アーカイブ: 2012.6.22.Friday

さこうゆうこさんの吹きガラスの風鈴

今年も駅前をツバメが飛び交っていましたが、そろそろ巣立ちの時期を迎えているようです。
夕方、北口の不動産屋さんの軒下を覗いたら、巣立ったばかりの雛が2羽、巣のすぐそばに止まったまま、じぃっとしていました。 巣から出たものの、今日はまだ遠くへ飛んでいけなかったみたいです。 雛鳥の全身を見たのは初めてでした。 ツバメらしい黒い尾羽を持っていましたが、まだふわふわした丸っこい姿で、とっても可愛かったです。
ツバメは、カラスなどの天敵から守ってもらうために、人気の多いところに好んで巣を作ると言われています。 店先に巣を作られると、お店の方は掃除などが大変かもしれないけれど、どの店も追い払わずにいてくれるので、毎年同じ場所で姿を見ることができます。 百草園はずっとそんな駅であってほしいなぁ、と思います。

さこうゆうこさんから宙吹きガラスの風鈴が届いています。 吹きガラスの風鈴は、きれいに澄んだ音色で、ひとつひとつ音の高さが違います。 ぜひ聴き比べて、いちばん心地よく涼やかに感じる音を選んで下さい。 「ツバメ」と「ハナ」の2種類があります。
さこうゆうこさんの作品は、春の道草マーケットでも好評だった「グラスジェリーのコップ」の他、ダエンのお皿、リム皿、片口、掛け花入れ、ヒヤシンスポット、花入れ「マメハナ」「ペラペラ」「クスリビン」など、多数在庫しています。 店頭に並んでいないものもありますので、ご覧になりたいものがあれば、どうぞお声を掛けて下さい。

さこうゆうこ  風鈴 「ツバメ」・「ハナ」  短冊: 麻布   ¥4,200-   ※「ハナ」は完売致しました。

Category: ガラス | Tag: