アーカイブ: 2013年10月

「ノラヤのなべごよみ」 入荷しました。

今年も ノラヤ さんのカレンダーが入荷しました。
2014年のテーマはお鍋、「ノラヤのなべごよみ」です。 12ヶ月のお鍋のある風景が、切り絵をもとにしたカラフルな絵で描かれています。 添えられたノラヤさんの言葉は、1月の 「七草粥」から始まり、 「中華街で飲茶」「「ホットケーキの朝ごはん」「春野菜のスバゲッティ」「玉ねぎトントンハンバーグ」「ジャムを煮る」「チャーハンぱらぱら」「キャンプでカレー」「サンマを焼きます」「「ふかしいも」「ココアがあまい」、そして12月の「今夜はシチュウ」で終わります。 全部見てみたくなりますよね! お店に見本がございますので、ぜひ最後までご覧ください。
はがきサイズの12枚で、上部に穴があいていますので、ひもを通して壁にかけたり、マスキングテープなどで一枚ずつ貼るような使い方もできます。 お台所用の小さなカレンダーにぴったりですね。 使い終えたものは、切り抜いてカードに仕立てたいです。

ノラヤさんの「シュトレン」のポチ袋も店頭に並びました。 真っ赤な四角い紙に、銀のシュトレンがとてもキュートなポチ袋です。 ご紹介はこちらの庭だよりをご覧ください。 →

「ノラヤのなべごよみ」  ¥1,200-  ※月曜はじまりの表示です。12枚をパラフィン紙で包んであります。 Sold out

Category: 紙もの | Tag:

きたのまりこさんのピンブローチ「森の実」

駅からお店に向かう坂道に、コナラの木のどんぐりがたくさん落ちています。 時々、枝から落下してきて、コンと軽くよい音を立てます。
ひんやりした朝の空気、部屋の奥まで射し込む光、薄く広がる雲、金木犀の香り、色づく木の実、庭にくるヤマガラ。 毎日、どこかに秋を感じて、きれいな季節だなぁ、と思います。

秋を見つけた小さなサインを胸につけて歩きましょう。 きたのまりこさんの真鍮のピンブローチ「森の実」です。

きたのまりこ 「森の実」 くり Sold out ・ どんぐり 幅1.3cm×高さ1.7cm  布袋と桐の小箱付  ¥2,940-

   
                              *  
     
来月には、きたのまりこさんとクロヌマタカトシさんの二人展を予定しています。 たくさんの作品をご覧いただける機会です。 どうぞ楽しみにお待ちください。

きたのまりこ(金属) ・クロヌマタカトシ(木) 二人展
11月21日(木)~30日(土)  ※25日(月)・26日(火)はお休みします。
  

Category: 金属・アクセサリー・時計 | Tag:

ちょっと嬉しいもの、いろいろ。

店内を見回すと、小さな店には少し欲張った品揃えかなと思うほどいろいろなものがあります。 motorinue&Lokhmeさんのブックカバーの隣に柴崎智香さんの鉄のフックがあったり、TETOTEさんの手刺繍のポーチのそばに関美穂子さんのあぶらとり紙があったり、という具合。 手前味噌ですが、すごく楽しいお店じゃないかな!と思っています。

ひとつひとつ鉄を叩いて作り上げた柴崎智香さんのフックは、小さいながらも惚れ惚れするようなきれいな作品です。 家の中でここは大事だぞ~というところにぜひお使いください。 きっと素敵なポイントになると思います。

柴崎智香 鉄のフック 蜜ろう仕上げ・マイナスねじ付 幅2.5cm×高さ約8 cm ¥1,050- Sold out
motorinue&Lokhme 文庫本用ブックカバー「東京タワー」 ¥2,730-  Sold out

関美穂子さんの型染めをプリントした厚紙のケースに入ったあぶりとり紙は、中身も上質な金沢の箔一さんの「金箔打紙製法あぶらとり紙」です。
金箔を叩いて打ち延ばす際に、金箔と金箔の間に和紙が挟まれるのですが、繰り返し叩き続けられたその和紙は、皮脂をとてもよく吸い取るということで、ひそかに芸者さんたちに重宝がられていました。 これと同等な品質の和紙を作ろうと、箔打ち機を使い、打ち叩くことで紙の繊維をつぶし、極限まで密度を上げて作られたものが「金箔打紙製法あぶらとり紙」なのだそうです。 日本の金箔の99%は、金沢で生産されていることも初めて知りました。
関美穂子さんの写真の絵柄は「ぴーまんの中」という題なんです。 なんて自由な空想力なんでしょうね。 使い終えたケースは、ぜひカードの整理などにお使いください。

この他にも、倉敷意匠計画室で制作されている関美穂子さんのポチ袋・付箋帳などをお取扱いしています。 こんなちょっと嬉しいものも、いろいろ並んでいるお店でありたいです。

TETOTEさんの八角ポーチは、現在、写真の「ナンテン」と、緑の「コデマリ」、茄子紺の「オリーブ」→ の3つの柄を在庫しています。

関美穂子のあぶらとり紙 40枚入り ¥567- ・ TETOTE 「八角ポーチ」 ¥3,990-
  
   
明日は、Tette.さんの自家製酵母のパンを販売します。 皆さまのご来店をお待ちしております。
   

Category: 布・革・羊毛

motorinue&Lokhmeさんのポーチ「チョコレート」

motorinue&Lokhme(モトリーヌ&ロクメー)さんのミシン刺繍の布小物が入荷しています。
今日ご紹介するのは「チョコレート」のポーチです。 幅13cm×高さ9cmに、8cmのマチがついているので、かなり収納力がありそうです。 板チョコの刺繍部分がポケットになっているのですが、 嬉しいことに内ポケットまで板チョコの刺繍になっているんですよ。

この他、コバッグ、カードケース、ティッシュケース、平ポーチなど、各アイテムが少しずつ届きました。 ティッシュケースは、 栗 ・しかの親子 ・黒猫 ・ゴリラの4種類。 いつもくすっと笑ってしまうような楽しいモチーフを選ばれるお二人です。
カメラと黒猫の2種類のティッシュバッグ→ なども在庫しています。 ぜひ手に取ってご覧ください。

ポーチ 「チョコレート」 幅約13cm×高さ9cm×8cm ¥3,150- Sold out ・ 「バラ」 ¥3,045-
ティッシュケース  ¥1,365- ~ ¥1,470-  【11/20追記】 在庫は「くり」だけになりました。

Category: 布・革・羊毛 | Tag:

松塚裕子さんの「草花小瓶」

松塚裕子さんの「草花小瓶」は、高さが11cmほど、このまま飾っても、草花を入れても楽しめる、きれいな形の小瓶です。 ターコイズブルーが印象的なほっそりしたものと、腰がふんわり膨らんだ茶色のものの2点が届いています。 こうした花器は、形を決めずに、ひとつひとつ気持ちのままに作っていくそうです。 こうして眺めていると、このきれいな曲線を、轆轤(ろくろ)をひいて自在に作り出せるのはすごいことだなぁと、改めて感じるのでした。

松塚裕子  「草花小瓶」  ¥3,570-

Category: 陶磁器 | Tag:

アトリエか猫さんの「そらまめミトン」

アトリエか猫・金子千晶さんの「そらまめミトン」が入荷しました。 シルクスクリーンで一枚一枚プリントした、オリジナルの布を使って作られた鍋つかみです。 そら豆をかたどった形は、手を入れやすく、よく手に馴染みます。 断熱には、綿芯とタオルを挟み込んであるので、ふんわり感がありながらへたりにくい作りです。 裏側には、汚れの目立たない濃色のリネンツイードが使われています。
これひとつで、パッとお台所が明るくなりそうな、そんな魅力のある作品です。 写真手前から、パン・いくら・たまねぎ・バスケットの4種類の柄が届きました。

バゲット・シナモンロール・エピなどのパンが2色で描き出された「パン」の柄は、ランチョンマットも再入荷しています。 ぜひ広げてご覧ください。

アトリエか猫  そらまめミトン  約14×22cm ¥3,675-  Sold out
          ランチョンマット 幅43cm × 高さ27cm ¥2,940- Sold out 

【11/25追記】 
ランチョンマット「パン」は完売しました。また制作していただく予定ですので、楽しみにお待ちください。
現在は、「ピーナッツ」「いくら」の2点を在庫しています。

Category: 布・革・羊毛 | Tag:

10/5(土) Tette.さんのパンを販売します。

9月の企画展「おいしいパンがあったなら」でも、とても好評だった葉山のTette.さんの自家製酵母のパンを、今週の土曜日にも販売します。 おいしい食材がたくさん出てくるこの季節、どんなパンが届くか楽しみです。
写真(手前)は、昨年の秋にもご紹介した「秋の日のパン」。 ホクホクのかぼちゃを粗くつぶして、クルミとオーガニックレーズン・はちみつ・シナモンを合わせたフィリングを巻き込んだ季節のパンです。 とても印象に残っていて、今年もリクエストしました。 Tette.さんのパンは、副食材がとても贅沢に使われているものが多いです。 それは、noriさんが、本当にお料理が好きで、手間ひま惜しまずに材料の下ごしらえをしているからだなぁ、といつも感じています。
今月のメニューは下記の通りです。 おいしいものに誘われて、ぜひお出掛けくださいね!

・ 秋の日のパン
・ ハーブと岩塩のフォカッチャ
・ チョコといちぢくのライ麦パン
・ クランベリーとホワイトチョコ入り エスプレッソパン
・ けしの実とプルーンとオレンジピールのマフィン
・ チェダーチーズと黒胡椒のスコーン

※写真は、昨年の秋のTette.さんのブログからお借りしました。

Category: おいしいもの