アーカイブ: 2014.7.9.Wednesday

沖澤康平さんのワイングラス

   
岐阜県高山市で制作される 沖澤康平さんの工房名は「8823/glass work」。 8823は、ハヤブサと読みます。 ガラスの制作を始める前に、動植物の勉強をされていて、 ハヤブサが好きだったことから名付けたのだと伺っています。
高温のガラスの溶解炉のそばで過ごす夏の工房は、大変な暑さにちがいありません。 熱く溶けたガラスを瞬く間に形にし、そして生まれた作品は、こんなに涼やかなのですから、ガラス作りというのは、まったく特別なものに感じられます。

買い足してご愛用くださっている方も多い、沖澤康平さんのワイングラスです。
気取りなく、でも、いつものワインがちょっとよい気分で楽しめる、そんなグラスです。

沖澤康平 ワイングラス 
径8.0cm×高さ11.0cm ・ 八分目までで約120cc  ¥3,456-  【8/28追記】 再入荷しました。     
   

Category: ガラス | Tag: