アーカイブ: 2011年11月

増田由希子さんの冬のリース

楽しみにしていた F+studio・増田由希子さんの冬のリースが入荷し、店内がぐっと素敵な雰囲気になりました。
スギ・モミの木などの針葉を束ねた「シンヨウ ノ リース」は、深い緑が印象的で、近づくと森の香りがします。 添えられた実は、イジュの実です。 イジュは、大島から沖縄全土に分布する椿科の植物。 鈴を思わせるような可愛らしい実です。 直径が約28cmの大きめな存在感のあるリースです。 この針葉樹の香りは、クリスマスの頃まで持続します。

こちらは、径18cmほどの「コエダ ノ リース」。 木の実やコットンを留めたり吊り下げたりして、小枝を楽しく飾ってあります。 写真は増田さんからお借りしたものですが、届いたリースは、紫陽花が入っていたり、少し楕円形だったり、ひとつひとつ少しずつ違っていて、それぞれ個性があります。 増田さんの作るリースは、枝が跳ねていたり、実がぶら下がっていたりと、動きがあって、とても自然な雰囲気にまとめられています。 森から取って来てばかりの木の実や枝で作ったような、そんな雰囲気が感じられるリースです。

増田由希子 「シンヨウ ノ リース」 径 約28cm ¥4,200-
          「コエダ ノ リース」 径 約18cm ¥2,940-

Category: 植物

「道草マーケット」を終えて

道草マーケット・三人展」の会期を無事に終えました。 たくさんの方に足をお運びいただき、充実した8日間でした。 本当にありがとうございました。 作品を寄せて下さった小澤基晴さん、サノアイさん、津村里佳さんにも感謝の気持ちでいっぱいです。 まだ3回目の企画展でしたが、作家の皆さんに、参加できてとても楽しかったと言っていただけて、「道草マーケット」を続けていく力が湧きました。
出展作品のうち一部のものは引き続きお取り扱いしていますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

また、この三人展の売上総額の5%を、東日本大震災の被災地支援の活動資金として、岩手県の市民団体・SAVE IWATEに「百草の庭・道草マーケット」の名前で寄付致しましたので、ご報告させていただきます。 SAVE IWATEとのつながりについては、5月の庭だよりに書きました。→ 小さな力ですが、これからも道草マーケットのたびに被災地に届けていきたいと思っています。

SAVE IWATE  http://sviwate.wordpress.com/
東北はこれから厳しい冬を迎えます。 「SAVE IWATE」では、支援物資の受け付けもしています。 今、必要とされているものはこちらをご覧下さい。→ 皆さまのご協力をお願い申し上げます。

                               *

庭の秋の花はそろそろ終わり、落ち葉の舞う季節になりました。 石垣の上の万両の紅い実の彩りがとてもありがたいです。 もともとは鳥が運んでここに生えたものだと思います。 もう少し熟して食べ頃になったら、あっという間にこの実も食べられてしまいます。 そしてきっとどこかにその種が運ばれて、また万両が芽生えることになりますね。

今週から、木・金・土曜日の通常通りの営業です。 久しぶりにmotorinue&Lokhme(モトリーヌ&ロクメー)さんのミシンワークの小物がたくさん入荷しました。 お二人の味のある刺繍が気になっている方は、ぜひぜひこの機会にお越し下さい。

Category: 日々のあれこれ

「道草マーケット」最終日です。

気持ちのよい秋晴れの日に 「道草マーケット・三人展」の最終日を迎えることができました。 どうぞお散歩がてらお出掛け下さい。

津村里佳さんのガラス器は、すっきりと清らかな感じがします。 写真のガラスは花入れ「ハナドキ」のMサイズのものです。 ハットを裏返したような形が新鮮です。 この「ハナドキ」のシリーズは、首が垂れてしまう花をのせられるようにと考えて、縁をつけたのだそうです。 6月の庭だよりの紫陽花を入れた写真が印象に残っている方も多いかもしれません。 グリーンサラダなどを入れる器として使うのも素敵ですよ。 津村さんは、もっと背の高いLサイズの「ハナドキ」に、焼き肉を食べる時にはサンチュ(レタス)を立てて入れておくのだとか! いろいろな使い方ができる、ありそうでなかった形なのです。 「ハナドキ」は各サイズご覧いただけます。

津村里佳「ハナドキ」  Mサイズ (クリア・ブルーグレー)  径 約14cm×高さ8cm  ¥4,200-
サノアイ 食事スプーン ¥1,980-

Category: ガラス | Tag:

サノアイさんのくるみの木の豆皿

今日は 「道草マーケット・三人展」の6日目。 初日に足を運んで下さり、もう一度ゆっくり見に来て下さった方が何人もいらして、本当に嬉しかったです。

今回、サノアイさんには、お皿以外の木の小物を出展していただきました。 ひとつひとつ丁寧に作り込まれた楽しい作品を届けてくれて、この3人展を表情豊かなものにしてくれました。
今日ご紹介するのは「くるみ豆皿」です。 楕円形のような、そら豆型のような、なんとも言えずほのぼのとした形で、底の厚みがとてもいい感じです。 もし絵本で描かれるように小さな動物達がベッドに寝るとしたら、こんな木のベッドなんじゃないかな、と思うような形です。 削り跡のこまかな面がとてもきれいです。 この小さな器になにを入れて使ったら素敵でしょうね。 ぜひ手にとってご覧になり、想像してみて下さい。
写真左に写っている針山は、贈り物に選ばれる方が多いようです。 ユニークな柄のものが残っていますよ。 「道草マーケット・三人展」は明後日の11/12(土)までです。

サノアイ くるみ豆皿 約7.5×5.5×高さ3.3cm ¥2,600- ・ 針山 径5cm×高さ6cm ¥3,150-

Category: 木工 | Tag:

津村里佳さんのガラスのモビール

津村里佳さんのガラスのモビールが、軽やかに揺れています。
「yuta」という名前で活動されている金属作家の須原健夫さんとのコラボレーションで、今年の夏に初めて作られたものだそうです。 「影」をテーマにした作品だと聞いていましたが、実際に見て納得しました。 モビールの揺れるガラスとその影、両方が一緒に動いている時が、ほんとにきれいなんです。 この影も含めて作品なんだなぁ、と感じました。 水玉模様のガラスには水玉の影、色ガラスにはうっすらと色のついた影が写ります。

明日は、「道草マーケット・三人展」の5日目です。 9日(水)・10日(木)の2日間、津村里佳さんが在廊されます。 津村さんとその作品に会いに、ぜひお出掛け下さい。

津村里佳 ガラスのモビール  ¥5,460- ~ ¥11,650-

Category: ガラス | Tag:

「道草マーケット」のおいしいもの

道草マーケット・三人展」は、今日と明日お休みをいただき、11月9日(水)から12日(土)まで続きます。 9日(水)には、またおいしいものが届くお楽しみが待っていますよ。 もりのにわさんから、自家製酵母のパンが届きます。
百草の庭は、東京にある小さな「庭」のあるお店、もりのにわさんは、飛騨高山の標高800mの里山で、広い山を「にわ」にして暮らすパン屋さん。 暮らしはずいぶん違うけれど、店名は庭つながりで、なんだか嬉しい。 もりのにわさんのブログで、紅葉した山のきれいな景色をご覧になってみて下さい。 送られてきたパンの箱をあけると、いつも山の空気まで届いた気がして、すーっと息を吸い込むのです。

もりのにわさんにお借りした上の写真は、はちみつ木の実パンです。 クルミとアーモンドを砕いて飛騨の山のトチの蜂蜜に漬けた木の実のジャムのようなものをプチパンにサンドするそう。 私も楽しみです。 この他、道草マーケットには、こんなパンが届きます。
・あんクロワッサン 
・チョコクロワッサン 
・えごまプチ山食  
・サツマイモ入りのプチパン
・カレンズくるみパン 
・チーズフーガス 
・オートミールバー 

もりのにわさんのクロワッサンが大好きです。 あんクロワッサンは、毎日でも食べたいなぁと思うくらいです。 天然酵母のクロワッサンは少しもっちりとしていて、甜菜糖で煮たほんのり甘いやさしい小豆の味と、粉の味わい、控えめなバターの加減が私にはちょうどよいのです。 あんことチョコの2種類が届きます。 道草のおみやげに、ぜひ召し上がってみて下さいね。
小澤基晴さんのブロンズ釉のリム皿に載せました。 こんがり焼けたパンが、おいしそうに見えます。

季節のおやつミズタマさんのマロンクリームも販売中です。 焼き菓子は早々に完売しましたが、マロンクリームは会期を通してお求めいただけるよう、たーくさん作っていただいたのです。 栗のピューレから炊き上げ、バニラビーンズとダークラムを加えて仕上げてある、この時期だけのマロンクリーム。 パンやスコーンにつけて食べる他、生クリームと混ぜてモンブランのクリームのようにしたり、ホットミルクに溶かしてマロンラテにしたりと、いろいろな召し上がり方を楽しんでみて下さい。

おいしいものに誘われて、「道草マーケット・三人展」 何度でも遊びにいらして下さいね!

Category: おいしいもの

津村里佳さんの吹きガラスのドーム

繊細な細工の持ち手のついた小さなガラスドームは、津村里佳さんならではの美しい作品です。 ガラスの固まりをダイヤの欠片が埋め込まれた回転する円盤に当てて、この持ち手の形に仕上げていくのだそうです。 ダイヤカットの持ち手のドーム「ridge」の他、 磨りガラスの棒をつけた「芯」、 「テマリ」、どれもロマンチツクな佇まい。 ちょこっと小さな木の実など入れるだけで、とても素敵なディスプレイになるのです。 アクセサリーを入れると、ガラスと金属が互いに引き立て合って輝き、とてもきれいです。

道草マーケット・三人展」の特別コラボ作品もありますよ。 津村里佳さんのドームに合わせて、サノアイさんに木のボードを作っていただきました。 径14cmのドームに合わせたクルミのボードのセットと、径10cm・7cmのドームに合わせたブラックウォールナットのボードのセットがあります。

ボードには、焼きペンで小さな木が描かれています。 こちらをちょっとお得なセット価格にして販売しています。 「この中にドーナッツやクッキーを入れて、毎日、子供のおやつに置いておいたら喜ぶだろうね~ 」 と話すお客様の声が聞こえてきました。 うん、うん、ほんとですねぇ。
それから、きれいな季節の和菓子をドームに入れておき、しばらく目で楽しんでからいただきたいという方もいらっしゃいました。

津村さんのドームは、大きなサイズもみな肩の高い形が特徴です。 シフォンケーキなどの高さのあるケーキを焼かれる方にもお薦めです。 丸い持ち手のシンプルなドームは、およその径が L 22cm、M18cm、S14cmと、さらに小さい径10cm、7cm、5cmのミニドームがあります。 吹きガラスのやわらかな曲線は、微かにゆがんでいたり、ひとつひとつ形が違います。 どうぞお気に入りのひとつを探しにいらして下さい。 11/9(水)・10(木)には、津村さんがお店にいらっしゃいます。 

ダイヤカットの持ち手のミニドーム「ridge」 径 約10cm × 高さ 約12cm ¥5,250-

Category: ガラス | Tag: ,

小澤基晴さんのブロンズ釉のお皿

明日は 「道草マーケット・三人展」の4日目です。 通常は定休日ですが、明日の日曜日は営業しています。 あいにく雨になりそうですが、どうぞゆっくりと展示を見にお出掛け下さい。

小澤基晴さんは、今回の展示会にブロンズ釉のものを中心にお皿をたくさん出展されています。 いつも小澤さんはご自分のことを「お皿屋さん」と言われてますけど、ほんと!お皿がいっぱいの展示です。 豆皿、ケーキ皿、スープ皿、浅鉢、盛り鉢などなど、大きさ・深さ・しのぎの入り方などが少しずつ違うお皿がいろいろあります。 これからの季節に活躍しそうなスープ皿がお薦めです。
写真のものは、ほどよい深さのある 「しのぎ4寸皿」。 きんぴらなどのお惣菜の小鉢としても、アイスクリームや果物のデザート皿としても、きっと出番の多い器になると思います。
小澤さんのブロンズ釉は、パスタなどのクリーム色、焼き菓子のこんがり焼けた色、苺やぶどうの鮮やかな色、いろいろ食材の色をきれいに見せてくれます。 リム皿は品薄になっていますが、しのぎのお皿はまだたくさんの中からお選びいただけます。 水差しもぜひご覧下さいね。

小澤基晴 しのぎ4寸皿 径12cm×高さ3cm  ¥2,100-

Category: 陶磁器 | Tag:

サノアイさんの木のブローチ

サノアイさんの木のブローチは、白シャツ、白花、トリの3種類が届いています。 サノさんの世界がぎゅっと詰まった作品です。 バッグにつけて歩きたいな。ちょっと足取り軽くなりそうです。
今日は写真が撮れませんでしたが、すごく素敵なバターケースもあります。 ぜひじっくりと見ていただきたいです。

サノアイ 木のブローチ ¥2,600-

Category: 木工 | Tag:

「道草マーケット」2日目です

道草マーケット・三人展」初日の昨日は、本当にたくさんの方に足をお運びいただきました。ありがとうございました。 開店以来いちばんお客様の多い一日だったと思います。 お会計をお待たせしてしまった方も多く、申し訳ありませんでしたが、「こういう店に来ている人は、みんな急いでないから、あわてなくても大丈夫 」と声を掛けて下さったお客様、ありがとうございました!

写真のガラスの小鉢は、津村里佳さんの「シロコバチ」です。 秋の空に薄く流れる雲のように、透明なガラスにうっすらと白がかかったきれいな作品です。ぜひ手にとってご覧下さい。
津村さんから、径 約23cmのいちばん大きなサイズのケーキドームなどが追加で納品されました。 大きなドームを待っていた方、ぜひこの機会に。 ダイヤモンドカットの持ち手の保存瓶も大小のサイズが届いています。
「道草マーケット・三人展」は12日(土)までです。 7(月)・8(火)の2日間はお休みします。 どうぞお散歩がてらお出掛け下さい。

津村里佳 「シロコバチ」 径9cm×高さ6.5cm ¥3,150-
サノアイ  シュガーポット 径7.5cm×高さ10cm ¥6,800- (スプーン付き) ・食事スプーン ¥1,980-
小澤基晴 「しのぎスープ皿」 径 20cm×高さ4.5cm ¥3,780-

Category: ガラス | Tag: