アーカイブ: 2010.10.12.Tuesday

サノ アイさんの針山と茶匙

初めてご紹介する木工作家・サノ アイさんの作品です。 シンプルな中にも、軽やかで、ふっと微笑みを誘うような、サノさんならではの楽しさが加わった木の作品を作られています。
今日ご紹介するのは、針山と茶匙です。 サノさんの世界がぎゅっと詰まっている、小さなふたつの作品です。

木とフェルトの組み合わせが温かく、焼きペンで描かれた絵もほのぼのと可愛らしい針山。お裁縫の時間にテーブルの上にスタンバイすると、きっと楽しい気持ちになりますよ。使わないときは、そのまま棚に飾っておいても素敵です。添える小物によって、物語が作れそうです。

こちらは、写真で見ると、ちりとりみたいに見えるかもしれませんね! 私も使っているくるみの木の茶匙です。ユーモラスな姿が気に入っています。 手持ちの茶匙が少しずつ増えていき、お茶の葉に合わせて選んで使えるのが楽しい。ささやかな贅沢です。今は、煎茶のお茶筒を開けると、このサノさんの茶匙に会えるのです。

サノアイ 針山 ¥2,300- ・ くるみの茶匙 ¥1,980-

Category: 木工 | Tag: