アーカイブ: 2012年4月

ガラスと木と春の庭と

前庭のジューンベリーの花がきれいに咲いています。 お店に入る前に、少し足を止めてご覧になってみて下さいね。

道草マーケット ・二人展が始まりました。 さこうゆうこさんのガラスの作品とクロヌマタカトシさんの木の作品、どちらもやわらかな表情で調和して、春らしくとても素敵な展示になりました。

さこうゆうこさんのインク壺のようなぽってりとした形の花入れ「マメハナ」。 そのそばで、春の野にいるようなクロヌマさんのうさぎのオブジェです。

「グラスジェリー」シリーズのアイスクリームカップです。 こんな器と匙でアイスクリームを食べられたら幸せ! トモタケさんのたんぽぽのティーマットも展示会に合わせて入荷しました。

ダエンのお皿、大好きなのでもう一度。

DMに掲載した「青い鳥」は、初日にお選びいただきましたが、お客様の了解を得て、最終日まで展示致します。 お店の中央のテーブルには、 「風を待つ」と題した美しい鳥が佇んでいます。 ひとつの彫刻があるだけで、部屋の空気が変わることに驚いています。 たくさんの方に、それぞれの鳥の表情を見ていただけたら嬉しいです。

明日は、クロヌマさんとさこうさんが揃って在廊されます。 小雨が降る一日になりそうですが、雨の日の庭は、とても落ち着きます。 お二人の作品の世界をどうぞゆっくりとご覧下さい。

さこうゆうこ  花入れ「マメハナ」 ¥2,835- ・ アイスクリームカップ ¥2,940- ・ ダエンのお皿(小) ¥3,150-
クロヌマタカトシ  うさぎのオブジェ ¥16,000- ・ 山桜の小匙 ¥1,680- ・ 豆鉢 ¥2,520- ・ 林檎 ¥2,520-
トモタケ  泥染めのティーマット 「たんぽぽ」  35cm×21cm  ¥4,200-

【4/14 追記】
今日、「白い鳥」が追加で納品されました。
青い鳥と白い鳥の二羽が飛んでいる様子がとても素敵です。 ぜひ見にいらして下さいね!

Category: ガラス, 木工 | Tag:

道草マーケット 始まります。

「道草マーケット」 クロヌマタカトシ・さこうゆうこ 二人展が、今日から始まります。

今日は、木工のクロヌマタカトシさんとご一緒にお待ちしています。

クロヌマタカトシ  「白鳥」  体長 約10cm ¥12,000- ・ 「林檎」 径 約4cm ¥2,520-
さこうゆうこ  リム小皿 径 約13.5cm ¥3,150-  ・ リム皿 径 約22cm ¥8,925-

Category: 木工 | Tag:

道草マーケット・二人展 明日からです。

道草マーケット Vol.4  クロヌマタカトシ・さこうゆうこ 二人展

2012年4月12日(木)~21日(土)  11:00~17:00  ※16(月)・17(火)はお休みします。

クロヌマタカトシ (木工)  12日(木)・14日(土) 在廊
さこうゆうこ (ガラス)    14日(土) 在廊

道草マーケットが明日から始まります。
クロヌマタカトシさんからは、木の匙がたくさん届きました。 小匙・丸匙・茶匙・長匙・分匙・ベビースプーン・れんげ… それから、ジャムスプーンとバターナイフも。 いろんな風に使えそうでお薦めの「珈琲トレイ」は、くるみとブラックウォールナットの2種類があります。 楕円のトレイに楕円のガラスボールを合わせてみましたよ。 楕円の器には、なぜか心惹かれる私なのでした。

会期中、トモタケさんの泥染めのコースター → を展示販売します。 新柄も含めて12種類の柄が揃いました。 ぜひ、さこうさんのグラスに合わせてお選び下さい。 また、トモタケさんの草木染の布で植物を描いた額装された作品数点も、展示させていただくことになりました。 百草の庭では、なかなかご紹介する機会のなかった作品なので、この機会にたくさんの方にご覧いただければ幸いです。

飛騨のもりのにわさんからは、オートミールバーと春の味「桜ぼーる」が届いていますよ。 こちらもどうぞお楽しみに!

クロヌマタカトシ 珈琲トレイ(くるみ) ¥10,500- ・ れんげ(山桜) ¥2,520-
さこうゆうこ    ダエンのポール(S)  ¥2,730-

Category: 木工 | Tag:

道草マーケット・さこうゆうこさん

さこうゆうこさんから、たくさんの作品が届きました。 まっさらで清らかなガラスの器です。
「グラスジェリー」シリーズの宙吹きガラスのコップ。 底面に閉じ込めたガラスが、ジェリーのようなやわらかな表情を見せます。 毎日コップを使うたびに、ガラスの底に光を感じることでしょう。 写真からそのとろりとしたガラスの質感が伝わるでしょうか。 さこうさんのガラスの器は、撮影者泣かせです。 お店の器の中でいちばん、その良さを写真で伝えるのが難しいのです。

とっても素敵な「ダエンのお皿」。 ぜひ実際に見にいらして下さいね。 楕円形のお皿のふちのラインと、底面の楕円のライン、ふたつの曲線がとてもきれいです。

先日、クロヌマさんの工房名のことを書きましたが、さこうさんの工房の名は「日々ガラス製作所」。 一日一日ガラスを作っていくことができますように、そんな願いを込めた工房名です。
工房の炉の火を落とすのは、一年のうち一か月ほどのメンテナンスの期間だけだそうです。 毎日火を絶やさず、一人で高温の炉を維持していくことは、大変な精神力のいることだろうと思います。

DMの写真に撮ったのは、「クスリビン」と名付けられた花入れで、チビサイズからLLサイズまで、6種類の大きさがあり、並べるととても可愛らしいです。 「ペラペラ」や「カケハナイレ」などの定番の素敵な花入れもたくさん届きました。
また、リクエストの声にお応えして、冬にはすぐに完売してしまったヒヤシンスポット・ムスカリポットも出展されます。 球根の栽培シーズンは終わっていますが、花入れにしてもきれいなポットです。 ぜひこの機会に、じっくりとお好きな形のものを探しにいらして下さい。

道草マーケットは、明後日の12日(木)からです。 14日(土)には、さこうゆうこさんが岐阜からお店に来て下さいます。

さこうゆうこ 「グラスジェリー」 コップ ¥2,730- ・ ダエンの小皿 ¥3,150- ・ クスリビン ¥2,415- ~ ¥6,300-

Category: ガラス | Tag:

道草マーケット・クロヌマタカトシさん

道草マーケット クロヌマタカトシ・さこうゆうこ二人展が、今週12日(木)から始まります。

百草の庭での展示が決まってから、お店の中にクロヌマタカトシさんの鳥が揺れる様子をずっと思い描いていました。 お店を訪ねてくれたクロヌマさんも、この空間には鳥がいいですね、と言って下さり、この作品の他にも鳥のオブジェがいくつか出展される予定です。
実際に木の鳥を天井の梁から下げてみると、いろいろな角度から見られることがとても新鮮です。 広げた羽は、写真よりもずっと力強い感じがします。 小さな目をじっと見ていると、木を彫ってこの表情を作り出せることに感嘆します。

クロヌマさんの工房名が「鳥と中庭」であることは、私にとってはとても印象的なことでした。 あるクラフトフェアの出展者名簿に「鳥と中庭」という工房名を見つけて、どんなものを作る方なんだろうと興味を持って、展示会に出掛けてみたのが、クロヌマさんの作品との出会いでした。 それからのち、クロヌマさんからこんな話を聞きました。 「庭と木と鳥は、ひとつながりのような気がします。 工房名を「鳥と中庭」としたのも、その二つの間にあるものは一本の木だからです。」

二人展には、木のお皿やトレー、大小様々な匙がたくさん並びます。 ブローチも届く予定です。 ぜひ手に取ってご覧下さい。 クロヌマタカトシさんは、初日の12日(木)と 14日(土)に在廊されます。

鳥のさえずりもにぎやかな百草の庭へ。 皆さまのご来店を心からお待ちしています。

Category: 木工

タチツボスミレの花

庭の石垣の上に、タチツボスミレの花が咲き始めました。
日本に自生するスミレは数多く、変異が多くて数え方も定まらないそうですが、その種類は100種とも200種とも言われているようです。 その中で、いちばんよく目にするのが、このハート型の葉をもつ、うす紫色のタチツボスミレではないでしょうか。 東京の道端でもよく見かけます。 この庭にも数年前に自然に運ばれてきました。
誰がスミレの種を運んでくれたのかというと、アリなのだそうです。 スミレ類の種子は、発芽を抑える物質を含んだ糖質でコーティングされているので、甘いものが大好きなアリ達がくわえて、せっせと運んでくれるのです。 甘い部分をなめ終えると、そこに種子が残されて、やがて発芽するというわけです。 自然の仕組みは、本当におもしろいです。 知れば知るほど不思議です。

いつもの年なら2月頃に咲く沈丁花や水仙などの冬の花がまだ残っている横で、春の花が咲き始め、今年の庭はちょっと変な具合です。 春が来るのが遅かった分、木々は芽吹いたと思ったら、もう次々と蕾をつけて一斉に開花しそうな勢いです。 春が駆け足で過ぎていってしまいそう。 忙しがっていないで、一日一日の変化を見逃さないように楽しまなきゃ!と思います。

Category: 庭の草木

card-yaさんの蜜ろうキャンドル

楽しみに待っていたcard-yaさんの蜜ろうキャンドルが初入荷しました。
届いた箱を開けると、はちみつによく似た甘い香りが漂いました。 蜜ろうは、ミツバチが巣を作るために分泌するろう。 自然の恵みをいただいたろうそくです。 ろうそくの色に違いがあるのは、 ミツバチの集めた花の蜜の種類によって、溶け込んだ花粉の色が様々なので、蜜ろうの色も同じではないからなのです。
燃焼時間が1時間半ほどの小さなものから、14時間の大きなものまで、いろいろなキャンドルが届いています。 card-yaさんは、そのお名前の通り、カード作りもされていますから、ろうそくに巻かれた紙、添えられたタグなどが、とてもきれいなことも魅力です。
小さな鳥のキャンドルは、レースをつけておめかしして、こんな可愛らしい姿。 贈り物にも喜ばれそうです。

ろうそくを見ていると静かな気持ちになるのは、ろうそくが「祈り」と切り離せない存在だからなのかなぁ、と思ったりします。 ろうそくのある風景、card-yaさんのいろいろなろうそくを、これから少しずつお伝えしていきます。

「bees wax 3c」  3本セット ¥1,260-
「bees wax bird-s」  燃焼時間1.5時間 鳥のろうそく ¥1,050- 

                           *

明日5日は、第一木曜日の「おやつの日」。 葉山のTette.さんの自家製酵母のおやつパンを販売します。 このところ、Tette.さんのパンが続いて届いていますね。 またあのおいしいパンを食べられると思うと、嬉しいです。 今回は、リクエストにお応えして、シンプルな山食パンやカンパーニュも焼いてくれます。

・山食パン
・ライ麦のカンパーニュ
・チーズと黒コショウのスコーン  
・かぼちゃのスコーン
・三浦小麦といちぢくのパン
・山ぶどうとくるみのベーグル
・リッチラスク (木の実がたっぷり入った森のカンパーニュをラスクに。)
・ざくざく (オートミールがいっぱいのクッキー。山ぶどうとローズマリーの2種類入り。)
・抹茶と大納言のパウンドケーキ

今週はいつも通り、木・金・土曜日の3日間、常設の展示でお待ちしています。
昨日の強風で、百草園の梅は散ってしまったでしょうか。 梅と入れ替わるように、坂道の下の桜の蕾がほころび始めました。 うららかなお天気が続きますように。

Category: ろうそく | Tag:

クロヌマタカトシ・さこうゆうこ 二人展のお知らせ

道草マーケット Vol.4  クロヌマタカトシ・さこうゆうこ 二人展

2012年4月12日(木)~21日(土)  11:00~17:00  ※16(月)・17(火)はお休みします。

クロヌマタカトシ (木工)  12日(木)・14日(土) 在廊
さこうゆうこ (ガラス)    14日(土) 在廊

木工のクロヌマタカトシさんとガラスのさこうゆうこさん、お二人の作品の静かな佇まいの向こうには、いつも創作の歓びが感じられます。 手のぬくもりを感じる大小様々な木の匙とお皿、鳥や林檎のオブジェ。 瑞々しい吹きガラスの花入れと器が並びます。
まっすぐに先を急ぐばかりでなく、好きなもの、美しいと感じるものをさがしながら、のんびりいこう。 そんな気持ちを込めて始めた、半年に一度の企画展「道草マーケット」。 その4回目です。 庭の利休梅の白い花が咲く頃です。 皆さまどうぞお運び下さい。

さこうゆうこさんのグラスに合わせて、トモタケさんの泥染めのコースターを展示販売します。 ぜひ合わせてご覧下さい。 また、会期中、もりのにわさんのオートミールバーとクッキー「桜ぽーる」を販売します。 18日(水)には、お待ちかね、「あんクロワッサン」をはじめ、自家製酵母のパンが届きます。 どうぞこちらもお楽しみに!

Category: お知らせ | Tag: ,