アーカイブ: 2014.5.15.Thursday

小澤基晴さんの淡黄釉の小鉢

こんがり焼けた卵焼きみたいな色合いの小澤基晴さんの器です。 昨年の展示会の折には、「黄色は元気が出る色だから好きなんです」と選ばれる方が多くて、予想以上に好評だった淡黄釉の器です。
径12.3cm・高さ7cmほどの大きさです。 「入れ小鉢」3点のうちの中サイズのものなのですが、肉じゃがをたっぷりよそったり、具だくさんのスープを入れたり、小丼のように使ったりと、なかなかに活躍してくれる器です。

アトリエか猫・金子千晶さんのランチョンマットは、小澤さんの器と相性が良いように思います。 写真の「スタッキングカップ」は、ブロンズ釉のような濃い色の器をのせると、よく映えますね。 シルクスクリーンで一枚一枚プリントされた金子さんの布には、どれも身近なモチーフから生まれるデザインの楽しさがあります。

小澤基晴  重ね小鉢(Mサイズ)  ¥2,808- 
金子千晶 ランチョンマット「スタッキングカップ」 幅43cm × 高さ27cm ¥3,024-  Sold out

   

Category: 陶磁器 | Tag: ,