アーカイブ: 2014.5.22.Thursday

工房あめつちさんのそば猪口「ツバメ」

縞にツバメの絵付けが涼しげな、工房あめつちさんのそば猪口です。 径7.5cmほどの小振りなもので、お客様にお茶をお出しするときなどにもちょうどよいサイズです。
工房あめつちは、中川豪さん・美保さんのご夫婦のユニット。 豪さんが轆轤をひき、美保さんが絵付けをして生まれるその器は、どれも可愛らしくて品がよいのです。 在庫状況をよく訊ねられるのですが、現在、このツパメのそば猪口と、染付雌鹿輪花皿、うさぎの箸置きのみとなっています。 次回の入荷時期はまだ未定ですが、気長にお待ちいただければと思います。

工房あめつち  そば猪口「ツバメ」  径7.5cm×高さ6.4cm  ¥2,592-  Sold out
サノアイ  クルミの木のお盆  径 約25cm・無地  ¥6,800-

                             *

春から秋までを日本で過ごす渡り鳥のツバメたち、今は、子育ての真っ最中ですね。 百草園駅前の商店のあちこちの軒先で、可愛いヒナの姿が見られます。 親鳥がちゃんと等分にエサをあげているかが、いつも気になるところです。 観察していると、たくさん食べている子と、もらい損ねてばかりいる子が必ずいるんですもの! あのヒナ達が、やがて巣立っていき、秋にはオーストラりア北部やマレー半島まで飛行していくなんて、ちょっと信じ難い話です。 海を渡る鳥の姿を想像するたびに、ただただ凄いなぁ、と思います。
        

Category: 陶磁器 | Tag: ,