アーカイブ: 2013.7.9.Tuesday

二人展「夏の自由時間」  勝手にコラボ!

「夏の自由時間」
7月11日(木)~20日(土)  11:00~17:00  ※16(火)はお休み 

 
アトリエか猫 ・金子千晶   7/11(木)・13(土)・20(土) 在店
motorinue&Lokhme  7/14(日) 在店

二人展「夏の自由時間」が、明後日の11日(木)から始まります。 布ものの作り手同士の企画展は初めてですが、とってもカラフルな心弾む空間になりました。
今日は「勝手にコラボ!」と題して、アトリエか猫さんのオリジナルプリントとmotorinue&Lokhme(モトリーヌ&ロクメー)さんのミシン刺繍の小物を組み合わせてご覧いただきます。
1枚目の写真は、ポケットポシェット「マスタード」 × ティッシュケース「ゴリラ」です。 ぴったりですね! えっ、ゴリラでない方がよい?

まゆバッグ「風」 × カードケース「すいか」

四角い底のリネントート「音色」 × テイッシュバッグ「さる」

2wayショルダー「カトラリー」 × ティッシュケース「きゅうり」

ちびトート「めがね」 × ピンバッジ「実のなる木」

最後は、タスキショルダー「パイル」 × カードケース「ねこ」です。
肩の力が抜けて、自由なものづくりをされている三人から、元気をもらえることまちがいなしです。 手に取って、肩に掛けて、ゆっくりとご覧いただければ幸いです。

もうひとつ、お知らせです。
初日からOmiさんの焼き菓子を販売します。 今回のメニューは、徳島産の文旦のピールと白いちじくを入れたカップケーキ「文旦ケイク」と、自家栽培の落花生入れたざっくりした生地にきなこと和三盆をまぶした「きなこ和三盆クッキー」、定番のざくざくビスコッティーの3種類です。 こちらもどうぞお楽しみに。
 

Category: 布・革・羊毛 | Tag: ,

アトリエか猫さんのオリジナルテキスタイル

「夏の自由時間」 アトリエか猫 ・ motorinue&Lokhme 二人展
7月11日(木)~20日(土)  11:00~17:00  ※16(火)はお休み 

二人展「夏の自由時間」、いよいよ2日後からです。 アトリエか猫・金子千晶さんからも大ーきなダンボール箱いっぱいに作品が届きました。 「私だったら、これを選ぶな!」「でも、こっちもいいなぁ…」 と、いつにも増して使い手の気分になって搬入の作業を進めています。
シルクスクリーンで一枚一枚布をプリントする様子をまとめた素敵な画像を、アトリエか猫さんのHPからお借りしました。 こうして作られたオリジナルの布が、バッグやテーブルウェアなどの小物に仕立てられます。

金子千晶さんは、デザイナーの両親と服作りに携わる祖母・叔母の影響で、幼い頃からもの作りが大好きだったとか。 生まれて初めて使ったミシンは、工業用ミシンだったと伺っています。 もっと自分の好きな布を使って作りたいと思うようになり、いちばん最初は「プリントごっこ」を使って布を作ったそうです。 (「プリントごっこ」は、私の世代にはとても懐かしい。年賀状といえば「プリントごっこ」で刷っていましたが、そこから創作の世界が広がった人もたくさんいたと思います。) 金子さんは、エディトリアルデザイナーとして仕事をされたのち、現在の創作活動に入られました。

浴衣に合わせたらすごく可愛いだろうなぁ、と思いました。小ぶりな 「たまごがまぐち」です。 この2点のプリントは、今回、初お披露目の柄。 手前が 「わごむ」、奥は「たまねぎ」です。 金子さんのデザインのモチーフは、いつも身近なところにあるのです。

本当にいろいろな形のバッグが届きました。 かっちりとしたボックストートから、くたっと柔らかなリネントートや「ちびトート」まで。 ポシェットやショルダーバッグもたくさん。 布の魅力を最大限に生かし、それぞれに使い心地もよく考えられた形です。 印鑑ケースになる「ちびがまぐち」や、ランチョンマット・そらまめミトン・コースター・てぬぐいも出展されています。
「シンプルだけど力強く、そして手描きならではのやわらかさで」。 そんなオリジナルのテキスタイルから生まれる作品の数々を、この機会にぜひご覧ください。 金子千晶さんは、11日(木)・13日(土)・20日(土)にお店にいらっしゃいます。

たまごがまぐち  幅 15cm × 高さ(口金含まず) 17.5cm  ¥4,410-  Sold out

Category: 布・革・羊毛 | Tag: