アーカイブ: 2014.5.18.Sunday

サノアイさんの木のバターケース

器は、いくつあってもよいものですけれど、バターケースとなると、ひとつのものをずっと使い続けることになりますね。 ぐっとくるようなお気に入りに出会わないと、なかなか買えないと思います。
私がサノアイさんの木のバターケースを使い始めて、2年半くらい経つでしょうか。 はじめは、バターを直接入れるのも冷蔵庫にしまうのも、ためらわれる気がしたものですが、今はバターを使い切ったら洗うくらいの大ざっぱな使い方をしています。 バターの油がなじんできて、よい具合です。 そして今でも時々眺めては、うん、すてき、と思います。 ふたに鋸跡が残り、横から見ると、ふたの真ん中が少し高く膨らんだ形が、とても気に入っています。 ふたの樹種を変えているところも、サノさんらしいです。

現在、クルミと黒クルミ(写真手前)、 黒クルミとアメリカンチェリー(写真奥)、 それから本体も蓋もクルミのものの3種類を在庫しています。 それぞれクルミの木のバターナイフが付属しています。 黒クルミのものは、紫色を帯びた薄褐色から濃褐色にきれいなグラデーションで変化している心材を使っています。 ぜひ手に取ってご覧ください。

サノアイ  バターケース 幅14.5cm×奥行9.2cm×高さ4.8cm  ¥8,800-(税込)
金子千晶  ランチョンマツト「すずなり」  幅43cm × 高さ27cm  ¥3,024-

現在、サノアイさんの作品は、お盆、ケーキスタンド、シュガーポット、サンキャッチャー、ジャムナイフを展示しています。 リムのデザインが印象的な「おぼん」 → は、現在、クルミ、黒クルミ、栗の3種類をご覧いただけます。    

Category: 木工 | Tag: