アーカイブ: 2013.3.3.Sunday

津村里佳さんの保存瓶

季節ごとに果物のコンポート作りを楽しんでいる方や、乾物を瓶に入れて保存されている方に、とっておきの津村里佳さんの保存瓶のご紹介です。 吹きガラスならではのぽってりとしたやさしいラインのボトルに、カットガラスの持ち手。 重い瓶を持ち上げる時に手をすべらせることのないように、ボトルの上部は手が掛かるデザインになっています。
保存瓶として大切なこと、蓋をぴたりとガラス瓶におさめるために、共擦り(ともずり)という作業をするそうです。蓋と瓶の口の間に砂をはさんで根気強く擦り合わせていきます。 蓋がゆるくてもきつくても使い物にならないので、こればかりは機械で研磨することはできず、手作業で時間をかけてやるしかないのだとか。食の道具として気持ちよく使えるように、手間ひま惜しまず作られた作品なのです。

現在、持ち手を含む高さが17cmのSサイズと、23.5cmのLサイズの2点の在庫があります。 ピクルスが大好きな津村さんは、夏には丸ごとのきゅうりをLサイズの瓶にたくさん漬けて、そのままテーブルに出してぽりぽり食べているそうですよ! 想像すると、とっても楽しい食卓ですね。

保存瓶 Sサイズ  下部の径8.6cm×蓋を含まない瓶の高さ12.8cm ¥8,400-  Sold out
保存瓶 Lサイズ  下部の径11cm×蓋を含まない瓶の高さ18.2cm ¥12,600-  Sold out

Category: ガラス | Tag: