アーカイブ: 2014.6.22.Sunday

ニワナナカマドの白い花

青々と茂った葉の中のニワナナカマドの花。 六月の曇り空に咲くこの花が好きです。
ナナカマドとは異なり、紅い実もならず紅葉もしないのですが、野趣あふれる葉の中に、花穂の小さなつぶつぶの蕾が開花していく様子が、可憐な植物です。 緑の背景があってこそ美しい花だなぁ、といつも思います。

                             *

昨日と一昨日は、学校行事が続き、二日続けて臨時休業をいただき、申し訳ありませんでした。
二人の娘が高2と中3になり、次女は今年は受験生、長女も早くもまた進路のことを考える時期になりました。 これからも、何度か学校説明会などでお休みをいただくことがあると思いますが、早めにお知らせ致しますので、どうかご了承ください。
一昨日、進路説明会に向かう道で、こんなことを思い出していました。 娘が幼稚園生の頃、よく大人たちに「大きくなったら、なにになりたいの」 ときかれるので、ある日、「大きくなったら、それからは、なににもなれないの?」 と言ったことがありました。 まったく素朴な疑問だったのでしょう。 そんなことはないよと答えたのだったか。 その頃は、自分が40歳を過ぎてから店を営むことになるとは思っていませんでした。 ずいぶん大人になってから 「お店屋さん」 になったものです。 どうしてこんなことができたのか、自分でも不思議に思います。 でも、昔から好きだったもの、自分がやってきたことは、やっぱりみんな今につながっているのだとも思います。
   

Category: 庭の草木, 日々のあれこれ