アーカイブ: 2016.3.17.Thursday

「カタチのゆくえ」

 

「カタチのゆくえ」
岩野さんと平野さんの二人展のDMの撮影をしている時に、ふと思い浮かんだ言葉でした。
お二人のもの作りにぴったりの言葉に思えて、展示会のタイトルにしました。
よい意味でとても頑なに自分の思い描く形を追っている作家ではないかと思うのです。

岩野さんから、作品の第一便が届きました。
今日ご覧いただくのは、二羽の白鳥のような銀杏の葉のような形の、手のひらに包み込めるくらいの小さなブローチです。
 
 
   *
 
  
3月の前半は、PTAの仕事と確定申告の作業で慌ただしく過ぎてしまいましたが、ようやく区切りがつき、気持ちは晴れ晴れとしています。

長女の高校の卒業式と謝恩会も無事に終わりました。男の子も女の子も父兄たちも涙々だった中学校の卒業式とはちがって、それぞれの進路へすでに気持ちは向かっているような、笑顔の門出の日でした。
自分の卒業式を思い返すと、中学も高校も特別な記憶はないのですが、ひとつだけはっきりと覚えているのは、大学卒業の時に学科の先生がはなむけの言葉として「孤独を恐れるな」と、そうおっしゃったことです。今でもいろいろな時にその言葉が思い出されます。
  
  
さぁ、明日から二人展の準備です。
何度経験しても、展示会の前は緊張してちょっとナーバスになるのですが、当日は皆さまと笑顔で作品を見られるように、落ち着いて準備を進めたいと思います。
21日から、楽しみにしていますね。
  
   

Category: 木工 | Tag: