アーカイブ: 2015.12.27.Sunday

2015年 ありがとうございました。

  
今年の営業を、無事に終えることができました。
年の暮れに、「どうぞよいお年を」と声を掛け合って、お客様をお見送りする時は、なんとも言えず満たされた気持ちになります。

今年一年、ありがとうございました。
坂道をのぼり、お店に足を運んでくださった皆さま、遠くで近くで、いつも「庭だより」をご覧くださっている皆さまに、心から御礼申し上げます。
   
年末年始は、12月30日から1月3日まで全ての業務をお休みいたします。
その間にいただいたご注文・お問い合わせには、1月4日(月) 以降にご返信させていただきます。
  
                   *
   
   

通信販売の年内の発送をほぼ終えて、主な棚卸も済ませ、ほっとひと息つきました。
今日になってようやく自宅のクリスマスの飾りを片付けています。

写真の陶器の人形は、私が幼稚園生の時にクリスマス会でもらった思い出のものです。
子供の頃から何度も引越しをしましたが、今も私の元にあって、40年以上クリスマスにはいつも飾っていることになります。私は歌が好きなので、特にこの人形がお気に入りなのかもしれません。
両親も私もキリスト教徒ではありませんが、当時、自宅からいちばん近かったカトリック系の幼稚園に通いました。シスター姿の園長先生のことや園内の教会での静かな礼拝の時間のことを、なんとなく覚えています。卒園式の日の写真が貼られたアルバムのページには、母の字で「お祈りする心を育ててもらいました」と書かれています。

クリスマスには、こんなよい思い出もあります。
長女がクリスマスイヴに生まれ、出産を終えた夜、面会の家族も帰宅してひとり病室で横になっていると、ドアが開き、子供の誕生を祝福してくれるように、廊下で聖歌隊が讃美歌を歌ってくれたのです。この偶然に感謝したのでした。

長女は高校3年生、今年18歳になりました。
合唱部の活動に明け暮れた高校生活でしたが、こつこつ勉強してきたことが実を結び、幸いにも推薦で希望の大学に進学できることになりました。入試前に、お風呂の中でも世界史の年号をつぶやいて猛ダッシュをかけた私とは大違いです。
その娘が、先日、アルバイトを始めました。まだ慣れないことも多く、疲れた様子で帰ってくる日もありますが、「あぁ、今日はだるくてバイトに行きたくない」と暗い顔で出掛けていった日に、「身体を動かして仕事をしていたら、ぽかぽかしてきて元気になった」と、帰宅後にさっぱりした様子で言った時は、嬉しかったです。こんなことを繰り返しながら、大人になってゆくのでしょう。
私も、仕事も家事も、もっとまめに動いて、元気を出していこう! と思います。

                   *

二日遅れのクリスマスの話など、長いお便りにお付き合いくださり、ありがとうございました。

先にお知らせしました通り、来年から、お店の営業日が変わります。
ご来店くださった方はご存知のように、百草の庭は、自宅を使った小さな店で、すべての業務を一人で行っています。常設時の営業・展示会・通信販売、どれも欠かせないものですが、いつも時間に追われて、十分な準備ができないことが悩みでした。営業日を集約することで、それぞれの仕事に、より丁寧に取り組めるようになると思います。
「日曜日(水曜日)が仕事の休みなので、お店に行けない」というお声をたくさんいただいていましたので、そのようなお客様も新たにお迎えできれば、嬉しく思います。ぜひ足をお運びください。
気持ちも新たに、より充実したお店作りに努めてまいります。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
  
   
皆さま、お健やかに、よいお年をお迎えください。
  
  
   

Category: 日々のあれこれ