アーカイブ: 2016.3.27.Sunday

二人展「カタチのゆくえ」 終了しました。

 

岩野彩・平野日奈子二人展「カタチのゆくえ」は、本日、会期を終了いたしました。
足をお運びくださった皆さまに心から御礼申し上げます。

平野さんの展示会は今年で5回目でした。4年余り前の初めての展示会から、一年一年力をつけられて、毎年楽しみに待ってくださるお客様が増えていくことが、本当にありがたく感じられます。定番のリム皿でも、こうすればもっとうまく焼けるんだという発見が今でもあるのだそうです。日々前進ですね。
そして、今展で初めてご覧くださった方も多い岩野さんの作品も、温かく迎えていただけたこと、とても嬉しく思いました。まだお若い岩野さんがこれから作り出すカタチの行方を、しっかり見続けていきたいと思っています。

この小さな店も、これからまだまだやれることがある、頑張ろう、という気持ちが静かに湧いてくるような展示でした。
  
   *
   
平野日奈子さんの一輪の花のための「道草花器」や、夕暮れの森を連想させるような色のコバルト釉のマグカップ、定番の粉引のパン皿やマグカップなど、お薦めのものがまだいろいろとございます。
今展の出品作品の一部を今週中にOnline Shopに掲載する予定です。
準備ができ次第、更新日をお知らせいたします。

岩野彩さんのスプーンや柿渋の平皿がとても好評でした。どちらも完売いたしましたが、早速制作をお願いして5月頃に再入荷の予定です。楽しみにお待ちいただければと思います。
   
   *
  
この一週間、ゆっくり外を歩いていなかったので、今日の閉店後に隣駅の聖蹟桜ヶ丘に買い物に行って、初めて今年の桜を見ました。五分咲きくらいでしょうか、駅前の大きな一本の桜の木がとてもきれいでした。温かく満たされた気持ちで見上げました。
ありがとうございました。
  

Category: 陶磁器 | Tag: