アーカイブ: 2015.1.20.Tuesday

たくまポタリーさんのお皿 届いてます。

石川県金沢市で制作される、たくまポタリーさんの器が初入荷しています。
使いやすいお皿がいろいろと届いておりますよ。 手に入れたその日から、すぐに食卓に並びそうな器たちです。 飾らないしっかりとした働き者、なおかつ、ふんわりやさしいニュアンスがあります。 おー、こんな女性になれたらいいですねぇ。
「たくまポタリー」は、宅間祐子さんがお一人で器を作られる工房名です。 ポタリー”Pottery” は、英語で 「製陶所」 というような意味ですね。 宅間さんが、ご自分で作家名よりも工房名を名乗って活動されているわけは、器を見ていると、なんとなく納得するのです。

我が家で2年ほど前から愛用している小皿。 最初はこんなに真っ白だったんだ、と新たに納品されてきたものを見てびっくりしました。 おひたしやきんぴらなどの副菜に、和菓子やクッキー、果物も。 毎日のように使って、ほんのり色味がつき、良い感じに育っていることが分かりました。

「菊」 四寸皿  径12.3×高さ2.5cm  ¥1,620-

不規則な花びらの形が素敵な、7寸皿 「ハナ」です。
たくまポタリーさんのお皿は、「型打ち」という技法で作られています。 ロクロで成形した生乾きの素地を型に当てて形作るので、重ねたときにきれいに姿が揃います。 カップやお茶碗などは、少し伸びやかにロクロでひいて、と作り方を使い分けていらっしゃるのですね。 「ハナ」のお皿を重ねてみると、花びらのラインがきれいに重なりました。

「ハナ」 7寸皿 径21cm×高さ2.7cm  ¥3,888-  Sold out

この他、灰釉の芙蓉 6寸皿 ・5.5寸細リム皿 ・飴釉の10角6寸皿 ・生成りのおやつ皿、それから、こげ茶と生成りのマグカップ、グレーのほっこり碗が入荷しています。
いろいろなお皿が揃っている時に、手に取ってご覧いただければ嬉しいです。
   

Category: 陶磁器 | Tag: