アーカイブ: 2013.11.1.Friday

倉敷意匠計画室の白磁の切手濡らし

昔は切手を収集するのは男性が多かったそうですが、今は女性の方が多くて「切手女子」と呼ばれているのだとか。 そして、男性のコレクターと切手女子の違いは、男性は集めて保管しておく、女性は使って楽しんでいる人が多いのが特徴なのだそうです。 私も切手が好きですが、これは使ってこそ楽しいものだと思います。 季節に合わせて、手紙を送る人に合わせて、どれがいいかなぁと、切手を選ぶことが楽しいのです。 今日の写真の切手は、お気に入りの「日本の歌シリーズ」 のもの。 昭和50年代、封書の切手代が50円だった頃のものです。 記念切手は、封書用の80円切手の発行が多いので、この時代の50円切手を、はがき用に大事に使っています。 はがきのための50円切手をもっとたくさん作ってほしいなぁ。

切手女子の皆さまにお薦めのもの、倉敷意匠計画室の白磁の切手濡らしです。 手紙を書くことが、最後まで楽しくなるグッズですよ。 お仕事で切手をたくさん貼るという方も、いかがでしょうか。 作家さんの中にも 「DMの発送時に使います、今までスポンジを使ってました.. 」 と購入してくださった方がいらっしゃいましたっけ。
お揃いの白磁のシリーズのテープカッター(大・小) も、常時お取扱いしています。 こちらの庭だよりでご紹介しています。 →

倉敷意匠計画室  白磁の切手濡らし 径8cm ¥1,365- ・ 丸トレイ 径6.5cm ¥588-

Category: 文房具 | Tag: