アーカイブ: 2012年8月

キンミズヒキの花

厳しい残暑が続き、雨が全然降らないので、庭の土はカラカラ、水やりが追いつきません。
我が家の庭には半日陰の好きな植物が多く、強い陽射しを受けてみなぐったりして見える中、金水引(キンミズヒキ)だけは、葉も青々として元気いっぱい。 今年もたくさん花を咲かせてくれました。 もともと乾燥した高原に自生する植物なのだと思います。
そうそう、以前、「キンミズヒキと猫」というお便りを書いたことがありますが、その時に登場した、のら猫のふわちゃんも元気ですよ。 お店の近くの坂の上あたりで遭遇する確率は高いです。
ふわちゃんの写真はこちらの庭だよりに。 →

                            *

今日で学校の夏休みは終わりです。 明日からまた子供達が学校へ行くと、ようやく仕事のペースが取り戻せると、少しほっとしています。 夏は、子供と一緒にいる時間が長いせいか、いつもなら思い返すこともない昔のことを、ふと思い出したりする季節です。

先日は、中3の長女が高校の合唱部に体験入部するのにお伴しました。 真剣に歌う高校生たちは、男子も女子も生き生きとして、みんな可愛かった。 若いことが、さすがにうらやましくなるような時間でした。
私も合唱が好きで、中学高校は合唱部、社会人になってからも合唱団に入っていた時期があります。 先日訪問した合唱部の顧問の先生が、「歌うことは詩をよむことでもある。 聴いている人にも届くように、言葉を大切に」と言われたこと、それは、私がいつも合唱を通して感じてきたことでした。 先生が子音の発音や助詞の音の強弱について指導すると、それを受けて生徒達の合唱が変わり、ハーモニーの中に日本語が立ち上がることがはっきりと感じられました。
高校時代、定期演奏会に向けて、高村光太郎の『レモン哀歌』や北原白秋の『月光微韻』などの合唱曲を毎日毎日練習したことを、懐かしく思い出しました。 何十回も歌って、詩が身体に沁み込んでいくように感じることがありました。
歌うことは、歳をとっても楽しめることなので、またいつか合唱をしたいと思います。

                            *

来週から、また張り切って素敵な作品をご紹介していきます。 入荷と在庫の情報については「お知らせ」のページで随時ご案内していますので、時々そちらもご覧になってみて下さい。
9/6(木)は、第1木曜日の「おやつの日」です。 8月はお休みだったので、久しぶりですね。 葉山のTette.さんの自家製酵母のパンが届きます。 きっと元気が出るようなおいしいパンですよ!ぜひお出掛け下さい。

Category: 日々のあれこれ

柴崎智香さんの鉄の燭台

日中はまだまだ暑いけれど、日暮れには涼風が吹き、ひぐらしの鳴く声が聴こえて、少しずつ夏が終わりに近づいているなと感じます。
9月には、久々の企画展が待っています。 現在、DMを印刷中。 たくさんのお客様をお迎えできるよう、全力で準備していきますので、どうぞよろしくお願いします。
秋冬の展示会のご案内は、こちらの庭だよりをご覧下さい。 →

9月20日(木)からの二人展「長月の火灯し頃」では、柴崎智香さんの鉄の燭台とcard-ya・中村洋子さんの蜜ろうキャンドルを中心にお二人の作品をご覧いただきます。
リングの持ち手が印象的なこの燭台は、常設でも定番でご紹介している柴崎さんの作品です。 現在、在庫はわずかになっていますが、9月の展示会に向けて、たくさん作っていただいています。 この他にもいろいろな形の燭台が出展されますので、ぜひぜひこの機会にご覧下さい。

ところで、card-yaさんのろうそくは、天然素材の蜜ろうで作られていますが、鉄の燭台の仕上げにも、実は蜜ろうが使われているんです。 柴崎さんは、鉄の作品を納品する前に、錆止めとして表面に蜜ろうを塗っているのだそうです。 でも、時を経て、自然と少しずつ錆は出てきます。その風合いもまた楽しんでいただけたら、と柴崎さんはいつも話されています。
写真に写っているろうそくは、高さが3cmくらいのcard-yaさんのろうそくの中でいちばんのオチビさん。 木の実と一緒にちょこんと並べておくだけでも可愛いです。 こちらも「長月の火灯し頃」で初お目見えします。 楽しみになってきましたね! 9月になったら、また詳しくご案内致します。

柴崎 智香  燭台 径 約8cm  ピン付き ¥4,200- ・ ピンなし ¥3,780- ※写真はリングの大きい形
card-ya  蜜ろうキャンドル「beewax 25」 3色のミニろうそく 6ケ入り ¥630-

Category: ろうそく, 金属・アクセサリー・時計 | Tag: ,

小澤基晴さんのしのぎミルクピッチャー

小澤基晴さんのブロンズ釉の小さなミルクピッチャーです。 一人分のドレッシングを入れて使って下さっているお客様も。 しのぎ豆皿にのせました。

 

しのぎ豆皿は径7cmほど、角砂糖をちょこんと載せるくらいの小さなお皿です。 スプーンレストやお箸置きとしてもお薦めなのです。 しのぎのお蔭で、お箸が転げることもありません。
百草の庭では定番となっているスープマグや5寸リム皿の他、夏にはカレーにぴったりの7.5寸しのぎ盛り鉢などもご覧いただけます。 どうぞ合わせてお選び下さい。

今週も暑い中をご来店下さり、ありがとうございます。 お盆休みのせいか、昨日今日と、近県などから時間をかけて足を運んで下さる方も多く、本当にありがたいです。 私も夏バテなんて言っていられない!と、今週はせっせとお便りを更新してみました。
沖澤康平さんの吹きガラスのそば猪口、増田由希子さんのワイヤーの「泡々花器」、オープンスタジオさんの卓上ほうきなど、他にもお薦めのものがたくさんあります。 ぜひ遊びにいらして下さい。

小澤基晴  ブロンズ釉 しのぎミルクピツチャー ¥1,890- ・ しのぎ豆皿 ¥1,050- ・ スープマグ ¥2,310-
※2013年4月再入荷しました。通信販売のご注文も承ります。

Category: 陶磁器 | Tag:

TETOTEさんの手刺繍のブックカバー

下の娘が、初めて刺繍をした小学校5年生の頃、TETOTEさんの作品の刺繍をじっと見て、「このステッチ、私も知ってる。私もできるかも!」と驚いたように言ったことがありました。 いえいえ。 チェーンステッチ、サテンステッチ、フレンチノットステッチ… ひとつひとつのステッチは決して難しいものではないのだけど、そのステッチの組み合わせや糸の色使いから生まれるニュアンス、こればっかりは作り手のセンスによるものです。 それが刺繍のおもしろいところだし、奥深いところなんだなぁと、三輪さんの刺繍を見ているといつも思います。
「木と花」という名前の文庫本用のブックカバーです。 栞と帯には革が使われていて、さりげなく贅沢な作品です。

この他、TETOTEさんの作品は、ティーコゼー「コットン」「金柑」、革のメガネ立て、つぼみ巾着、ポーチ「小さな船」、布張り小箱「TUTU」などをご覧いだたけます。

つぼみ巾着は、今年も露草の柄が届いています。 私が子供の頃は、露草は夏の雑草の代表だったように思いますが、この頃あまり見かけなくなりました。 夏の朝に見る露草の花は、涼しげでいいですよね。 ツユクサうちにもおいで~ と念じていたら、2,3年前に自然に運ばれてきました。 今年も庭の隅で咲いています。

TETOTEさんのHPがリニューアルされました。 → http://tetoteworks.com/
きれいな写真で作品が紹介されていますので、ぜひご覧下さい。
先日、お客様よりオーダーいただいた、ティーコゼーとお揃いのポットマットについてもブログで紹介されています。→  このようなご注文もどうぞお気軽にご相談下さい。
TETOTEの藤武秀幸さん・三輪さんのお二人は、今年の秋の「道草マーケット」に参加して下さいます。 暑い中を、冬の日をイメージして、新作の湯たんぽカバーの柄を考えて下さっているそうですよ。 どうぞお楽しみに。

TETOTE 文庫本用ブックカバー 麻 ¥3,570- ・ つぼみ巾着 ¥3,150-

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

さこうゆうこさんの掛け花入れ「ポケット」

さこうゆうこさんの透明な吹きガラスの掛け花入れです。
壁にポケットをつける気持ちで作ったから、名前は「ポケット」。 水を張って草花を入れる他、こうして中にドライフラワーなどを沈めるのも素敵です。 秋には落ち葉や木の実、冬にはカラフルな毛糸玉… ガラスのポケットの中にいろいろなものを入れて楽しんで下さい。
シンプルながら、手仕事のものならではの美しいフォルムをしています。 定番の花器「ペラペラ」と同じように、入れ口はぺったりと細長く、横から見るとふっくらと膨らんだガラスの曲線がとてもきれいです。 後ろにひとつ穴が開いていて、しっかり撚った麻の掛けひもがついています。 小さなお子さんがいたり、室内犬を飼われていると、ガラスの花器は敬遠してしまうかもしれませんが、壁掛けのものなら安心して飾っていただけますね。

さこうゆうこ  掛け花入れ「ポケット」  幅 約9cm × 高さ 約11cm × 奥行 約5.5cm  ¥2,625- 

Category: ガラス | Tag:

サノアイさんの林檎の木のバターナイフ

林檎の木で作られたサノアイさんのバターナイフです。 木の外側と内側とで、くっきりと色の変わる部分を使って作られ、ナイフの背の部分は、外皮をそのまま生かしたごつごつとした表情をしています。 こうしたきれいな材はなかなか手に入らないそう。 素材との出会いから生まれる作品です。
林檎の木で作られたと知ると、なんだかりんごの香りがしてきそうですね。

サノアイ  林檎の木のバターナイフ  ¥1,890- ・ ブラックウォールナットのゆる四角パスタ皿 ¥5,800-

Category: 木工 | Tag:

倉敷意匠計画室の白磁の切手濡らし

倉敷意匠計画室の白磁の切手濡らしです。
ディスプレイ用の切手を入れ替えるのは、私の密かな楽しみです。 写真の切手は、絵の下に小さく童謡の楽譜が書いてある「日本の歌シリーズ」のものです。 1979~1981年に発行されました。 封書用の切手が50円から60円になった頃ですね。 大好きなシリーズで、シートで買ってあったものをどんどん使ううちに、お気に入りの柄はみな、残り1,2枚になってしまいました。 たまにお客様に「この切手可愛いですねぇ。 売ってないですよね?」 と訊かれます。 残念ながら、切手は売れません。 あぁ、でも、こんな可愛い切手を仕入れて売れるものなら、本当にそうしたいくらいです。
今も郵便局に行くと、記念切手をチェックするのが楽しみです。 近頃は、シールになっているキティちゃんの切手などが販売されていますが、切手は水貼りでないと! 絶対に。

この白磁の切手濡らしは、開店間もない頃にも 「庭だより」でご紹介したことがありますが、なんと1年くらいの間、ひとつも売れませんでした。 (その頃は、お客様もすごく少なかったんですけれども…。) やはり今は手紙を書く人は少ないんだなぁと思っていましたが、その後、時々お求めいただくようになりました。 きっと切手がお好きなんだな、と思って嬉しくなります。

倉敷意匠計画室
白磁の切手濡らし 径8cm ¥1,365- ・ 丸トレイ 径6.5cm ¥588- ・ ペン立て 径6.5cm×高さ9.3cm ¥1,155-
※ 同じ白磁のシリーズのテープカッターも大・小サイズとも再入荷しています。

Category: 文房具 | Tag:

関美穂子さんのメッセージカード

倉敷意匠計画室から、関美穂子さんの型染めをプリントしたメッセージカード 「読書」と「黒猫」の2種類が届きました。 ちょっとひと言添える時に、その方のイメージにぴったりのカードがあると嬉しいですよね。 型染め作家の関美穂子さんの描く世界は、どこかノスタルジックな感じです。
この他、関さんデザインのパッケージの油とり紙や、猫のお昼寝シール、ポチ袋、付箋帳なども入荷しています。

2週間のお休みをいただいたので、今日からまたお店が始まると思うと、ちょっとそわそわします。
夏季休業の間に、知らずにお越し下さった方がいらっしゃいましたら、本当に申し訳ありませんでした。 どうぞこれに懲りずに、またお出掛け下さい。 毎日の暮らしに小さな歓びを運んでくれるもの、たくさん並べてお待ちしています。

倉敷意匠計画室  関美穂子・メッセージカード  6.7×8.6cm (20枚入り)  ¥378-

Category: 紙もの | Tag:

暑中お見舞い申し上げます。

今年のブルーベリーは、少ししか実がなりませんでした。収穫するというほどの量もなくて、何粒かとってきて、ヨーグルトにのせるくらいで満足しています。 ブルーベリーは、最後にぷくっと大きく膨らんで熟します。 鳥に食べられる前に摘むので、 いつも少しだけ完熟前で酸っぱい気がします。
暑くて暑くて、やりたいと思っていることの半分もできずに過ぎていくような毎日でしたが、今日の東京は、朝から雨が降り、気温が下がって、ほっと一息ついています。 明日は立秋ですね。 「暑中お見舞い」は今日まで、明日からは「残暑お見舞い」になり、暦の上では、もう秋です。 真夏の暑さは今が峠。あと少し、元気に乗り切りたいですね。

長い夏休みをいただき、ありがとうございました。
今週から、通常通り営業致します。 お盆の間も、いつも通り、木・金・土曜日にお店を開けてお待ちしています。 また、9月末までは、営業時間を一時間延長し、17時まで営業します。 少し暑さの和らぐ時間にお出掛けいただければと思います。
倉敷意匠計画室の紙モノ、津村里佳さんのミニガラスドーム、card-yaさんの小鳥の蜜ろうキャンドルなどが再入荷しています。 また、今月は棚ひとつ分くらいの小さなSALEをしています。 どうぞお気軽に遊びにいらして下さい。

Category: お知らせ