アーカイブ: 2013年2月

増田由希子さんの「メリーゴーランド」

増田由希子さんのワイヤー花器「メリーゴーランド」です。
とっても素敵な花のあしらい! それもそのはず、増田さんがアレンジされたお写真をお借りしました。 リースやワイヤー花器をお取扱いさせていただいている増田由希子さんは、フラワーコーディネーターとしてご活躍されているのです。 「蔓性の植物をからませると素敵ですよ」とアドバイスをいただいたことがあったのですが、こんな風になるんですねぇ。

円形の幅広のブリキにワイヤーで小さな試験管が5つ下がっていて、遠くから見ても軽やかな姿が印象的です。 花がなくても、形ちがいの葉っぱを何枚か入れるだけでも素敵なのです。
現在、増田さんのワイヤー花器は、「メリーゴーランド」「泡々花器」「Sabi花器」の3種類を在庫しています。

増田由希子  「メリーゴーランド」 径 約14cm × 高さ 約26cm  ¥3,990-  ※2013年5月 再入荷しました。

                             *

今日、上の娘の高校受験が無事に終わりました。 試験当日に元気に全力を発揮できるようにと、それだけを願っていました。 本人の希望した高校に通えることになり、ほっとして、やはりとても気持ちが軽くなりました。 
これから先、強くて立派な大木にはなれなくても、嵐の日にもぐーっとしなって折れてしまうことのない しなやかな枝のように、たくましく優しい人になってほしいと思います。

明日から3月。 また新たな気持ちで仕事に励みます。
  

Category: 日々のあれこれ, 金属・アクセサリー・時計

西山芳浩さんの角小瓶

まだ風は冷たいけれど、陽射しはすっかり春ですね。 駅前の花屋さんに、珍しくアオモジの枝ものがありました。 庭にはクロモジの木がありますが、アオモジという種類もあるんですね。 クロモジに比べて樹皮が青みを帯びているようです。 ほんのり黄みがかった花の色は、早春の色という感じがします。 春は近し。 元気が出ます。

ひと枝を、西山芳浩さんの角小ビンに挿しました。 一輪の花を入れても、なにも入れずにひとつ飾っておいても、いくつか並べても、いつでも絵になる素敵な作品です。
この角小瓶は、溶かしたガラスを竿に巻き付けて吹く宙吹き技法の中の「型吹き」と言う技法で作られています。 西山さんが自ら金属を溶接したり旋盤をかけたりして作った型の中でガラスを吹きます。 ゆらゆらとしたガラスの肌は、高温のガラスが金属に触れ、急に冷めることによってできるもの。 吹き込む時のガラスの温度や厚みで表情が大きく変わり、そんなちょっとした発見が作っている時の楽しみでもあるそうです。
開店以来ずっと定番でお取扱いしている、愛着のある作品です。 現在、大・小・背高ノッポの3種類を在庫しています。

西山芳浩 角小ビン 
大サイズ  幅6 × 奥行2.5 × 高さ約12cm ¥2,835- ・  小サイズ 幅5.4 × 奥行2.2 × 高さ約11cm ¥2,520-
縦長型 幅4.5 × 奥行2.4 × 高さ約14.5cm ¥2,940-
 

Category: ガラス | Tag:

戸田文浩さんのしのぎカップ

初めてのご紹介、戸田文浩さんの陶器が届いています。
こちらは、「柔手」 と名付けられた灰釉粉引のシリーズの「しのぎカップ」です。 土の素材の魅力が十分に伝わってくる作品です。 8分目までで150mくらいの容量、手に持ったときの収まり具合もちょうどよく、いつも傍に置いて使う日常の器になりそうです。

戸田さんは埼玉県所沢市で作陶されています。 粉引、白陶、彩陶、磁器と、いろいろな器を作られているのは、「新しいことへの好奇心がそうさせているよう」 。 土作りから釉薬の掛け方まで、いつも熱心に改良を重ねながら、丁寧なもの作りをされています。
お世話になっている作家さん達は、私よりひと回り前後お若い方がほとんどですが、戸田さんは同世代なのがちょっと嬉しい。 昨年、工房に伺った折に、慣れた手つきで、自作のポットでおいしいお茶を淹れてくださったことが印象的でした。 私の周りにこんなに自然な感じでお茶を淹れてくれる男性がいないからかもしれませんが… 。 そんなお茶好きな戸田さんの作られる素敵なポットなども入荷しています。 これから少しずつお取扱いを増やしていきたいと思っています。 どうぞお楽しみに。

戸田文浩  柔手 しのぎカップ  径 8cm × 高さ 7cm   ¥2,000-   Sold out

Category: 陶磁器 | Tag:

店内点景

今日は東京は冷たい強風の吹く一日でした。 今週の営業日は寒い日が続きましたが、そんな中をお運びくださった皆さま、ありがとうございました。

店内の展示からいくつかご紹介します。
shioさんの鋳金のお香立てが再入荷しました。 ヤンバルクイナ ・クマ ・イソギンチャク ・きのこの森の4種類のブロンズ2色と真鍮が揃いました。 この鳥が沖縄に住むヤンバルクイナをイメージして作られていると思うと、ますます気になってきますね。
後ろに写っているのは、ノラヤさんの手彩色の折本カードです。→ シンプルな線で描かれた「建物」と「家」の2種類。 折り曲げて本棚などにさりげなく置くと、とてもいい感じです。

shio  香立て ヤンバルクイナ・クマ ¥3,000- ・ ノラヤ 折本カード 「建物」 ¥800-

先日届いたばかりのcard-yaさんの蜜ろうキャンドルは、近づくと天然の甘い香りがします。
ミニキャンドルが13個つながった「beewax-braid」は、火を灯す時にひとつずつ切って使います。 こんなに小さくても1時間ほど灯ります。 壁に掛けておくだけでも可愛らしいのです。

card-ya  「beewax-braid」  ※2014年7月 再入荷しました。 ¥1,404-

成瀬彩さんの木の匙が初入荷しています。 ブラックウォールナットを吹き漆で仕上げた美しい形のスプーンです。
神奈川県横浜市で制作されている成瀬さん、先週お店を訪ねてくださいました。 スプーンの他に、 「トリフック」「蟲笛」などのちょっと珍しい作品も持って。 どんな作品でしょう? またゆっくりご紹介しますね。

成瀬彩  拭き漆の匙 長さ18cm ¥2,800-

工房あめつちさんの染付の豆皿。 径8cm弱の大きさですから、この鶴はとても小さいのですけれど、ひとつひとつ細やかな筆遣いで、きれいに描かれています。 「鶴」「うさぎ」の2種類の柄を在庫しています。 薬味皿や箸置きに、お干菓子や角砂糖をちょこんと載せて、遊び心いっぱいに使いたい一枚です。

工房あめつち  染付豆皿 径7.7cm ¥1,260-   Sold out

津村里佳さんのいちばん小さな5cmサイズのミニドームです。 お気に入りの指輪にかぶせて、いつも飾っておいたら素敵かもしれませんね。 中に入れたmitome tsukasaさんのピアス「jasmin」は、実は津村さんがこのピアスを持っているという嬉しいつながりがあるのです。

津村里佳  ミニドーム 径 5.5cm× 高さ 7.2cm ¥2,940-  Sold out
mitome tsukasa  ピアス「jasmin」 シルバー ¥8,400-  Sold out

TETOTEさん制作の手鏡は 「around the world」と名付けられたシリーズで、各国からイメージした模様を手刺繍で描いています。 私のお気に入りは、このルーマニアの柄なのですけれど、デンマーク ・ブルガリア ・アメリカなども展示していますので、ぜひご覧ください。 お守りのようにいつも一緒に持ち歩きたい、「私だけの特別なもの」そんな感じのする作品だと思います。
お好みの色の布袋を選んでいただけます。 今日、渋めの色から明るい色の布袋に展示を替えてみたら、ぱっと春らしくなりました。

TETOTE  手刺繍の手鏡・布袋付き 径 8cm ¥4,725-  Sold out 
     

Category: 布・革・羊毛・ニット, 金属・アクセサリー・時計 | Tag: , , , ,

月日工藝さんの真鍮のブックマーカー

くるりと丸まった形が蕨のよう。 月日工藝さんの真鍮製のブックマーカーです。 本にはさむと、このくるりとしたところが頭を出します。 紙の栞のように抜け落ちてしまうことがなく、本を開いたらそのまま読み始められて、軽くてとても使いやすいです。 封筒に入れて送れますし、本の好きな方への贈りものにも良いですね。 お皿に入っている方はクリップです。
月日工藝さんは、神奈川県秦野市で活動をされています。 買っては捨て、捨てては買う、それが当たり前になっている世の中で、ものを大切にする気持ちをもっと支えられないものかと工房を開かれました。 「直すこと」と「つくること」の両方を引き受けているところが頼もしいです。
こんなものあったらいいなという気持ちで作られている、ささやかだけれど楽しい気持ちになる月日工藝さんの雑貨に心惹かれました。 真鍮のコーヒーフィルターケースも初入荷しています。 ぜひご覧ください。

月日工藝  真鍮のブックマーカー ¥1,500- ・ クリップ ¥400-

Category: 金属・アクセサリー・時計

封筒作りの木の型4種セット

開店以来のベストセラー、常時お取扱いしている封筒作りの木の型のご紹介です。
包装紙などを利用して封筒を作るための木製の型4種類がセットになっています。 紙に型を当てて、窓から好みの柄の位置を決めて、えんぴつで形をなぞります。 切り抜いて4辺を折り曲げ、のり付けすればできあがり。 やはり型があると、きれいに早くできます。

1. 黄 : ぽち袋 幅7cm×高さ11cm
2. 緑 : 洋封筒 幅16.2cm×高さ11.4cm
3. 白 : 大型洋封筒 幅23cm×高さ11.5cm
4. 青 : 和封筒 幅9cm×高さ20.5cm

上記の4種類のセットで、洋封筒と和封筒は、どれも80円切手の定型郵便で送れる大きさです。 カラフルな色もよい感じ。 このままフックに掛けておいても良さそうです。
たとえば、きれいな包み紙のお菓子をいただいたら、その包み紙で封筒を作って御礼状を出すと、とっても喜ばれます。 多少しわや折り跡があっても、受け取った方は「包装紙で封筒を作ったんですね~」 とおもしろがってくれます。 窓を切り抜いて裏からパラフィン紙を貼り、中に入れた写真などが透けるようにしたりと、アイディア次第でいろいろなオリジナル封筒が作れそうです。 捨ててしまうのはもったいない紙がたくさんありますよね。ぜひ封筒作りを楽しんでみてください。

封筒作りの木の型 4種セット ¥2,100-

Category: 文房具

サノアイさんのお皿とお盆

サノアイさんのクルミの木のお皿とお盆です。
このステッチ模様の木のお皿は、パンを食べる時、おやつを食べる時、使わない日はないくらい我が家で活躍しています。 陶磁器がひんやり冷えてしまう冬には、木のお皿のぬくもりは特に嬉しく感じられます。 はじめのうちは大事に大事に使っていましたが、今はドーナッツやピザなどの油ものにもどんどん使うようになり、多少しみが付いても馴染んで気にならなくなりました。 2年半ほど経って、少しずつ色に深みが出てきたようです。 そんな経年変化が楽しめるのも木の器の魅力です。
軽やかなデザインの小ぶりなお盆は、去年の今頃、春から一人暮らしを始める方への贈りものにお薦めしました。 その時の庭だよりはこちら→ きっと楽しくお使いいただけると思います。
木の実のようなゆるい丸型のカッティングボード、山桜のスコーン皿なども在庫がございます。 ぜひご覧ください。

サノアイ  クルミ・山桜のパン皿 径21cm ¥4,800- ・ クルミのお盆 径 約25cm ¥6,800- Sold out

                             *

先週の後半から風邪をひいてしまい、一週間ぶりのお便りになってしまいました。
お店は開けていましたが、ぼーっとした顔をしていたかもしれませんね。 ご来店くださった皆さまには、申し訳ありませんでした。 昨日はTette.さんのパンが並び、たくさんの方にお出掛けいただき、ありがとうございました。
今日一日ゆっくり休んで、こっそり取っておいたTette.さんのおいしいパンをいただいて、少し元気が出てきました。 気温の変化の大きいこの頃、皆さまも体調にお気を付けてお過ごしください。

この一週間の間に、新しくお取扱いの始まった3人の作家の方の作品が届きました。 月日工藝さんの真鍮のブックマーカーやコーヒーフィルターケース、成瀬彩さんの木のスプーンや蟲笛、戸田文浩さんの陶器が入荷しました。 それぞれ少しずつの入荷ですが、久しぶりに初めてご紹介する作品を迎えて、新鮮な風がひゅうっと吹いてきたような気持ちです。

Category: 木工 | Tag:

2/9(土) Tette.さんのパンを販売します。

2月9日(土)、葉山のTette.さんの自家製酵母のパンを販売します。 なんだかとても久しぶりに感じますね。 お待ちかねの方もいらっしゃることと思います。 素朴でおいしいパンが家にある時って、幸せな気持ちですよね。 これは明日の分… と分けている時など、にんまりしてしまいます。 私も待ち遠しいです!
今月は5種類のパンが届きます。

・ アーモンドとクランベリーのライ麦パン
・ アールグレイの小さな山食パン (オレンジピールとチョコチップ入り)
・ ナッツとクランベリーのスコーン
・ いちぢくとクリームチーズのマフィン
・ ハーブと岩塩のフォカッチャ  

昨年まで、第一木曜日に「おやつの日」としてパンや焼き菓子を販売していましたが、これからは不定期にさせていただくことになりました。 Tette.さんのパンは、工房のスケジュールのご都合により、偶数月の月はじめの土曜日に販売します。
これからも月に一度くらい、百草の庭のいつもとは違うお楽しみとして、焼き菓子やパンをお届けできたらいいなと考えています。 「お知らせ」のページで早めにご案内するように致します。 おいしいものに誘われて、初めての方も気軽にご来店いただける日になれば嬉しいです。
次回のTette.さんのパンの販売は、4月6日(土)の予定です。

※Tette.さんのプログより、フォカッチャのお写真をお借りしました。 今回は少し焼き上がりが異なるかもしれまん。
  岩塩をきかせた、もっちりとしたフォカッチャ、ワインのお供にもよさそうですね。

Category: おいしいもの

mitome tsukasaさんのネックレス「key」

定番でご紹介しているmitome tsukasaさんのネックレス「key」です。 植物の影を写し取ったような模様と鍵のモチーフの組み合わせが印象的です。
mitomeさんのアクセサリーとの初めての出会いがこの作品でした。 ひと目でとても心惹かれました。 軽くて付け心地がよく、長さを調整できるのでいろいろな服に合わせやすくて、今もいちばん出番の多いネックレスです。 私の鍵は真鍮のもので、4年経ってよい感じの鈍色に変化してきました。
中央の「key-maru」と左奥の「key-karakusa」、どちらもシルバーと真鍮の2種類があります。 鋳金の技法によるやわらかな金属の表情と軽い付け心地を、ぜひ手に取り、身に着けてご覧ください。

mitome tsukasa
「key-maru」  鍵の長さ 5.8cm  真鍮 ¥8,925- ・ シルバー ¥12,600-
「key-karakusa」  鍵の長さ 5.5cm  真鍮 ¥8,925- ・ シルバー ¥12,600-

Category: 金属・アクセサリー・時計 | Tag:

お皿いろいろ。

お店の中央のテーブルにいろいろなお皿を集めて展示してみました。 手前から、サノアイさんの山桜のスコーン皿、 小澤基晴さんのブロンズ釉のしのぎ豆皿 ・ 粉引5寸リム皿 ・ ワラ灰4寸輪花皿、 工房あめつちさんの半磁器の染付雌鹿輪花皿、 平野日奈子さんの粉引のリム皿。 それぞれ個性が全く違うのですが、なんとなく馴染んでいるのは、好きでお店に集まった器だからなんだなと思います。

やわらかなベージュ色の化粧土に、素地の土のかすれたような線模様が味わい深い小澤基晴さんの粉引の5寸リム皿。 和にも洋にもイメージが広がり、ケーキ皿や取り皿にお薦めの一枚です。

今日は、2月とは思えない暖かさでした。 昨日書いた百草園の梅の蕾も、今日一日でほころび始めたかもしれませんね。 春の歩みは気まぐれで、また寒さが戻るようですが、ゆっくり季節の動きを待ちましょう。

小澤基晴  
粉引5寸リム皿 ¥2,100-  ・ ブロンズ釉5寸リム皿 ¥2,100- Sold out ・ ワラ灰4寸輪花皿 ¥2,100- 

Category: 陶磁器 | Tag: