アーカイブ: 2012年9月

「長月の火灯し頃」 終了致しました。

「長月の火灯し頃」は、昨日で終了致しました。 ご来店下さった皆さまに心から御礼申し上げます。
これまでになく渋い企画でしたが (これ以上渋い素材はないですからね~と、柴崎さん、笑っていましたっけ) 、最終日まで、たくさんのお客様に足を運んでいただくことができました。皆さんいつも以上に本当にゆっくりとご覧になっていかれました。 深々とした鉄の質感と、蜜ろうのやさしさで、のんびりと静かな気持ちになっていただけたのかもしれません。
柴崎智香さんの鉄の作品は、今週も引続き展示させていただくことになりました。 会期中に予定が合わなかった方は、ぜひこの機会にお出掛け下さい。 また、card-yaさんの蜜ろうキャンドルや柴崎さんの燭台の一部は、常設でもお取扱いしています。 在庫についてのお問い合わせや、このろうそくを買い足していきたいというリクエストなどがあれば、どうぞお気軽にお寄せ下さい。

庭の隅に咲くサクラタデは、庭作りでお世話になった彩苑の栗田さんが、「雑草と言えば雑草なんだけどね」と言って、植えていってくれた花です。 台風が近づき、風が強くなってきましたが、この草は雨風にも負けない強さがありそうです。
皆さま、どうぞお気をつけてお過ごし下さい。

Category: お知らせ, 庭の草木

「長月の火灯し頃」 明日までです。

「長月の火灯し頃」 
柴崎智香 (鉄) 
card-ya・中村洋子 (蜜蝋キャンドル・ポストカード)

二人展「長月の火灯し頃」の会期は、明日までとなりました。
この展示会が始まる頃には、まだ夏の暑さが残っていましたが、会期中に季節はすっかり秋へと移りました。 クーラーをつけずに、窓を開けて過ごせるのは、なんて気持ちがいいんでしょう。 今日は、少し風の強い一日でしたが、「木の葉が擦れる音って、いいですよね」 とお客様に言われて、はっとしました。 いつも聞こえている音ですが、耳を澄ましてじっと聴いてみると、ほんとにきれいな音でした。
庭の石垣の上の萩の花が、大きく枝垂れて風に揺れています。 秋ですね。

火を灯すことの楽しみを、たくさんの方に届けたいと思って企画した二人展。 ろうそくを灯すとき、今までは古いお皿で済ませていたけど、こんな燭台がずっと欲しかった、と喜んで下さった方がたくさんいました。 蜜ろうは、ミツバチが生み出す自然からの贈りものです。 忙しい毎日の中で、ろうそくに火を灯し、そのきれいな炎を静かに見つめていると、本当にほっとします。 「火は浄化する」という話を、中村さんが先日ブログに書かれていましたね。
夏至や冬至の夜などに、たまにろうそくを灯して食事をすると、家族はいつもよりゆっくりごはんを食べます。 中学生の娘が、いつもは話さないような学校のことを話したりします。 それは火の回りに集っているお蔭なのか、いつもの夜が明るすぎるのかもしれないと思ったりします。

明日の午後、 柴崎智香さんがまたお店に来て下さいます。 鉄の作品作りについてのいろいろなお話を、ぜひ伺ってみて下さいね。 どうぞ何度でも遊びにいらしてください。 営業時間は17時までです。

柴崎智香  燭台(スタンドタイプ)  ¥6,300-  ※径22mm前後のキャンドル用です。
card-ya   蜜ろうキャンドル 径 約21mm×長さ175mm  ¥472-
増田由希子 「木の実のリース」   (小) 径 約13cm  ¥2,100- 

Category: ろうそく, 金属・アクセサリー・時計 | Tag: ,

card-ya・中村洋子さんのポストカード

二人展・「長月の火灯し頃」には、蜜ろうキャンドルと燭台以外にも、お二人の作品がいろいろと出展されています。
中村洋子さんの屋号が「card-ya」なのは、ろうそくを作り始める前から、イラストレーターとして、ポストカードや店舗のショップカードなどの制作のお仕事をされてきたからなのです。「糸巻き」 「ロシアのおばあちゃん」「レース」など、7種類のポストカードが届いています。 ろうそくと合わせてご覧いただくと、中村さんの創作の世界が感じられると思います。
柴崎智香さんの鍵のオブジェにも心惹かれます。 実際の鍵よりも大きくて、ペーパーウェイトとしてもお使いいただけそうです。 この他、フック、香立、蚊やり(季節はずれになりましたが、とてもお薦め)などの小物と、自在鉤やランプシェードもご覧いただけます。 「自在鉤(じざいかぎ)」は、聴き慣れない言葉かもしれませんが、実際に見てみると、あぁこれのことかと思われるはず。 昔からある暮らしの道具を、美しいデザインで作品にされています。 ぜひ動かしてご覧になってみて下さい。 その仕組みに感激しますよ。

二人展・「長月の火灯し頃」の後半の会期は、9/26(水)から29(土)までの4日間です。 完売となったものもありますが、まだまだ楽しくお選びいただけます。 card-ya・中村さんが、ぎりぎりまで頑張って追加でろうそくを納品して下さいました。 紫陽花の花びらや木の実をろうの周りに埋め込んだロマンチックなキャンドル「kanoko」。 ぜひ手に取ってご覧下さい。
今週は、一部常設のお品物も並べてお待ちしています。 庭のフジバカマの花が咲き始めました。 初秋のお散歩がてら、どうぞお出掛け下さい。

card-ya ポストカード「糸巻き 01」 ¥157- ・ 柴崎智香 鍵のオブジェ 長さ13cm ¥3,150-

Category: 紙もの, 金属・アクセサリー・時計 | Tag: ,

「長月の火灯し頃」 4日目です。

今日は、二人展 「長月の火灯し頃」の4日目です。 朝から一日雨降りですが、ろうそくの展示には、こんな穏やかな光が合っている気がします。 いつもの店内とちがって、ぐっとシックな雰囲気の百草の庭です。

昨日は、柴崎智香さんが在店されました。 柴崎さんが、今回の展示を 「鉄の作品をろうそくやキャンドルリースでおめかししてもらって、とてもきれいに見えて嬉しいです」 と喜んで下さって、私としても嬉しい限りです。 昨日は、柴崎さんとお客様といろいろなお話をさせていただき、お蔭様でとても楽しい一日になりました。
店内の蜜ろうキャンドルに火を灯すと、これまでパラフィンのろうそくを使っていて、蜜ろうのろうそくは初めてご覧になるというお客様は、「蜜ろうのろうそくは、炎が、なんかちがう感じがしますね。 温かみがあって… きれいな光に感じます」 と感想を聞かせて下さいました。
柴崎さんのシンプルな小皿を選ばれたお客様は、そのお皿の鉄の表情を見て、子供の頃、山の中で深い霧に包まれて動けなくなった、その時の光景を思い出したと話されていました。 私は、その丸いお皿を見て、宇宙から見た夜の地球はこんな感じなのかなぁ、というイメージを持ちました。 一枚の鉄のお皿に、それぞれがいろいろなものを感じるものですね。

二人展・「長月の火灯し頃」は、9/24(月)・25(火)の2日間はお休みをいただき、会期後半は、26日(水)から29(土)までの4日間です。 完売しているcard-yaさんのミニミニキャンドルのセットや、ろうそくのつながった楽しい作品「beewax braid」、黄色い小鳥などのろうそくとポストカードが、追加で納品されます。
card-ya・中村洋子さんが、出展作品の一部をブログできれいにご紹介下さっているので、ぜひご覧下さい。→

季節のおやつミズタマさんの焼き菓子の販売は、好評のうちに終了致しましたが、来週は、久々に可成屋さんの手作りの無添加ジャムが入荷します。 秋の果物いちじくのジャム、今年最後の桃のジャム、定番のベリーミックスやいちごミルクの2層ジャムなど、たくさんの種類が届きます。 こちらもぜひお土産にどうぞ。

柴崎智香 リングの持ち手の燭台 ピン付き  径 約8cm ¥4,200-  ※細いろうそくを灯すには、ピン付きがお薦めです。
card-ya  六角形の白い蜜ろうキャンドル 「6a」  ¥525-

Category: ろうそく, 金属・アクセサリー・時計 | Tag: ,

card-yaさんの蜜ろうキャンドル「shoe last」

card-yaさんの蜜ろうキャンドル「shoe last」です。
shoe last とは、靴型のこと。 長さ8cmの小さな靴型に、スタンプで文字が押されています。 イラストレーターとして、文字やイラストに特別なセンスをお持ちのcard-yaさんらしい作品です。 7文字まで、お好きな文字をお入れするオーダーを承っています。 お渡しは10月末の予定です。 お名前や好きな言葉を入れて、贈り物にもお薦めです。
柴崎智香さんの鉄板にのせました。 シンプルに四角いキャンドルを置いたり、家の形のろうそくを並べたりと、鉄板がろうそくのディスプレイに大活躍しています。

すべらかな肌の「egg」。 こちらには、3文字までお入れできます。 火を灯すと、とろりと、半熟カステラみたいにおいしそうに見える卵型のろうそくです。

二人展「長月の火灯し頃」が始まりました。 初日にお越し下さった皆さま、ありがとうございました。
柴崎さんの「くるり手付き皿」が、なんといっても人気でしたが、まだどの形もご覧いただけます。蜜ろうにちなんで、リクエストいただいていた平野日奈子さんのハニーポットも展示販売しています。 どうぞ合わせてご覧下さい。

card-ya  蜜ろうキャンドル「shoe last」 長さ 8cm ¥1,260- ・ 「egg」 高さ 5cm ¥840- Sold out
柴崎智香  四角い鉄板  14×14cm  ¥4,200- 

Category: ろうそく, 金属・アクセサリー・時計 | Tag: ,

「長月の火灯し頃」 始まります。

「長月の火灯し頃」 
9月20日(木)~29日(土)
 ※24(月)・25(火)はお休み  

柴崎智香 (鉄)  ※9月22日(土) 在店
card-ya (蜜蝋キャンドル・カード)

二人展「長月の火灯し頃」が今日から始まります。
今回のDM写真の作品のきれいな鉄の持ち手が印象に残っている方は多いかもしれません。 「くるり手付き皿」は、内向きと外向きの2種類の持ち手があります。 サイズも2種類。 ろうそくだけでなく、お香立や蚊やりを置いたり、お気に入りのものをディスプレイするお皿として、いろいろな楽しみ方があると思います。 たくさん作っていただきました。 ぜひ手に取ってご覧下さい。
柴崎智香さんが、22日(土)の他、今日の午後もお店に来て下さることになりました。 鉄を熱しては叩き、熱しては叩き、そんなハードな作業をしているとは思えないようなスレンダーな方なのですよ。 どうぞ会いにいらして下さいね。

柴崎智香  「くるり手付皿」  径 約11.5cm ¥4,725-

Category: 金属・アクセサリー・時計 | Tag: ,

柴崎智香さんの鉄の蓋物

柴崎智香さんの鉄で作られた蓋物です。
蓋がスライドする仕組みが、金属ならではの造形で魅力的です。 蓋は持ち上げて取り外すこともできます。 夏に、蚊やりのセットとして作ったものだそうです。 うずまきのお線香を見せずに、少しスライドさせて焚けるように。 なんと贅沢な蚊やり! 蚊取り線香を立てる素敵な道具が付いています。 香炉としてもお使いいただけます。
今日は、小物入れとして、card-yaさんのろうそく「garland ・rose」と組み合わせて展示してみました。 長さ60cmの芯に、小さな薔薇の花が5つ通してあります。 繊細な花びらの重なりは、ろうそくというより、蝋細工と呼びたいくらいきれいな作品です。

「長月の火灯し頃」展が、明日から始まります。 柴崎さんの鉄の作品とcard-ya・中村洋子さんのろうそくが、本当によく馴染んで、素敵な展示になりました。 やわらかく、火を灯せば燃え尽きてしまう蝋と、固くずっしりと黒光りする鉄とが、こんなに相性がよいのは不思議といえば不思議です。
夏の間、この展示会を開く頃には、この暑さも和らぎ、秋が訪れているかなぁと思いながら、準備を進めてきました。 まだ少し暑さは残りますが、朝晩は涼風が吹き、ずいぶん日も短くなりましたね。 秋の夜長を楽しむ、お気に入りのキャンドルと燭台に出会っていただけたら嬉しいです。 皆さまのご来店を心からお待ちしています。

柴崎智香  蓋物  径 10cm × 高さ 3.5cm  ¥9,450-
card-ya  蜜ろうキャンドル「garland ・rose」 ¥1,365-  Sold out

Category: ろうそく, 金属・アクセサリー・時計 | Tag: ,

ミズタマさんの焼き菓子が届きました。

季節のおやつ ミズタマ さんから、焼き菓子が届きました。 明日からお店に並びます。
はちみつ色の蜜ろうキャンドルを見ていると、はちみつのお菓子が食べたくなりますね~。はい!はちみつをたっぷり使ったお菓子をいろいろ作っていただきましたよ。
そして、ここでお知らせがあります。 隔月で「おやつの日」にお菓子を届けてくれていたミズタマさんですが、この度ご事情でしばらく工房を離れることとなり、数年の間、活動を休止されることになりました。 とっても寂しいですが、今回でミズタマさんのお菓子はしばし食べおさめとなります。 それならば、やっぱりいつもの定番のお菓子ももう一度食べたいです、とお願いして作っていただきました。 最後のメニューはこちらの6種類です。

・はちみつシナモンサブレ
・はちみつ漬けドライフルーツのパウンドケーキ
・はちみつ漬けナッツとりんごのスコーン
・黒糖のくるみボール  
・いちじくのガトーショコラ   
・かぼちゃのガレット 

「おいしいものは何度でも 」と言って、繰り返し注文をお願いしてきたくるみボールやガトーショコラ、私と同じように大好きだった方も、初めての方も、ぜひ召し上がってみて下さい。
ミズタマさんがまた活動を再開される日を楽しみにしています。

※今後の「おやつの日」の内容については、また追ってお知らせ致します。

 

Category: おいしいもの

増田由希子さんの木の実のリース

明日から始まる「長月の火灯し頃」展に合わせて、F+studio・増田由希子さんにリースを作っていただきました。 キャンドルリースとしても、壁掛けのリースとしても楽しんでいただける木の実のリースです。 おおよその大きさが、径18cmと13cmの2種類ですが、ぴょんと枝が飛び出していたり、丸い形にも動きがあって、増田さんのリースはとても自然な作りです。 ひとつひとつ個性の違う一点ものが10点ほど届いています。 きっとクリスマスまで楽しんでいただけると思います。
よく見てみると、本当にたくさんの木の実が使われていて、これはどんな木になる実なんだろう、木の実にもいろいろな姿形があるんだなぁ、と感心します。

蜜ろうの色は、自然の色。 だから、木の実の色ともしっくりと馴染みます。 みつばちが集めた蜜の花の種類によって、溶け込んだ花粉の色が異なり、それが蜜ろうの色の違いになるそうです。 card-yaさんのビーズワックスシートのシンプルな蜜ろうキャンドルは、大小いろいろなサイズが揃っています。どうぞお好みの色と形で組み合わせてみて下さい。

増田由希子 木の実のリース (大) 径 約18cm ¥2,940- ・ (小) 径 約13cm ¥2,100-
柴崎 智香  「ひらひら皿」  (M) 径 約21.5cm ¥5,250- ・ (S) 径 約16.5cm ¥4,200-

Category: リース・寄せ植え | Tag: ,

card-ya・中村洋子さんの蜜ろうキャンドル




二人展「長月の火灯し頃」が、今週の木曜日から始まります。
今日は、card-ya・中村洋子さんの蜜ろうキャンドルを、中村さんご自身が撮った写真でご覧いただきます。 中村さんが日々制作した作品を記録している写真は、いつも抜群のセンスで、こんなふうに力を抜いて毎日写真を撮れたらいいなと思いながら見ています。 犬と猫と暮らす日々の様子も、いいなぁと思う。 →

右上のろうそくが、今回のDMの撮影に使った「kanoko・s」です。 柴崎智香さんの「くるり手付き皿」に合わせて作って下さいました。 ろうそくの周囲に、ドライフラワーの花びらや木の実が埋め込まれています。 ろうそくを使っていくと、くぼみの中の炎にろうが照らされて、透けるように輝いて、とてもきれいです。 右下の暗がりの中のろうそくが、このキャンドルを22時間ほど灯したところ。 ろうが垂れたり穴があいたりして、形が変わっていく様子も楽しみながら育てていくのが、大きなキャンドルの魅力なのだと話して下さいました。
柴崎さんの鉄の燭台には、なんでもない白いろうそくもいいでね、と作って下さったのが3段目の白い蜜ろうそくです。 柴崎さんのリングの持ち手の燭台によく似合ってます。

カード作りもされるcard-yaさんのこと、どのろうそくも素敵なラベルやタグでおめかししてお店に並びます。 作りたての蜜ろうキャンドルは特に、はちみつのような甘い香りがします。 お店の中が、甘い香りに包まれる8日間です。

Category: ろうそく | Tag: