの「brass wreath」

 

是枝優喜子さんの「brass wreath」
小さな花が散りばめられて、春の歓びに満ちたようなリースです。

   *

初参加の優喜子さんからもメッセージをいただいています。

蔓に草や小花、時々針金も使い、リースやオーナメントを作っています。
今回は、真鋳のワイヤーで、ラウンド・オーバル・スクエア、いろんな形のリースをご用意しました。ナズナやスミレ、ビオラなど、をあしらって、春をイメージしたリースやオーナメントです。
草花を身近に。そして誰かのお気に入りになりますように。

   *

ドライの花材を、ほとんどご自分で作られているので、市販のリースでは見られないような花が使われています。植物好きのお客様が「フランネルが入ってる」と喜ばれていました。
brass(真鋳)のワイヤーをベースにしているので、このような細い仕上がりになるのですね。そして変形できる針金の良さを生かして、楕円や四角など自由な形でリースを作られています。

是枝優喜子さんの作品は本日完売しましたが、明日の朝、リースとモビールが数点追加で納品される予定です。

【追記】 リースとサークルのオーナメントが少しずつですが納品されました。
  
  
是枝優歓子 「brass wreath」 オーバル  ¥3,240-  Sold out
   
  

Category: リース・寄せ植え | Tag:

是枝錬太郎さんの植物の世界

 

今日も「道草日和」と言いたいような穏やかな気候の一日でした。
たくさんの方にお越しいただき、作品を前に楽しくお話しさせていただきました。
ありがとうございました。
  
   *

窓辺に置いた是枝錬太郎さんの寄せ植えが、庭の草木と溶け込んで見えます。
どのバスケットにも6~7種類の植物が自然な形で植えられています。ポットの苗をそのまま使わず、こまかく株分けして寄せているので、野原を切り取ったような自然な様子が生まれるんですね。大変な手間が掛けられて、素敵なワイヤーバスケットを使っているのに、本当に良心的なお値段です。

寄せ植えの在庫は4点となりましたが、私が素敵だなと思っていたものもまだ残っていて、お好みは様々と感じます。
気になっている方は、ぜひ週末お出掛けくださいね。

是枝錬太郎さんの「森飾り」。
裏側まで美しい葉で包まれ、ふわふわのラムズイヤーの上にこまかな植物の欠片を集めた、すべて植物で作られたオブジェです。
手のひらにのるくらいの小さなもの。ふんわり軽いです。
空想の森の世界へ漕ぎ出す舟のように思えたり、森の奥をのぞき込むような気持になったり。本当に美しいオブジェです。
huitさんの小さな紙片に描かれた絵が `カルト`が、この森飾りと響きあう感じがして、今日はこのふたつを並べて展示してみました。

生き生きと動きのある寄せ植えと、静かな森飾りの創作の世界と、是枝さんのお仕事の静と動のふたつの面をご覧いただける貴重な機会となりました。

是枝錬太郎  
寄せ植え・四角いワイヤーバスケット付き S ¥2,808- / M ¥3,564-/ L ¥4,860- ※ご配送はお受けしておりません。
森飾り  幅4.5cm×長さ12cm×高さ3cm前後  ¥4,320- ※ひとつひとつ素材や仕上りが異なります。

  

Category: リース・寄せ植え | Tag:

huitさんの刺繍ブローチ

 

気持ちのよいお天気の中、道草マーケットが始まりました。
ほとんどお客様が途切れることなく、お一人お一人がじっくりとご覧くださる嬉しい初日となりました。
常設コーナーのものも思いのほかお選びいただけて、とっても嬉しい一日でした。

huitさんの刺繍ブローチは、現在20点ほど展示中です。
同じものは二度と見られない個性的な面々がズラリと並んだ様子が愉快です。
huitさんのブローチはフェルトをベースにしているので、留め具を外してお洋服に縫い付けることもできます。ご自宅で手洗いしても大丈夫とのこと。白いシャツのポケットから彼らが顔を出しているところなど想像してみてください。思わず微笑んでしまいますよね。


huit 刺繍のブローチ
ジャロンパ王   横4.1cm×縦4.5cm ¥9,180-
画家のドロンコ   横4.5cm×縦6cm ¥11,880-

   *

広島で制作されているhuitさんから、自己紹介のメッセージが届きましたのでご紹介します。

初めまして。huitです。
2014年からふと刺繍はじまりました。
空の雲をみて「あ、クジラみたい」とか「あ、ネコみたい」とかありますよね?素材であるグレーのフェルトを見ているとそう見えてくるので、そのまま絵を描くような感覚で色を重ねています。
なので、同じことができません。何のイキモノかわからない時もあります。そんなところも、わたしにとても合っているようです。
出来上がると彼らが胸をはっているようで、いつも笑ってしまいます。出会ったお客さまもちょっとだけ くすり、と微笑んでいただけたらよいなぁと思っています。
百草の庭さんの、心がほぐれる空間で 彼らがお庭を眺めている姿を、よろしかったら散歩がてら見に行ってやってくださいませ。
  

   

Category: 布・革・羊毛・ニット