アーカイブ: 2012.4.27.Friday

「ミシンは歌う」 motorinue&Lokhme作品展のお知らせ

「ミシンは歌う」 motorinue&Lokhme 作品展
2012年5月 3(木)・4(金)・5(土)・10(木)・11(金)日・12(土) 11:00~17:00

直線縫いのミシンから生まれる motorinue&Lokhme(モトリーヌ&ロクメー)のお二人のユーモラスで楽しい刺繍の数々。 大小いろいろなポーチやバッグ、ペンケース・カードケース・ブックカバー・ティッシュケース・くるみボタンのヘアゴムなどなど、春のお出掛けが楽しくなるような布小物がたくさん並びます。 ぜひこの機会にご覧下さい。
初日の5月3日(木・祝)には、作り手の箱田元子さんと森川茂美さんが揃って在廊されます。

          
ミシンで刺繍をしているの? と思われた、まだmotorinue&Lokhmeさんの作品を見たことのない方のために、写真をズームアップ。

布をくるくると動かして、ひとつひとつ、ミシンで絵を描くように刺繍しています。 ほのぼのするような柄やくすっと笑ってしまうような柄。 いろんな刺繍が身近なアイテムに仕立てられて作品になります。 バッグにしのばせていると、取り出すたびに嬉しくなるような、そんな小さな作品もたくさん。

 

子供からご年配の方まで、男性の方にも、きっと楽しんでいただけると思います。 5月の連休に、ご家族みなさんで、お友達と誘い合わせて、一人でふらりと、ぜひぜひお出掛け下さい。
会期中には、季節のおやつミズタマ さんの焼菓子を販売します。 さくらんぼや甘夏みかんを使った春のお菓子が届きます。 どうぞこちらも楽しみになさって下さいね。

  皆さま、お待ちしています。

※DMの発送をご希望の方は、「お問い合わせ」のページから、ご住所とお名前をお知らせ下さい。

Category: 布・革・羊毛 | Tag:

クロヌマタカトシさんの「光の径」

道草マーケット・二人展の搬出を終えて、いつものお店に戻りました。
クロヌマタカトシさんの木彫りの鳥たちも、皆それぞれの場所へ旅立っていきました。 2週間、身近に展示して、とても愛着があったので、ちょっと寂しいです。 お別れの前に、まだご紹介していなかった「光の径」という名の作品を店内で撮影しました。
この鳥を選んで下さった方は、ふらりと展示会を見に来られた近くにお住まいのお客様だったのですが、この鳥から離れることができなくなってしまったという感じで、ずっとご覧になっていて、とうとうお買い求め下さったのでした。 野鳥の観察もされるような鳥の好きな方なのですが、「この鳥は、ほんとうの鳥達とは違う、私の心の中の鳥を見ているような気がします。 見ていると、なんか、泣きそうです。」 とおっしゃったことが深く心に残っています。 作品とお客様とのこんな出会いに立ち会えて、展示会をやってほんとに良かったなぁと思えた時でした。
またクロヌマさんの作る鳥がお店に並ぶ日を楽しみにします。

さて、今年の春は、お蔭様で充実した展示会が続きます。 来週には、また趣きを変えて、とっても楽しい展示会を予定しています。 この展示会が終わると、秋まで常設が続きますので、ぜひぜひお見逃しなく! お知らせはこのあとすぐに。

Category: 木工