アーカイブ: 2012年2月

ミズタマさんの焼き菓子が届きました。

今日は、東京に大雪が降りました。 どんどん積もっていくのでびっくり。 ここらへんは20cmくらい積もったのではないでしょうか。 2階の窓から見える裏山の木立も真っ白で、すべてがすっぽりと包まれるような雪景色でした。
春は近づいたと思うと、こうして歩みを止めてしまったり、また気まぐれに歩みを進めたり。 そんな繰り返しで季節は動いてゆくのでしたっけ。

今日の雪の中、季節のおやつミズタマさんの焼き菓子が届きました。 宅配便の方は、軽トラックを坂の下に停めて、ダンボールを抱えてきてくれました。 ありがとうございます! こんなことは初めてだったのではないかなぁ。
さて、今月のメニューは4種類。 今が旬のいちごのお菓子と、気温が高くならないうちにもう一度チョコのお菓子を、とお願いしました。 明日から3日間販売します。 なくなり次第終了です。
 ・いちごとホワイトチョコのスコーン
 ・いちごのクランブルタルト
 ・ココアフロランタン
 ・ヘーゼルナッツココアボール
写真右のココアフロランタンは、ココアの効いたサブレ生地にオレンジピール入りのアーモンドキャラメルをのせて更にチョコがけをしてある、「きっと誰でも好きな組み合わせ」のミズタマ・松尾さんの自信作。 見るからにおいしそうですけど、実際、味の重なり具合が絶妙なおいしさでした。 人気のクランブルタルトも久々の登場です。 

たくさん積もった雪ですが、やはり真冬の雪とは違うんですね。 どんどん解けていきます。 明日は暖かくなるようですし、お出掛けいただいても大丈夫そうです。
今週も、木・金・土曜日の3日間、常設の展示でお待ちしています。

Category: おいしいもの

富井貴志さんの拭き漆の豆皿

まだこの店を始める前、開店の準備を進めていた頃、作業をするテーブルの上にいつも置いて、「こんな美しいものを置ける店になったらいいなぁ」 と思っていた、思い出深い作品です。
滋賀県信楽在住の富井貴志さんの吹き漆の豆皿です。 お忙しい富井さんにぜひにとお願いして作っていただいたものです。 家紋の「四つ追い」をモチーフにしたもので、とても気品のある形をしています。 手彫りの跡の小さなひとつひとつの面が光を受けて、漆をかけたものはまた特別な美しさがあります。 裏まで本当にきれいに仕上げられています。 ぜひ手に取ってご覧下さい。

富井貴志 豆皿 「yotsuoi」 拭き漆仕上げ 11×9cm × 高さ1.8cm   ¥5,250-  Sold out

Category: 木工 | Tag:

mitome tsukasa 作品展のお知らせ

mitome tsukasa 作品展
2012年3月8日(木)~17日(土)  11:00~17:00
  ※12(月)・13(火)はお休みします。

美しいモチーフと鋳金の技法で生み出されるやわらかな表情が魅力のmitome tsukasaさんのアクセサリー。 この冬の新作「arabesque」シリーズのほか、春の訪れを想わせる草花をモチーフにした小さなアクセサリーなど、100点ほどの作品が並びます。 百草の庭でのmitomeさんの展示は、これで3回目。 身に着けてみて、その軽やかなつけ心地に、ますます作品が好きになったという方も多いのではないかと思います。
初日の3月8日(木)には、mitome tsukasaさんが在廊されます。 とっても自然体のmitomeさんにぜひ会いにいらして下さいね。 そしてその作品の世界をどうぞゆっくりと楽しんでいって下さい。

※今週中にDMを発送する予定です。 新たにDMの送付をご希望の方は、「お問い合わせ」のフォームよりお知らせ下さい。

mitome tsukasa  リング 「arabesque」  真鍮・フリーサイズ  ¥8,400-

Category: 金属・アクセサリー・時計 | Tag:

春はすぐそこ。

水栽培のヒヤシンスの花の芽が、ようやく姿を見せました。 今年の球根は、たくさんの根が伸びてポットの底でくるくるとレース編みのようになっているので、花が咲く栄養まで根にとられてしまったのではないかと心配していましたが、大丈夫そうです。
春が来る前に、こうして花芽の色が見えた時は、本当に嬉しいものです。 色彩のとぼしかった冬の景色を見慣れた目には、どの色も新鮮です。

今日はのんびりしようと決めて、久しぶりに近くをゆっくり散策し、京王百草園にも行ってみました。 よく晴れていたので、見晴らし台からは、西には富士山が、東には初めてスカイツリーが見えました。 園内の梅は、まだわずかしか咲いていませんでしたが、ふっくらとした蕾は、エネルギーに満ちている感じがして、とてもきれいでした。

帰り道には、自家焙煎珈琲豆のお店・樹庵 さんへ。 いつも和やかに迎えて下さる店主さんと、コーヒー豆を焙煎する間しばしおしゃべりを楽しんで帰宅しました。 
陽射しは明るく、日なたを歩いていると、ぽかぽかと温まってきて、ちぢこまっていた心も身体もほぐれていくようでした。 春はすぐそこまで来ているんだなと感じて、元気の出た一日でした。

Category: 日々のあれこれ

平野日奈子さんの雲型小皿

平野日奈子さんの「雲型小皿」です。 やわらかなラインが、雲の形だと思うと余計に楽しくなりますね。 粉引・コバルト釉の2種類があります。 クッキーが2枚のるくらいの小さなお皿です。

現在、平野日奈子さんの作品は、この他に スープカップ ・ 飯碗 ・ 貝殻ボウル(大) ・ 舟のオブジェ ・ 道草花器をご覧いただけます。 いろいろな形の 「道草花器」に、早く春の野の花を入れてご紹介したいです。

平野日奈子  くも型小皿(小) 10.8cm × 8.3cm × 高さ 1.8cm  ¥1,470-

Category: 陶磁器 | Tag:

セルロイドの鹿のしおり

中川政七商店のセルロイドの鹿のしおりが入荷しました。
「セルロイド」 懐かしい響きの言葉です。 私がうんと幼い頃には、まだセルロイドの石鹸入れなどがあったような記憶がありますが、すでにもうとても古いものだったような気もします。 セルロイドは、綿花とアルコールと樟脳をまぜて作られる天然素材です。 独特の色つやが魅力ですが、プラスチック素材に押され、今ではほとんど見かけなくなりました。 現在、東京都葛飾区に日本で唯一のセルロイド工場があるそうです。 このしおりは、その工場を経て、福井県鯖江市の眼鏡職人さんによってひとつひとつ手作りされたものです。 本が好きな方への贈り物にいかがでしょう。

中川政七商店 セルロイドの栞 (茶)  ¥1,575- ※模様の出方はひとつひとつ異なります。 Sold out

Category: 文房具

百草園では「梅まつり」開催中。

「百草の庭」から歩いて10分ほどのところにある京王百草園は、梅で知られる庭園です。 今年は、梅の開花が例年よりひと月も遅く、ようやく早咲きの梅が咲き始めたところだそうです。 この冬の気温の低さに加えて、雨がとても少なかったことが影響しているようです。 これから少しずつ園内の500 本の梅が花をつけます。 梅の花の素朴な姿には、桜とはまた違った魅力がありますね。 どうぞお店から足を延ばしてみて下さい。
3月18日(日)まで開催されている「梅まつり」期間中の土・日・祝日には、日中、京王線の一部の準特急が百草園駅に臨時停車します。 普段は、隣駅で各駅停車に乗り換えるのですが、新宿から準特急一本で30分かからずに来られるので、とても便利なのです。 ぜひ利用してみて下さい。

motorinue&Lokhme(モトリーヌ&ロクメー)さんのミシン刺繍の「小ポチ」 。 この小さなポーチは、余り布で作られているので、大きさはまちまちです。 あめや薬を入れたり、アクセサリーの携帯ケースにもよいと思います。 i Pod を入れるのにぴったりだと選ばれる方もいらっしゃいます。
たんぽぽの横に並んでいる猫さん。 「早く春がこないかニャー」という感じです。

昨日は寒さがゆるみ、ようやく春が近づいたと思ったら、今日はまた小雪が舞うような一日になりました。 まだしばらく寒さは続くようですが、心楽しくなるような暮らしのもの、たくさん並べてお待ちしています。 どうぞお出掛け下さい。

motorinue&Lokhme  小ポチ 「ねこ」 ¥1,470- ・ 「タンポポ」 ¥1,785-

Category: お知らせ, 布・革・羊毛・ニット | Tag:

西山芳浩さんの八角グラス

もうすぐバレンタインデー。 中2と小6の娘二人は、今週末にたくさんのチョコレートクッキーを焼くらしいです。 みんなクラスや部活の仲間の女の子達に贈る「友チョコ」なのだとか。今の中高生達は、こんな感じで女子同士でチョコを交換し合うみたいです。なんだか話を聞いていると男子の影が薄い…。 男子頑張って~と言いたくなります。

さてさて、こちらは本気でプレゼントを探している方にお薦めのもの。 お酒の好きな大人の男性に贈りたい、西山芳浩さんの八角グラスです。 八角形のグラスの底の厚みに存在感があり、心地よい重さの小さなグラスです。ウィスキーなどをストレートでゆっくり飲まれる方に、ぜひ使っていただきたいです。 鋳物の型の中でガラスを吹く「型吹きガラス」の手法で作られたもので、ガラスの肌が桜貝のような模様を描いて、本当にきれいです。

西山芳浩 八角グラス(小) 径 約5cm × 高さ 約8.5cm  ¥2,520-  Sold out

Category: ガラス | Tag:

小澤基晴さんのブロンズ釉のスープ皿

昨秋の道草マーケットで、たくさんの方にお選びいただいた小澤基晴さんの器。 「毎日のように使ってます」と言って下さる方が多く、こんなに嬉しいことはありません。 こうしてまた同じ器を注文することになり、たぶん、他のお店でもそうではないかと思うので、小澤さんはなかなか新作を作る時間がないんじゃないかと余計な心配をしたりしています。

写真のお皿は、径20cmほどのブロンズ釉のスープ皿です。 ポトフにぴったり。 炒飯や煮物の盛り鉢にも。 見飽きることのない温かな色です。 小澤さんの器は、現在、もう少し大きなサイズの「しのぎ盛り鉢」のほか、ブロンズ釉の6寸リム皿・4寸輪花皿(ブロンズ・わら灰)・3段重ね小鉢・粉引5寸皿・そば猪口などをご覧いただけます。 数の少ないものもありますが、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

小澤基晴 ブロンズ釉のスープ皿 径 約20cm× 高さ 約4.5cm ¥3,780-
クロヌマタカトシ 長匙 山桜・オイル仕上げ  ¥2,520-

                             *

今日は、木枯らしが吹き、底冷えのするような一日でした。 こんな寒い中をお出掛けいただけたのは、Tette.さんのおいしいパンのお蔭かなぁと思いました。 ありがとうございました。 完売してしまったものもありますが、明日もお求めいただけます。 今日は行けなかったけど、食べたかった… という方、ぜひ明日、早めにいらして下さいね!

Category: 陶磁器 | Tag:

Tette.さんの2月のパン

明日は第一木曜日、月に一度の「おやつの日」です。 葉山のTette.さんの自家製酵母のおやつパンを販売します。
noriさんにお借りした写真は、12月にも好評だったブラックココアの石ころパン。 真っ黒でまんまる、ほんとに石ころみたい。 でも中身はもっちりしていて、ほろ苦いココアの生地にチョコチップがたっぷり入った、大人のおやつパンです。
私のリクエストにより、抹茶大納言のミニ山食パンも届きます。 これ、大好きなんです! 抹茶を濃い目に練り込んだ生地に、大納言小豆をたっぷりまいた和菓子のようなパンです。 こんがりとトーストして、カロリーのことは忘れて、たっぷりバターをのせて食べるのもおいしいですよ。
2月のメニューは、下記の通りです。

・蜜芋のくるくる
・たっぷりシナモンとくるみのベーグル 
・クランベリーとクリームチーズのマフィン
・ハーブのフォカッチャ (バジルとローズマリー) 
・ブラックココアの石ころパン
・クロワッサン   
・抹茶大納言のミニ山食パン
・クッキー「ほろほろ」 (チョコチップ&ココア味) 

                               *

中川政七商店から、竹のミニスプーン・吉野杉のお箸・セルロイドのしおり・貝ボタンなど、ちょっと嬉しいものがいろいろ入荷しています。 「花ふきん」のお取扱いも始まりました。

Category: おいしいもの