アーカイブ: 2013.4.16.Tuesday

西山芳浩さんのガラスの器

西山芳浩 ・ mitome tsukasa 二人展が、明後日から始まります。
今日、西山芳浩さんからたくさんの作品が届きました。 ガラスの出展作品の開梱作業は半日がかりです。 新聞紙にくるまれたガラスの作品を、あっ、これ、きたきた.. とか、おーっ、力作だ .. とか、ひとつひとつ楽しみながら、感謝・感謝の気持ちで取り出しました。

西山さんのガラスは、繊細な表情と、日常の器として使えるおおらかさを併せ持っているように思います。 グラスやピッチャー、モール鉢など、日々の食卓が楽しくなるいつもの器が多数届いている他、展示会ならではの蓋物や色ガラスを使った一点もの、インカルモボウルなども届いています。
撮影時には日が影り始めて、少し暗く写っていますが、こんな色合いのガラスもまたよいですね。磁器の蓋のついた「色変わり重ね箱」です。 2段のものと3段のものが届いています。 かなり思い切ったお買いものになりますけれど、本当にいろいろな使い方を楽しめる、美しい作品だと思います。

「色変わり重ね箱」 磁器の蓋:日下華子 作
ひとつの鉢の径 11.7cm × 高さ 5.5cm  3段 (白磁の蓋付き) ¥31,500- ・ 2段(染付の青い蓋付き) ¥22,050- 
「鶴首花器」 ¥5,880- ・ ¥6,300- ・ 7,350-

今回、グラス類が大変充実しています。 昨年の夏、とても好評だった「しのぎグラス」 もたくさん並びます。 お酒を楽しむためのグラスがほしいなぁ、と思っている方は、きっと素敵な一点に出会っていただけると思います。 会期中もいろいろな器をご紹介していきますので、どうぞお楽しみに。

八角グラス(中) 径 7cm × 高さ 約8.8cm  ¥2,730-

1979年生まれ、愛媛県ご出身の西山さんが、ガラスの世界に入られたのは17歳の時のこと。函館のガラススタジオからスタートし、その後いくつかのガラス工房で修業を続け、2004年に金沢卯辰山研修所でさらに学ばれたあと、現在も金沢市で制作をされています。
様々な手法で多彩な作品を作られている西山さん。 高度な技術になると、作り方を伺っても、なかなかすぐには理解できないこともあるガラスの制作工程なのですが、ぜひ西山さんにいろいろなお話を伺ってみてください。 西山芳浩さんは、初日16日(木)のお昼過ぎからお店にいらっしゃいます。

西山芳浩(ガラス) ・ mitome tsukasa(金属) 二人展
4月18日(木)~4月27日(土) 11:00~17:00 ※22日(月)・23日(火)はお休みします。

※当店ではカードのお取扱いがございません。 ご不便をお掛け致しますが、ご了解ください。

Category: ガラス | Tag:

ガラスと金属のコラボレーション作品も。

西山芳浩さんとmitome tsukasaさんが、ガラスと金属のコラボレーション作品を作ってくださいました。 モビールとピアスが届いています。 これからの季節、ガラスが涼しげに揺れて、とっても素敵でしょうね。
お二人は、一昨年には当店で、昨年は香川で展示(初日の様子をリンクさせていただきます→ をご一緒されていて、今回の二人展に向けて「コラボのものも作ります」 とお二人の方からお話があったのでした。 なんとありがたいことです! お世話になっている作り手同士のつながりは、とても嬉しく、心強いものです。

ガラスの輝きと、金属の輝きと。 心躍る作品です。 どうぞお見逃しなく。

西山芳浩・mitome tsukasa
ピアス 「leaf」 ガラス+真鍮 ¥10,500- Sold out  ・ ガラス+シルバー ¥9,450- 
ピアス 「lace」 ガラス+真鍮 ¥10,500- Sold out  ・ ガラス+シルバー ¥9,450-
※真鍮のピアスは、耳に通す部分には金の素材が使われています。

Category: ガラス, 金属・アクセサリー・時計 | Tag: ,