アーカイブ: 2011年6月

今週と来週のお知らせ

雨が降り出しました。 昼間の熱気が冷めて、紫陽花の花もほっとしているように見えます。

明日の営業は、大変勝手ながら、都合により 13時30分までとさせていただきます。 ご不便をお掛け致しますが、どうぞご了解下さい。

                         *

来週の7日(木)は第一木曜日、月に一度のおやつの届く日です。 「季節のおやつ ミズタマ」さんの焼き菓子を、9日(土)までの3日間販売します。なくなり次第終了です。
今月のメニューはこの4種類です。
・クランブルタルト …今月はブルーベリージャムにレモンピール入り
・杏と梅酒のパウンドケーキ …ドライアプリコット入りの生地に、仕上げに梅酒を含ませたケーキ
・ココナッツのフィナンシェ …ひとくちサイズの3個入り。ココナッツ風味で冷やしてもおいしいです。
・アールグレイとオレンジのスコーン…オレンジピールとアールグレイ茶葉を使った卵不使用のスコーン

ミズタマさんが、暑い日にもさっぱりといただける焼き菓子を考えてくれました。どうぞお楽しみに。

津村 里佳 花器「ハナドキ」  Mサイズ・ブルーグレー 下部の径約10cm・高さ約8cm  ¥4,200-

Category: お知らせ

中川政七商店のクロモジの楊枝

黒文字の木で作られた楊枝が、小さな桐の箱に入っています。このまま食卓に出せてとてもスマート。桐箱の蓋には、紅白の丸が並んだ版画があしらわれていて、お祝いの席にもぴったりです。 ちょっとした贈り物にもよいかと思います。

黒文字(クロモジ)の木は、お店の庭にもあるんですよ。4月に花を咲かせた様子を、庭だよりでご紹介しています。→
クスノキ科の落葉低木で、樹皮の斑紋が文字のように見えることから「黒文字」と名前が付いたと言われる木です。 弾力性に富み、細くても折れにくいため、古くから楊枝に使われてきました。 庭の黒文字は、まだ若い苗のせいか、楊枝になりそうなきれいな色の樹皮ではないのですが、確かに斑紋があります。 興味のある方は、どうぞご覧になってみて下さい。

中川政七商店さんから、この他にも無漂白の竹のスプーン、吉野杉のお箸、貝ボタンなど、ちょこっと嬉しいものがいくつか届いています。 お店で使っている鹿の刺繍の麻のスリッパのお取り扱いも始まりました。 赤と青の子供用のものもあって、とても可愛らしいですよ。

中川政七商店 桐箱入り黒文字楊枝 (50本入り) ¥840-

Category: 暮らしの道具

西山芳浩さんの「しのぎグラス」

型吹きガラスの手法で作られた金沢の西山芳浩さんの「しのぎグラス」です。
西山さんご自身が旋盤を使って鉄板をカットすることから始まり、溶接して仕上げた鋳型の中でガラスを吹いて作られています。 手にとってみると感じる、手仕事ならではの味のあるしのぎの入り方。その工程を知ると、なんと手間をかけて作られたものだろうと思います。
お茶もお酒も、きっとおいしく飲めるはず。 ほどよい厚みで安心感があり、日常で活躍するグラスだと思います。

西山芳浩 「しのぎグラス」 径 約8.5cm× 高さ 約7.5cm  ¥2,730-
※2012年5月 再入荷しました。 通信販売も承ります。 どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

                         *

雨上がりの朝、暑くなる前に草取りをして、ひと汗かいたあとに飲んだ梅ジュースがおいしかったです。
今年初めて青梅を漬けてシロップを作りましたが、とてもおいしくできました。 米酢を加えるレシピで、さっぱりとして夏バテ防止になりそうです。 数年前から、身体を冷やさないように、夏でも温かいお茶を飲み、麦茶も冷蔵庫で冷やさずに常温にしていますが、この梅ジュースはやっぱり氷をたくさん入れてキーンと冷やして飲みたいです。

梅雨の晴れ間は、洗濯やら庭仕事やら、つい頑張りすぎてしまいますが、この暑さでは気温の変化に身体がついていかず、体調を崩しがちですね。 皆さま どうぞお身体に気をつけてお過ごし下さい。

Category: ガラス

工房アイザワの純銅のジャムナイフ

新潟県燕市の工房アイザワのジャムナイフをご紹介します。
純銅の角材を職人さんが一本一本丹念に叩いて磨き上げ、銀をかけて仕上げたものです。端に少しだけ残る銅の色と銀のコントラストがきれいです。ステンレスにないやわらかな手触りも 銅の特徴です。

「ジャムスプーン」ならぬ「ジャムナイフ」なのは、この形を見ていただくと納得ですよね。ジャムをすくうことと塗ること、どちらにも使いやすい形なのです。 使っているうちに、銅の部分がいい感じの色に変化していきます。

ガラスの器は、西山芳浩さんのモール豆鉢です。吹きガラスのやわらかな曲線の楕円の形をしています。ナッツを入れたり、薬味を入れたり、お酢の物をちょこっと盛ったりと、気軽に使っていただけるガラス器だと思います。 テーブルに映る貝殻のようなモールの影が、とてもきれいです。

工房アイザワ 純銅ジャムナイフ  ¥1,313-
西山芳浩 モール豆鉢  長い方の径 9.7cm前後 × 高さ4cm  ¥2,100-  Sold out

Category: 金属・アクセサリー・時計 | Tag:

小澤基晴さんの輪花皿

小澤基晴さんの4寸輪花皿が届きました。
縁を花弁に模して、ひとつひとつに丁寧にしのぎを入れて仕上げられています。 ワラ灰とブロンズ釉の2色があります。和菓子をのせるお皿に、取り皿に、控え目だけどとても可愛らしい一枚です。 小澤さんらしく、数枚重ねたときにもきれいに形が揃います。

小澤さんとお仲間の「団欒」のブログの中で、大福をのせたこの輪花皿や、さつまいものホールケーキをのせたブロンズ釉のしのぎ8寸皿、マフィンをのせた粉引の5寸リム皿、蓋付き重ね小鉢など、今回入荷した器が素敵な写真で紹介されています。どれもお菓子をおいしそうに引き立てています。
ぜひご覧になってみて下さい。 → ■ 団欒ブログ

3段の重ね小鉢は、ブラックウォールナットのフタが付いていて、定番でお取り扱いしているマグカップやお皿と同じブロンズ釉と鉄赤の2色に、黄色がよい差し色になっています。重ね方を変えるとまた印象も変わります。試してご覧下さい。
この他、粉引のそば猪口やブロンズ釉の6寸リム皿が再入荷しています。

小澤基晴 4寸輪花皿 ¥2,100-
       蓋付き重ね小鉢 ¥6,300- ・ 6寸リム皿 ¥2,940- ・ 掛け分けマグカップ ¥2,310-

Category: 陶磁器 | Tag:

盆栽のお取り扱いについて

開店以来、いつもお店には小さな盆栽が並んでいましたが、これから夏の間しばらくは、盆栽の入荷はお休みさせていただきます。 次回入荷の盆栽は、10月頃に小さな盆栽展という形で、たくさんの作品をご覧いただけるようにしたいと考えています。
現在展示中のものは、引き続きお取り扱いします。 数は10点ほどで少なめですが、可愛い豆盆栽があります。

左の写真は、手のひらにちょこんと載るくらいの小さなコメツガの豆盆栽です。枝先に今年生まれた葉が、やわらかな黄緑色をしているのをご覧いただけますか。 右は、樹高約11cmのアセビです。こんなに小さくても、もう5,6年は生きているのではないでしょうか。幹の動きをたどっていくと、盆栽が剪定で形づくられていくことがよく分かり、とても興味深いです。

こちらは野バラです。花は咲かないのですが、なんとなく香しく感じられますよね。
この他、モミの木、グミ、ツゲ、錦糸南天、津山ヒノキなどの豆盆栽を在庫しています。 だんだん陽射しが強くなってきたので、水枯れに気をつけながら管理しています。 どの盆栽も暑い夏を元気に乗り切れますように。

ブナのミニ盆栽 樹高 約21cm ¥1,942- Sold out
豆盆栽 米ツガ 樹高 約6cm ¥1,260- ・ (左奥)ツツジ「早乙女」 樹高 約6cm ¥1,942-
     アセビ 樹高 約11cm ¥1,260- /  野バラ 樹高 約7cm ¥1,260-

Category: 盆栽・苔玉

アケモドロさんのろうけつ染めの手ぬぐい「生き物」

アケモドロさんの手染めの手ぬぐい「生き物」です。
作家名の「アケモドロ」は、朝日に染まり始めた美しくも荘厳な夜明けの空を表す沖縄の古語なのだそうです。染色作家のアケモドロさんは、学生時代に「紅型 (びんがた)」と呼ばれる沖縄独特の染織技法に出会い、それ以来、沖縄へ通い続けながら、現在は郷里の姫路市で創作活動をされています。

手ぬぐいの両側にそれぞれ異なる染め柄で、花、草、蝶、トンボ、かたつむりなどの様々な生き物が描かれています。 倉敷意匠計画室とのコラボレーションで、ふだんのアケモドロさんの染め方とは違う、ろうけつ染めの手法で作られた手ぬぐいです。ろうけつ染めは、溶かした蝋で布に模様を描き、その布を染色したあとに蝋を落とすと、蝋を塗った部分が防染されて白く染め抜かれる、伝統的な染色法です。 少しにじんだように染め抜かれた小さな生き物達。どこか懐かしくはかなげな染め柄のこの手ぬぐいには、墨色がぴったりに思えます。
器に掛けたり、たたんでお弁当を包んだり。 その時々で、目にする柄が違って、楽しいです。

アケモドロ ろうけつ染め手ぬぐい「生き物」 約34×110cm 綿100%  ¥2,100-  Sold out

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag:

motorinue&Lokhmeさんの紫陽花のポーチ

「雨を見ていたら、紫陽花の刺繍がしたくなりました」と、motorinue&Lokhme ・モトリーヌ&ロクメーの森川(ロクメー)さんが、紫陽花のミシン刺繍の作品を送って下さいました。小さな花のひとつひとつを、直線縫いのミシンで描いているなんて、とても信じられないような細やかさ。 コバッグ、ミニポーチ、カードケース、コポチ、ヘアゴムが届きました。

こちらは、刺繍した布をくるみボタンにして、ヘアゴムに仕立てた小さな作品です。手帳などをとめるバンドに使うのもいいですね。 写真のものの他にも、カメラ、白鳥、オウム、アザラシ、バクなど、たくさんご覧ただけます。 4月の道草マーケットの時に、箱田(モトリーヌ)さんが、おだんごに結んだ髪の横に、ちょこんとこのヘアゴムをつけていて、とってもキュートでした。 紫陽花は色違いで2つ届いています。親娘や姉妹でお揃いでつけたら、きっと可愛いでしょうね。
この他、コバッグは7種類の柄、ティッシュケース、平ポーチ、ポーチなども、それぞれ数点ずつ展示しています。 道草マーケットに来られなかった方も、ぜひ見にいらして下さいね。

motorinue&Lokhme 「アジサイ」小ポーチ W120×D6.5×H7.5cm ¥2,625- ・ カードケース ¥2,100-
                ヘアゴム 径 2.7cm ¥1,260- ~ ¥1,365-

Category: 布・革・羊毛・ニット | Tag: