アーカイブ: 2016.9.18.Sunday

motorinue&Lokhmeさんの動物たち

 
こんばんは。
今日は展示会前日というのに、どうしても聴きたい合唱のコンクールがあって、午後からつい先ほどまで都心に出掛けておりました。
若い人たちの個性ある熱い合唱を聴いて、とても元気が出ました。
順位付けされてしまうコンクールではあるけれど、聴く者にとってはひとつの素晴らしい演奏会のように豊かな時間でした。

テンション高くなったまま..  さぁ、最後の展示チェックです。
  
   *
     
motorinue&Lokhmeさんの作品にはいろいろなトーンの色があるので、小さな空間できれいに展示するのはとても難しいのですが、初日はモリモリと並べてしまうことにします。
作品数は300点以上。並びきれずかごに入れてあるものも、手に取ってじっくりご覧いただきたいと思います。
  
今夜は、ミシン刺繍の動物たちにぐぐっと近づいてみます。

直線縫いのミシンで、布をクルクルと回転させてカメの甲羅の模様を描いています。
秋らしい色合わせのツートンカラーがとても素敵です。

カードケース「カメ」 ¥2,160- ・ ティッシュケース ¥1,728-

グラデーションのミシン糸で描かれたクジャク。

がま口・小 ¥2,808-

ナマケモノの顔は、こんな風に穴のようになっているんです。
なんともユーモラスなポーズです。
こちらは、motorinueさん作。

文庫本用ブックカバー ¥3,024- ・カードケース ¥2,160- 


  
ほのぼのしたペンギン。こちらはLokhmeさん作。

がま口・小 ¥2,808- Sold out / ブローチ「ペンギン」 ¥3,240-

motorinue(モトリーヌ)さんは神奈川県厚木市で、Lokhme(ロクメー)さんは京都府で、それぞれに制作活動をされています。
実はタグもそれぞれあるので、作品にはどちらかのタグがついているんです。どの刺繍がどちらの作られたものか、長いお付き合いで私はタグを見なくても分かるようになりました。
モトロクファンの皆さまはいかがでしょうか。
   

Category: 布・革・羊毛 | Tag:

「ミシンは歌う」 明日から始まります。

 

ミシンは歌う。
鉛筆、カメラ、東京タワー。
身近なものに目を留めて、絵を描くように。タッ タッ タッ タッ タ。
  
  
モトリーヌさんとロクメーさん、まだ家族が寝ている早朝を制作時間にあてて、たくさんの作品を作ってくださいました。
楽しい刺繍の数々をたくさんの方にご覧いただけますように。
  
   *
    
motorinue&Lokhme個展 「ミシンは歌う」
9月19日(祝)- 25日(日) 10:30-17:00
 会期中無休
  
初日の明日は、motorinueこと箱田元子さんがお店にいらっしゃいます。
皆様のお越しをお待ちしています。
  
  

Category: 布・革・羊毛 | Tag:

「ミシンは歌う」 作品いろいろ

 
日付が変わって、「ミシンは歌う」展はいよいよ明日からとなりました。
急いで撮った簡単な写真ですが、作品を少しご紹介します。

幅12cmと13cmの大きい方のガマ口です。
この他にもゴリラ・東京タワー・レース編みなどがあります。
個人的にはシックな麻布と組み合わせたオカメインコが大好き。サンマも気になります。

お馴染みのスナップ留めのコポチに斜め掛けできる革ひもをつけた新作の「コポシェ」です。
スマホが入るくらいの縦長サイズと、ひと回り小さな正方形、お子さんがハンカチと飴だけ入れるくらいの小さなもの。大きさはまちまちですが、大きく分けてこの3つのサイズがあります。

おにぎりの柄は、どこかに「うめ」とか「おかか」と書かれたものが隠れているので、探してくださいね。

ペンケースは全部で12点。
鉛筆柄は、鉛筆のところがポケットになっているのがちょっと嬉しいんです。
ポケットが付いても価格はほとんど変わらないところが、モトロクさんらしいです。
 
 
取り急ぎご紹介しましたが、気になるものはありましたか。
作品総数は300点以上。ブックカバー・ティッシュケース・カードケースなどの定番のアイテムも並べきれないほど作ってくださいました。
会期中にも少しずつご紹介していきたいと思います。
   

Category: 布・革・羊毛 | Tag: