アーカイブ: 2012.8.13.Monday

倉敷意匠計画室の白磁の切手濡らし

倉敷意匠計画室の白磁の切手濡らしです。
ディスプレイ用の切手を入れ替えるのは、私の密かな楽しみです。 写真の切手は、絵の下に小さく童謡の楽譜が書いてある「日本の歌シリーズ」のものです。 1979~1981年に発行されました。 封書用の切手が50円から60円になった頃ですね。 大好きなシリーズで、シートで買ってあったものをどんどん使ううちに、お気に入りの柄はみな、残り1,2枚になってしまいました。 たまにお客様に「この切手可愛いですねぇ。 売ってないですよね?」 と訊かれます。 残念ながら、切手は売れません。 あぁ、でも、こんな可愛い切手を仕入れて売れるものなら、本当にそうしたいくらいです。
今も郵便局に行くと、記念切手をチェックするのが楽しみです。 近頃は、シールになっているキティちゃんの切手などが販売されていますが、切手は水貼りでないと! 絶対に。

この白磁の切手濡らしは、開店間もない頃にも 「庭だより」でご紹介したことがありますが、なんと1年くらいの間、ひとつも売れませんでした。 (その頃は、お客様もすごく少なかったんですけれども…。) やはり今は手紙を書く人は少ないんだなぁと思っていましたが、その後、時々お求めいただくようになりました。 きっと切手がお好きなんだな、と思って嬉しくなります。

倉敷意匠計画室
白磁の切手濡らし 径8cm ¥1,365- ・ 丸トレイ 径6.5cm ¥588- ・ ペン立て 径6.5cm×高さ9.3cm ¥1,155-
※ 同じ白磁のシリーズのテープカッターも大・小サイズとも再入荷しています。

Category: 文房具 | Tag: