アーカイブ: 2011.4.26.Tuesday

西山芳浩さんの吹きガラスの器

開店以来お世話になっている西山芳浩さんは、半年に一度の企画展・道草マーケットに、ぜひ参加していただきたいと思っていた方でした。まだ31歳という若さですが、17歳のときにガラスの世界に入り、もう14年間ガラスを吹き続けています。
今回の企画展には、150点余りの吹きガラスの作品を届けて下さいました。

楕円モール鉢は、貝殻を思わせるような独特の形です。お料理だけでなく、かりん糖など入れても素敵です。器からのびる影が美しく、いつも光を感じることがガラス器の魅力だなぁと思います。

ショットグラスとしのぎグラス。
西山さんの作品には、お酒がおいしく飲めそうなグラスがたくさん。私は飲まないので分からないのですが、お酒の好きな家族がそう言ってます。他にも定番のゆらぎグラス「ひとくちビア」「ロツクグラス」やワイングラスも届いています。

手前は5.5寸のモール皿です。ほどよく深みがあって、使いやすいお皿だと思います。
ぽってりとした形が可愛らしいモールピッチャーは、ドレッシング用とミルク用の2種類があります。

先日ご紹介した角小ビンの他にも、気になるビンがいろいろありますよ。こちらは飄々とした姿の14cm前後の小ビンです。写真では伝わらないガラスの肌の表情を、ぜひ手にとってご覧下さい。

ガラス、金属、紙、布、4つの素材の作品の並ぶ道草マーケットは、4月30日(土)までです。

Category: ガラス | Tag: