アーカイブ: 2013年4月

西山芳浩さんのガラスの器

西山芳浩 ・ mitome tsukasa 二人展が、明後日から始まります。
今日、西山芳浩さんからたくさんの作品が届きました。 ガラスの出展作品の開梱作業は半日がかりです。 新聞紙にくるまれたガラスの作品を、あっ、これ、きたきた.. とか、おーっ、力作だ .. とか、ひとつひとつ楽しみながら、感謝・感謝の気持ちで取り出しました。

西山さんのガラスは、繊細な表情と、日常の器として使えるおおらかさを併せ持っているように思います。 グラスやピッチャー、モール鉢など、日々の食卓が楽しくなるいつもの器が多数届いている他、展示会ならではの蓋物や色ガラスを使った一点もの、インカルモボウルなども届いています。
撮影時には日が影り始めて、少し暗く写っていますが、こんな色合いのガラスもまたよいですね。磁器の蓋のついた「色変わり重ね箱」です。 2段のものと3段のものが届いています。 かなり思い切ったお買いものになりますけれど、本当にいろいろな使い方を楽しめる、美しい作品だと思います。

「色変わり重ね箱」 磁器の蓋:日下華子 作
ひとつの鉢の径 11.7cm × 高さ 5.5cm  3段 (白磁の蓋付き) ¥31,500- ・ 2段(染付の青い蓋付き) ¥22,050- 
「鶴首花器」 ¥5,880- ・ ¥6,300- ・ 7,350-

今回、グラス類が大変充実しています。 昨年の夏、とても好評だった「しのぎグラス」 もたくさん並びます。 お酒を楽しむためのグラスがほしいなぁ、と思っている方は、きっと素敵な一点に出会っていただけると思います。 会期中もいろいろな器をご紹介していきますので、どうぞお楽しみに。

八角グラス(中) 径 7cm × 高さ 約8.8cm  ¥2,730-

1979年生まれ、愛媛県ご出身の西山さんが、ガラスの世界に入られたのは17歳の時のこと。函館のガラススタジオからスタートし、その後いくつかのガラス工房で修業を続け、2004年に金沢卯辰山研修所でさらに学ばれたあと、現在も金沢市で制作をされています。
様々な手法で多彩な作品を作られている西山さん。 高度な技術になると、作り方を伺っても、なかなかすぐには理解できないこともあるガラスの制作工程なのですが、ぜひ西山さんにいろいろなお話を伺ってみてください。 西山芳浩さんは、初日16日(木)のお昼過ぎからお店にいらっしゃいます。

西山芳浩(ガラス) ・ mitome tsukasa(金属) 二人展
4月18日(木)~4月27日(土) 11:00~17:00 ※22日(月)・23日(火)はお休みします。

※当店ではカードのお取扱いがございません。 ご不便をお掛け致しますが、ご了解ください。

Category: ガラス | Tag:

ガラスと金属のコラボレーション作品も。

西山芳浩さんとmitome tsukasaさんが、ガラスと金属のコラボレーション作品を作ってくださいました。 モビールとピアスが届いています。 これからの季節、ガラスが涼しげに揺れて、とっても素敵でしょうね。
お二人は、一昨年には当店で、昨年は香川で展示(初日の様子をリンクさせていただきます→ をご一緒されていて、今回の二人展に向けて「コラボのものも作ります」 とお二人の方からお話があったのでした。 なんとありがたいことです! お世話になっている作り手同士のつながりは、とても嬉しく、心強いものです。

ガラスの輝きと、金属の輝きと。 心躍る作品です。 どうぞお見逃しなく。

西山芳浩・mitome tsukasa
ピアス 「leaf」 ガラス+真鍮 ¥10,500- Sold out  ・ ガラス+シルバー ¥9,450- 
ピアス 「lace」 ガラス+真鍮 ¥10,500- Sold out  ・ ガラス+シルバー ¥9,450-
※真鍮のピアスは、耳に通す部分には金の素材が使われています。

Category: ガラス, 金属・アクセサリー・時計 | Tag: ,

mitome tsukasa さんのアクセサリー

西山芳浩(ガラス) ・ mitome tsukasa(金属) 二人展

4月18日(木)~4月27日(土) 11:00~17:00 ※22日(月)・23日(火)はお休みします。
西山芳浩・mitome tsukasa 在店日 : 18日(木)

18日(木)より、西山芳浩さんとmitome tsukasaさんの二人展が始まります。これまでになくたくさんの作品をご覧いただける機会になりました。 一人でも多くの方にお二人の作品の世界を楽しんでいただけますよう、ご来店を心からお待ちしています。

今日は、ひと足先に届いたmitomeさんの作品についてご紹介します。
金属工芸の技術は大きく鍛金・彫金・鋳金の3つに分けられます。 その中でmitomeさんは、「鋳金(ちゅうきん)」という技法で作品を作られています。 金属を溶かして型に流し込むことで成形する技法です。 ロウ(ワックス)で原型を作り、いくつかの工程を経て鋳造工場で鋳造された金属を、何度も叩いて、磨いて、丁寧に研磨して作品に仕上げていきます。 一度鎔かすことで金属に空気が含まれて、やわらかな表情になることが特徴です。

ピアス (左手前から反時計回りに)
「berry」 真鍮・14金 ¥10,500- Sold out ・ 「spangle」 シルバー ¥8,400-
「dahlia」 シルバー ¥11,025- ・ 「ivy」 真鍮・14金 ¥10,500-  
※それぞれシルバーと真鍮があります。 真鍮の作品は、耳に通す部分に14金が使われています。

mitome tsukasaさんは、ヨット発祥の地として知られる神奈川県の葉山で制作をされています。生まれたときからずっと離れることなく葉山で暮らされているのだとか。 海があり山がある、自然豊かな葉山の地で、水の動きや四季の植物から日々たくさんのインスピレーションを受けて制作されているのだと思います。

ネックレス・ブローチ・ブレスレット・ピアス、どれも大変充実しています。イヤリング・バングル・トゥリングも数点ずつ届いています。 mitomeさんのアクセサリーは、身に着けたときの軽やかさも魅力です。 あれこれ迷いながら、鏡の前でお試しになって、楽しい時間を過ごしていっていただけたら嬉しいです。
mitome tsukasa さんは、初日18日(木)の開店時間11:00から終日お店にいらっしゃいます。
 
※当店ではカードのお取扱いがございません。 ご不便をお掛け致しますが、ご了解ください。
      

Category: 金属・アクセサリー・時計 | Tag:

サノアイさんの手回しオルゴール

4月になり、新生活を迎えられた方もいらっしゃることと思います。
我が家にも入学したての高校1年生がおりまして、私は7年ぶりに朝のお弁当作りが始まりました。1日目、2日目、3日目、元気に帰宅したのでひと安心です。 なにやら慌ただしく、今週はずっと「庭だより」を更新できず、また、今日は営業時間を変更させていただき、申し訳ありませんでした。 いつも営業日には欠席してしまう学校の保護者会ですが、年度始めなので思い直して出席してきたのでした。

今日からまた張り切ってお便りを書いていきたいと思います。
mitome tsukasa さんからは、18日(木)から始まる二人展の作品が早々に届きました。 お二人それぞれ約200点の出展で、大変見応えのある展示になりそうです。

今日は常設の作品の中から、サノアイさんの手回しオルゴールをご紹介します。
とても好きな作品なので、このままいつもお店に置いておきたいような気持ちもしています。 この機会にたくさんの方にご覧いただければ嬉しいです。 木の箱の中で音が響き、とてもきれいな音色がします。 このろうそく柄のオルゴールの曲目はチャップリンの『ライムライト』で、ほんの一節でもちょっとじんとくるようなメロディーです。 ご来店された折には、ぜひ最後まで回して聴いてみてください。

card-yaさんからは蜜ろうキャンドルが届きました。 アナベルやミモザなどの小さなドライフラワーを埋め込んだ春らしい色合いの「KANOKO-s」や、ミニキャンドルセット、黄色い小鳥のろうそくなどが再入荷しています。
その他の主な在庫状況については「お知らせ」のページをご覧ください。来月までの営業日カレンダーと2013年のこれからの展示会の日程も掲載しました。

明日は、常設の展示で営業しています。 皆さまのご来店をお待ちしています。

サノアイ  手回しオルゴール 『ライムライト』 ¥5,300-  Sold out
【4/15追記】 しばらくお店にあるかなぁと思っていましたが、早々にお嫁に行きました。ぜひまた作っていただきますね!

Category: 木工 | Tag:

4月12日(金)の営業時間変更のお知らせ

 
誠に勝手ながら、4月12日(金)の営業時間は、10:00~14:00とさせていただきます。

明後日の4/12(金)は、都合により14時で閉店させていただきます。 急なお知らせになってしまい、ご予定くださっていた方がいらっしゃいましたら、大変申し訳ありません。 1時間早く10時からお店を開けますので、よろしければ早い時間にお出掛けください。
今週は、常設の展示で営業しています。 よいお天気が続きそうですから、お散歩がてらぜひお出掛けください。

Category: お知らせ

西山芳浩 ・mitome tsukasa 二人展のお知らせ

西山芳浩(ガラス) ・ mitome tsukasa(金属) 二人展

4月18日(木)~4月27日(土) 11:00~17:00 ※22日(月)・23日(火)はお休みします。
西山芳浩・mitome tsukasa在店日 : 18日(木)

西山芳浩さんのガラスとmitome tsukasaさんの鋳金のアクセサリー、百草の庭では二度目の顔合わせとなるお二人です。ガラスと金属のコラボレーションによるモビールやピアスなども出展されます。 春の光を受けて輝くお二人の作品を、どうぞゆっくりとお楽しみください。

初日の18日(木)には、お二人揃って在店されます。 西山さんは石川県金沢より、mitomeさんは神奈川県葉山よりおいでくださいます。 平日ではありますが、ご都合がつきましたら、ぜひお二人に会いにいらしてください。 会期中の営業時間は17時までです。

また、前回の展示で好評だったOmi さんのシフォンケーキ・ビスコッティーなどの焼き菓子を販売します。 こちらもどうぞお楽しみに。

                              *

DMの左側の写真の作品はなんだろう、どんな大きさなんだろう、と思われた方がいらっしゃるかもしれませんね。 西山芳浩さんの円錐のガラスのオブジェに、mitome tsukasaさんのブレスレットを掛けています。 それぞれの素材が際立って不思議な存在感を見せている気がします。 ひとつひとつ大きさも形もちがうガラスのオブジェは、写り込む景色によっても表情が変わります。 指輪が掛かるような小さなものから、いろいろな大きさのものを作っていただいています。 ぜひ実際にご覧になってください。

透かし模様のような繊細なモチーフが美しいブレスレット「doily」です。 身に着けたら、指先の動かし方まで、いつもとは少し違ってエレガントになりそうな気がしますね。


西山芳浩 蓋物  ¥9,450- Sold out ※入荷待ちです。 ・ 円錐のオブジェ (大) ¥2,940-
mitome tsukasa  ブレスレット 「doily」 真鍮 ¥11,550- ・ シルバー ¥14,700

Category: お知らせ | Tag: ,

西山芳浩さんの八角ピッチャー

春うらら。 鳥のさえずりがあちこちから聞こえてきます。
庭の石垣の上の藪の中にちらちらと山吹色が見えているのは、その色の名の由来となった山吹の花です。 私が子供の頃には、学校で使う12色の水彩絵の具の中に「ヤマブキイロ」という色があったのを記憶しています。 「ヤマブ」の意味は考えずに 「ヤマブ黄」なのだと思っていました。 大人になってから「山吹」という花があることを知りました。

西山芳浩さんの八角ピッチャーは、ミルクや色鮮やかなフルーツソースなどを入れるのもよいですが、こうして花入れとして使うのもお薦めです。枝ものをさっと入れるだけで絵になります。
4月18日(木) からは、mitome tsukasaさんとの二人展が始まります。 型吹きガラスのゆらいだような肌、やわらかなフォルム、モールの影、様々な表情をもつ西山芳浩さんのガラスの器を、ぜひこの機会にご覧ください。

西山芳浩 八角ピッチャー 6.5×6.5× 高さ11.2cm  ¥2,940-

Category: ガラス | Tag:

6日(土) Tette.さんのパンを販売します。

明後日の6日(土)は、Tette.さんの自家製酵母のパンとおやつを販売します。 週末はまたお天気が崩れるようですが、雨の中を来ていただいても、きっと満足していただけるおいしいパンなのです。 ぜひお出掛けくださいね。
天然酵母のベーグルは、もっちりとして噛み応えがあります。 今月は、自家製のつぶあんとクリームチーズを包んで、桜の塩漬けをのせたベーグルを焼いてくれます。 その他、メニューはこちらの5種類です。

・ 桜とあんことクリームチーズのベーグル  
・ くるみのメイプルキャラメル 
・ ぶどうとくるみのイングリッシュマフィン 
・ チェダーチーズと黒こしょうのスコーン
・ オートミールクッキー「ざくざく」 (山ぶどうとローズマリーの2種類)

「くるみのメイプルキャラメル」が久々に登場で、くるみの好きな私はとっても嬉しいです。 メイプルシロップたっぷりのキャラメルをからめたくるみが、ボリュームいっぱいにサンドしてある白パンです。

Tette.さんは、毎週金曜日だけ、神奈川県葉山の工房でパンを販売されています。→
百草の庭と営業日が重なっていることもあって、まだ行ったことがないのですが、いつかは行ってみたいなぁ。 明日も営業されていますので、お近くの方はぜひ訪ねてみてください。 こんな看板が出ているはずです。

Category: おいしいもの

岩野彩さんの蟲笛

今日は、杉の木で作られた岩野彩 さんの蟲笛をご紹介します。
「蟲笛(むしぶえ)」 というものをご存知でしたでしょうか。 ひもを持って大きく振り回すと、ひゅーっと小さく風がうなるような音がします。 蟲笛は、世界各地でバッタなどの虫を追い払うために使われている道具であり、いにしえの時代には、自然に宿る精霊を呼び寄せる時に使われる楽器であったとも言われています。 映画 『風の谷のナウシカ』 の中で、怒り狂うオーム(蟲)を鎮め、森へ返すために、ナウシカが蟲笛を鳴らしたことを思い出された方もいらっしゃるかもしれません。
実際にどのような効用があるか確かではありませんが、成瀬さんが、図書館で見た世界の木の道具を紹介する本の中で、ぜひこれを作ってみたいと思われたのと同じように、きっとこの蟲笛をおもしろがってくださる方がいるように思います。 お守りのように持ち歩いて、山歩きを楽しんでいただけましたら。 時々ひゅーっと鳴らしながら。

岩野彩 蟲笛  径2.5cm × 長さ 5cm  首から下げる長さの麻ひも付き  ¥2,700- 

Category: 木工 | Tag: